犬心ドッグフード-がんや腫瘍で苦しむ犬をサポート-口コミ・評価

犬心

犬心 元気キープドッグフードは、犬のがんや腫瘍に対応したナチュラル療法食です。

10年以上にわたる研究開発の末に、完成させる事が出来ました。

ドッグフード自体は、本当にたくさんの種類が存在していますが、犬のがんや腫瘍に対応した商品は珍しく万が一に備えて、犬心 元気キープドッグフードがどのような商品なのか知っておいて欲しいと思います。

犬心 元気キープドッグフード最大の3つの特徴

犬のがん・腫瘍を食事でサポート

犬のがん・腫瘍を食事でサポート
がんや腫瘍の病気になるのは、人だけではありません。

犬もなる病気です。犬のがんや腫瘍の治療法は、病院で手術や抗がん剤、放射線治療を受ける事も可能です。

ですが副作用やリスクも大きく、身体に大きな負担がかかってしまいます。また病気になると、体重が減り食欲もなくなってしまいます。

だからこそ、がんや腫瘍を食事でサポートし、療養効果がある犬心 元気キープドッグフードが注目されています。

がん細胞を増やさないために、エネルギー源を絶つため、炭水化物が25%以下に制限されています。

そのため実際に犬心 元気キープドッグフードを与えた事で、食欲が回復し元気になると評判です。

犬心 元気キープは腫瘍やがんで戦っている愛犬用ですが、がんに特化したドッグフードがみらいのドッグフードです。がんと戦っている愛犬がいる家族の方は是非一度チェックしてみてください。

飼い主として、がんで戦っている愛犬を少しでもサポートできる事は免疫力をあげてもらう食事が一番ではないでしょうか。食事でがんを退治する体力や免疫力をサポートしてあげることができます。

無添加だから病気中でも安心

無添加だから病気中でも安心
犬心  元気キープドッグフードを食べる犬は、がんや腫瘍になってしまった犬です。

そのため免疫力や体力が落ちた状態です。

添加物とは、健康な状態の犬が食べても、健康を損なう可能性があります。

まして病気中の犬であれば、なおさら添加物を食べるリスクは大きいと言わざるおえません。

だからこそ、病気中の犬が安心して食べる事が出来るように、犬心 元気キープドッグフードには、添加物は一切含まれていません。

無添加ドライフードで、善玉菌アップ、糖質off、免疫力維持、高タンパク質に拘り、病気中の犬の体力の回復を目指します。

高オメガ3脂肪酸が配合されている理由

高オメガ3脂肪酸が配合されている理由
犬心 元気キープドッグフードには、高オメガ3脂肪酸が5%以上配合されています。

その理由は、高オメガ3脂肪酸には、免疫力をアップさせる効果が期待出来るからです。

病気になるとがん細胞に栄養を奪われてしまい、犬自身のエネルギー不足に陥ってしまいます。

そのため免疫力もどんどん低下してしまいます。

ですが免疫力が低下してしまうと、ますます体内でがん細胞が増えるという悪循環に陥ってしまいます。

なので悪循環を断ち切り、少しでも免疫力を高めて病気の進行を抑えるために、高オメガ3脂肪酸は重要な役割を担っていると言えるでしょう。

犬心  元気キープドッグフードのドッグフードの中にも高オメガ3脂肪酸は含まれていますが、さらに特製オメガ3オイルとセットで購入する事で、より効果が倍増するのでおすすめです。

犬心元気キープの犬のがん・腫瘍への効果

体力が落ちて元気もなくなり、ほとんど動けなくなってしまうことも多く食欲の低下、体重の減少、貧血や微熱といった症状やリンパの腫れやしこりが出る場合が多く見られます。

こういった場合に大切になるのは食事により体力をつけることなります。

落ちてしまった体力や失われてしまった栄養をドッグフードなどの食事によって補うことで落ちてしまった免疫力を高めたり、がんの進行を遅くしたりすることにもつながっていきます。

免疫力キープ

免疫の働きが弱まると、異常な細胞の増殖を防げなくなり、がんや腫瘍の原因やがんの信仰を進めてしまう原因になります。犬は免疫力をあげることは、がんの進行や治療後の再発を防具ことにつながっていきます。

犬心元気キープは免疫力アップ、コレステロール値を下げる、癌の抑制効果があると言われているβグルカンを豊富に含んでいます。また「抗・細菌作用」のあるLPSを配合することで免疫力のアップと維持につなげています。

がん・腫瘍の勢いをそぐ

がん細胞は糖質(ブドウ糖)をエサにして成長するためそちらに栄養を奪われ体力低下につながっていきます。そのため糖質制限での食事が大切になります。

犬心元気キープは「がん・腫瘍」吸収されにくい大麦や玄米といった炭水化物を厳選して配合し糖質を25%以下に設定したドッグフードです。

エネルギー源を豊富に含んでいる

青魚に含まれる「DHA」「EPA」は犬の大切なエネルギー源になります。犬心元気キープでは新鮮あ旬な青魚を原料としています。

また犬にとっては必須栄養だががん対策には摂取量を抑えることがベターとなるオメガ6脂肪酸を抑えるαリノレン酸を多く含む豊富に含む亜麻仁油を使用しています。

犬自身の活力アップ

タンパク質の不足は犬自身の活力ダウンにつながっていきます。がんになってしまってもできるだけ栄養補給できるよう、消化されやすい高消化性・高タンパク質を30%以上配合しています。

また、臨床がんケア・アミノ酸である「アルギニン」を高配合しています。

犬心 元気キープドッグフードの原材料

犬心 元気キープ
原材料
生肉(牛・馬・鶏)、植物油、魚粉、ココナッツ、大豆、胡麻、トウモロコシ、生魚、ホエイ、玄米、大麦、サツマイモ、ジャガイモ、海藻、はなびらたけ、冬虫夏草、オリゴ糖、ビール酵母、乳酸菌群

では、気になる犬心 元気キープドッグフードの原材料と主な原材料について紹介していきます。

犬心 元気キープドッグフードには、厳選した新鮮な自然素材のみを使用しています。
主原料は、生牛肉と生鶏肉、生馬肉をブレンドさせています。

他にもココナッツや玄米、サツマイモなど栄養価が高い素材をふんだんに使用する事で、病気中でも栄養バランスのいい食事をする事が出来ます。

通常、ドッグフードでは動物性タンパク質に、高タンパク質低カロリーな鶏肉やラム肉などヘルシーなお肉を使用します。

ですが犬心 元気キープドッグフードでは、高タンパク質で高カロリーな牛肉を使用しています。

その理由は、がんや腫瘍の犬は、がん細胞に栄養を奪われてしまい、エネルギー不足の状況に陥りがちだからです。

そのため高カロリーでしっかり栄養を摂取して、タンパク質の不足にならないように、食事に気を遣う必要があります。

だからあえて病気中の身体の事を考えると牛肉を主原料に選んだと言えます。また牛肉以外にも注目すべき素材はきのこです。

きのこは免疫維持力が高く、がんの食事療法としては最適だからです。

犬心 元気キープドッグフードインスタ口コミ

主人公ニコでーす( ¨̮ ) 去年の7月に乳腺に腫瘍が有り右側の乳腺除去‎|•'-'•)و したものの、今年の1月に咳をし何か様子がおかしく即病院へ。 膵炎と言われましたが、あと肺に影が3つ転移してました(T ^ T) 左の乳腺にも腫瘍がありますが、そっちはもう後回しに、、 1月の時点のにこ( ¨̮ ) 急な余命宣告から早9ヵ月。 只今、末期がんで悩んでる人に希望を与える奇跡が起きてます!! #末期ガンでも諦めない #奇跡は起きるよ #ビガープラスアルファ 現在のミドリムシは#メグラージュ #犬心 #余命宣告撤回 #ミニチュアダックスフンド
ジンちゃんのフード届きました。 先に送られて来たサンプルを、私も食べてみて決めました。 案外美味しくて3粒も食べちゃったw #癌治療 #食事療法 #藁をもすがる思い #食いつき抜群 #いつもの食欲 #他の子も欲しがる #癌と戦う犬 #犬の癌 #犬心 #お値段張るな #続けさせてあげたい #いつまでお金がもつやら💧 #視界に入るワタちゃん #足が落ちそうな件 #ドーベルマン #わんこ #いぬのごはん #dogs #doberman #specialfood #forjin #cancerdog #organicfood
日曜日の朝はマルコムの免疫力⤴️トッピング作り✨ 小分けにして冷凍保存。 切って蒸しただけの簡単な物だけど愛情はたっぷりだよ💕 ドッグフードも犬心というやつに変えました✨ 💩もすごく良くていい感じです😊 頑張れマルコム✨🐶✨ #免疫力アップ #犬心 #血管肉腫に負けない #ドッグフード
🌴 ・ びすこのスカートタルタル〰︎〰︎ ・ なぜかアゴ乗せにお座りして診察待ち( ●︎≧︎艸≦︎) ・ 週末、びすこさん膵炎の簡易検査! ・ 薬を飲み続け2ヶ月以上経ったけど... ・ やはり数値は高いままみたいで(,,-_-) ・ お薬が変わりました! ・ カプセルも加わりご飯にトッピング‼︎ ・ これで落ち着いてくれると良いのだけど ・ また、ポンポン痛い痛いになりませんように。 ・ ・ ・ #イングリッシュコッカースパニエル #イングリッシュコッカー #インギー#犬の膵炎#犬心#オーネス#蛋白分解酵素阻害剤

犬のがん 掲載バナー

犬心元気キープの料金単品

犬心元気キープは通常価格7500円です。しかし定期コースの初回購入・都度購入の初回前に200gのお試しサンプルキャンペーンを行っています。

無料でお試しサンプルがもらえる

まとめ買い、定期コース申し込みの方限定で初回食いつきチェック用のサンプル200gのプレゼントキャンペーンを行っています。

商品到着前に犬心がご自宅のペットに合うかどうかをあらかじめ確かめることができ食いつきNGの場合は注文をキャンセルすることも可能で失敗を防ぐことができます。

また送料などの費用もかからずキャンセル料等も必要ありません。お試しサンプルはゆうメール便での配達となり注文後3〜4日後にポストに投函されます。

定期コースだと通常購入より少しお得

犬心元気キープはお届けサイクルを毎月、2ヶ月毎、3ヶ月ごとから選べる定期コースでの購入を行うことができます。定期コースで購入する場合はまとめ買いする場合よりも各セットともセット価格より100円安く購入することができます。

また送料についても一回の配送で200円(東北地方400円、北海道沖縄800円)と通常購入する場合より安く設定されており、継続して購入したい場合は定期コースでの購入の方がお得になっています。

いつでも休止・再開可能

「定期コース」はフードがなくなるタイミングに合わせて定期的に配達されてきますが自宅のストックがたまりすぎてしまった場合や一旦別のドッグフードを使用したい場合などは利用を一時休止することが可能です。

休止したい場合は次回のお届け予定日の3日前までに電話またはメールで配送を一旦ストップしたい旨を伝えるだけで手続きを行うことができます。また配送を再開したい場合についても電話またはメールで連絡するだけで配送再開やサイクルの変更を行うことができます。

犬心 元気キープドッグフードの与え方、保存方法

犬心 元気キープドッグフードの与え方、保存方法
病気の犬にどのような食事を与えたら最適なのか、判断する事は難しいと思います。

ですが犬心 元気キープドッグフードなら、糖質制限、高オメガ3脂肪酸、高タンパク・アルギニン、腸の健康と免疫力をアップし、臨床がんケアの成分も配合されています。

つまり給与量を守り、犬心 元気キープドッグフードだけ与えておけば、症状が改善する可能性が高いと言えます。

美味しさにも拘っているので、食欲がない犬でも食べてくれる可能性があります。

保存方法は、冷暗所に保管して下さい。

人工保存料などの添加物が含まれていないため、まとめ買いを避け、必ず賞味期限を確認して賞味期限内に食べきるようにして下さい。

犬心 元気キープドッグフードはこういうワンちゃんにおすすめ

犬心 元気キープドッグフードはこういうワンちゃん向き!
犬心 元気キープドッグフードは、がんや腫瘍の病気に苦しんでいる犬向けのドッグフードです。

犬の平均寿命も従来と比べると、かなり長く10~15年程度になりました。

大事な家族と一緒にいれる時間が長くなる事自体は、素晴らしい事です。

しかしシニア犬として生きる期間が長くなった事により、がんや腫瘍を発生するリスクが高くなっています。犬の病気も早期発見早期治療が望ましいと言えます。

がんや腫瘍になった場合、体調の変化としては、体重が痩せてしまう、食欲がない、元気がないなどの症状が現れます。

ですがだいぶ高齢になったからとこれらの症状は見逃されがちです。

言葉が話せない犬が苦しまないように、シニア犬になったら定期的に検査を受けさせるようにしましょう。

そして健康な頃と病気になった後とでは、必要な栄養素が変わってきます。

そのためがん、腫瘍になった犬に最適な栄養分を摂取出来るドッグフードは現時点では、犬心 元気キープドッグフードしか存在しません。

少しでも症状が楽に元気になってくれるように、最適なドッグフードを選ぶようにして下さい。

犬心 元気キープドッグフードの安全性

犬心 元気キープドッグフードの安全性

犬心元気キープ単なる栄養の合成物ではなく、自然原料・手作り製法で作られています。

ドッグフードは健康な犬であっても、毎日の食事で健康を損なう成分が含まれるドッグフードを食べ続けたら健康は損なわれてしまいます。

まして病気の犬に健康を損なう成分が含まれるドッグフードを与えては絶対にいけません。

犬心元気キープは「12の不使用」宣言として人でも食べられるドッグフードを基準として作られており安全に使用することができます。

不使用を宣言している12の物質は「食品添加物「酸化防止剤」「防腐剤」「合成調味料」「着色料」「肉骨粉」「オイルコート」「香料」「高温加工された肉魚」「残存農薬」「乾燥肉」「肉副産物」といった人工的に作られたものとなります。

また使用する原料は全て自然原料のみに厳選しており病気の犬のみでなく少し肥満だったりメタボ気味だから愛犬のダイエットを目的にしたドッグフードとしても使用することができます。

がん、腫瘍の病気の犬に対応したドッグフードだからこそ、犬心 元気キープドッグフードは、安全性を重視していると言えます。

原料はヒューマングレードで新鮮で安全性の高いモノだけを使用し、アレルギーのリスクがある素材は使用していません。

また工場での品質管理も徹底しているので、病気の犬でも安心して食べる事が出来る唯一のドッグフードです。

犬心 元気キープドッグフードで少しでも元気に

犬心 元気キープドッグフードで少しでも元気に
犬心 元気キープドッグフードと他のドッグフードの1番大きな違いは、犬心 元気キープドッグフードががんや腫瘍になった犬に対応したドッグフードだという事です。

病気になると健康な頃と同じ食事をする事が出来ません。

食べやすく効率よく栄養を摂取する事が出来、尚且つ病気の身体に必要な栄養素を届ける必要があります。

そしてそれらの条件をクリアしているのが犬心 元気キープドッグフードなのです。毎日食べる食事だからこそ、病気の時も食事療法は重要な役割を果たします。

また、腫瘍やがんの予防をこれからしてあげたいという飼い主には犬心ドッグフード おすすめです。

いつまでも元気で居て欲しい飼い主に!是非一度チェックしてみてください。

ドッグフード一覧