Wan! Dish ワンディッシュドッグフードのリアル口コミや特徴を徹底解説!

ワンディッシュ

ドッグフードの種類は、多数存在していますが、その中には愛犬の健康を損なう成分が含まれているドッグフードも残念ながら少なくありません。

だからこそ飼い主さんが、安全で健康にいいドッグフードを愛犬のために選ぶ必要があります。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードなら、飼い主さんの要望にしっかりと応えます。

では具体的にどのようなドッグフードなのか、その特徴や原材料について紹介します。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードの3つの特徴

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードは、他のドッグフードと何が違うのか、Wan! Dish ワンディッシュドッグフードの3つの特徴を紹介します。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードは無添加に拘った

ワンディッシュWan! Dish ワンディッシュドッグフードは、自然由来の原料のみ使用した、国産の無添加ドッグフードです。

添加物が多く含まれる食品は、健康を損なう恐れがある事は周知の事実です。

人間でもそうですが、人間よりもずっと身体が小さい犬が添加物をたくさん摂取してしまうと、本当に危険です。

そのため必ず無添加のドッグフードを選びましょう。

またWan! Dish ワンディッシュドッグフードでも言えることですが、無添加に拘っているドッグフードは、原料にも品質管理にも拘っている傾向が高く、トータルで安全性が高いドッグフードだと言えます。

嗜好性を上げるために、塩分濃度が高いエキスは使用せず、オイルコーティングも施していません。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフード低アレルゲンでグレインフリー

ワンディッシュそしてWan! Dish ワンディッシュドッグフードには、小麦、とうもろこし、ビール酵母などを使用しない低アレルゲンのドッグフードです。

激安ドッグフードの多くは、かさを増す目的で、小麦やとうもろこしをたくさん使用しています。ですが犬は元々肉食の動物です。

そのためタンパク質をたくさん必要とし、逆に穀物は必要としていません。穀物を必要としない理由は、消化器官が穀物の消化に適していないためです。

なのでドッグフードに穀物が使用されていると、消化器官に負担がかかり、その負担が原因でアレルギー症状が起こってしまいます。

アレルギーが起こる事は、免疫力の低下も意味していますから、ドッグフードにグレインフリーの低アレルゲンの商品を選びましょう。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードは生肉使用だから安全で食欲もアップ

ワンディッシュWan! Dish ワンディッシュドッグフードは、原料に生肉を使用しています。

そのためミートミールや副産物、肉骨粉などは一切使用されていない安全性の高いお肉です。

生肉の状態で与えるため、栄養価が高く、また愛犬の食欲をそそるため、食いつきが違います。

しかも生肉は、豚肉、牛肉、鶏肉、魚肉、豚レバーを使用しているので、栄養バランスがよくアレルギーも出にくいと言えます。

犬に手作りの食事を与えたくても、手間がかかるし、栄養素に関する知識や犬が食べられない食材に関する知識も必要なので、なかなか難しいと言えます。

ですがドッグフードに生肉を使用してくれれば、手作りするよりも愛犬の健康にいい食事を与える事が出来ます。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードの原材料と主な原材料

ワンディッシュ
原材料
生肉(豚肉、牛肉、鶏肉、魚肉、豚レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、グレインソルガム)、魚粉、コプラフレーク、サツマイモ、煎りゴマ、ひまわり油、脱脂米糠、ホエイタンパク、アスコフィラム・ノドサム(海草)、脱脂粉乳、フラクトオリゴ糖、乳酸菌群

ワンディッシュ
Wan! Dish ワンディッシュドッグフードの主原料は、生肉ですが、使用されているお肉の種類は1種類ではなく複数種類がブレンドされています。

では牛肉、豚肉、鶏肉が犬にどのような効果を与えてくれるのか紹介します。

牛肉は、動物性タンパク質が豊富で、栄養価が高いお肉です。

ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分など、健康を維持するには欠かせない栄養素が多く含まれます。

また犬が大好きなお肉なので、牛肉を混ぜる事で食いつきがよくなります。

ただし、牛肉1種類だと、カロリーが高すぎるため、低カロリーな鶏肉も使用する事で、カロリーバランスを取っていると言えます。

豚肉は、牛肉よりも脂肪が多く、鶏肉よりも高カロリーなお肉です。

そのためあまりドッグフードで使用されていません。

ですがビタミンB1が牛肉の10倍も含まれていて、疲労回復効果や肝機能アップの効果が期待出来ます。

鶏肉は、他のお肉と比べると高タンパクで低カロリーなお肉です。

またコラーゲンやビタミン類、不飽和脂肪酸などの栄養素も多く含まれています。
そのためドッグフードでも人気のお肉の1つです。

ただし、鶏肉だけだとアレルギー症状が出やすくなってしまうので、Wan! Dish ワンディッシュドッグフードのように複数のお肉を使用しているドッグフードを選ぶ事はお勧めです。


Wan! Dish ワンディッシュドッグフードの与え方、保存方法

ワンディッシュWan! Dish ワンディッシュドッグフードの与え方は、給与量の一覧表があるので、それを見て愛犬に該当する量を与えて下さい。年齢別、体重別によって最適な給与量は変化します。
ドッグフードの粒のサイズは、小粒と中粒があるので、子犬やシニア犬には小粒を、成犬には中粒を与えるといいでしょう。

ただし、小型犬は成犬であっても身体のサイズが小さいので、小粒の方がお勧めです。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードの保存方法は、直射日光と高温多湿な場所を避けて、暗くて涼しい場所に保管して下さい。

記載されている賞味期間を守り、開封後は1ヶ月以内に食べきるようにして下さい。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードの口コミ

2歳12kg柴犬
食べムラのある子ですが、こちらのフードは食いつきがよく、毎回完食しました。
オイルコーティング無しというのは、今まで食べていたフードとこんなに違うものかと驚きました。オイルコーティングされたドライフードの、あのネットリした臭いがしない。ポロポロ、カサカサした手触り。
1年半のフードジプシーを経て、最終的に生食に移行しようと思っているのですが、生のお肉を用意できない時も、これなら安心して食べさせられると思いました。
2kgとか、もう少し容量の多いパッケージがあると嬉しいです!
楽天

食い付き良いです! 好き嫌いの激しい3才のプードルは、混ぜて与えたら今まで食べてた物だけきれいに残しました(^^;) 2歳半のプードルは気まぐれなんで食べたり食べなかったりだけど手で与えると食べます。 1才半のゴールデンは食欲旺盛なんで何の問題もなくガッツキます。 アレルギーの子もいるんで同じ物を与えられるのは有難いです。
楽天

とてもよく食べます
我が家の保護犬ふたり(マルチ♂8歳、ヨーキー♀10歳)には、保護主さんオススメの海外フードを与えていましたが、最近どうも油臭いような気がして・・・(開封してから時間が経ってしまうからかもしれませんけれど)。身体の小さな子たちですので添加物にも気を付けたいと思っていて、こちらの無添加おやつはずっと愛食させてもらっています。
で、このフード。油くさくなく(むしろパサパサの感じ)魚っぽいにおいで、これまでとまったく違うのでどうかなーと思って与えたところ、ものすごく食べました。まさにガツガツという表現がぴったり。うちの子たちこんなに野生味あふれてたかしら?
ためしにおやつとして与えてみたら、こちらもガツガツ丸飲み(笑。
ですのでもう何度目のリピでしょうか。ぜひ本商品として長く販売していただきたいです。
楽天

食い付きが良かったです。
今まで食べていたフードに混ぜて与えたら、今までよりも
圧倒的に食い付きが良かったです。
ゴールデンレトリバーなので中粒を注文しました。
粒の大きさも食べやすそうでした。
さっそくリピートします。
牛皮ボーンは私が商品説明をキチンと読んでなかったらしく、
想像してたより柔らかかったです。
ただそれは私がそう思っただけで、ワンコは張り切って
食べてました(笑)
商品が届くのがとても早くてビックリしました。
大変ありがたかったです。
楽天

大型犬の手作りご飯にふりかけのように少量かけて与えてます。
もともとドッグフードが好きでなくて手作りご飯にしたけど、やはり大切な栄養素を摂取させてあげたくて。
匂いもきつくなく安心なフードだと思います。
楽天

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードはこういうワンちゃん向き!

ワンディッシュWan! Dish ワンディッシュドッグフードは生肉を使用しているので、食欲不振で、今与えているドッグフードを全然食べてくれない。

そんな犬でも、食欲をそそるドッグフードなので、食いつきがよくなるはずです。

また国産で無添加、グレインフリーのドッグフードなので、アレルギーがある犬でも食べる事が可能です。

原材料は自然由来の安全性の高い原料だけを使用しているので、ものすごく愛犬の健康について考えられたドッグフードです。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードは子犬からシニア犬までの全てのライフステージの犬に適していて、健康で長生きを望む全ての犬にお勧めです。

ただし、カロリーという点から見ると、牛肉と豚肉は決して低カロリーなお肉ではありません。

そのためチキンや鹿肉などの低カロリーなドッグフードと比べると、カロリーは高くなっています。

なのでWan! Dish ワンディッシュドッグフードは、ダイエット中の犬には、あまりお勧めできません。

愛犬にダイエットさせたいと考えているなら、【ダイエットおすすめドッグフード】←ダイエットドッグフード選びに迷っている飼い主さん必見。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードの安全性

ワンディッシュ海外産のドッグフードは、日本で禁止されている添加物が使用されているかも。

ミートミールって本来、廃棄しないといけないお肉が使用されているって本当?

そんなふうにドッグフードの中に、危険な成分が入っていたらどうしようと不安に思う飼い主さんもいるかもしれません。

ですがWan! Dish ワンディッシュドッグフードなら、無添加で自然由来の原料だけを使用しています。

もちろんミートミールは一切使用せず、安全性の高い生肉を使用しているので原料面では安全だと言えます。

そして製造面に関しても、国産で品質管理が徹底している製造工場で作られています。

そのため高い品質のドッグフードを提供しているため、愛犬に安心して与える事が出来ます。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードを愛犬の健康のために

ワンディッシュドッグフードを購入する時に、価格の安さだけで購入してしまってはいけません。

Wan! Dish ワンディッシュドッグフードは、無添加、国産、生肉と自然由来の原料だけを使用し、グレインフリーになっています。

そのため、犬の健康をしっかり守る事が出来るので、愛犬の健康について真剣に考えたらWan! Dish ワンディッシュドッグフードで決まりです。

【安心ドッグフードランキング】←ドッグフード選びに迷っている飼い主さん必見。