LOTUS ロータスドッグフードの口コミ・評価|オーブンベイク製法や特徴を徹底解説!

ロータス

LOTUS ロータスは、安心の原材料を手間ひまかけて作ったヒューマングレードのドッグフードです。

また抗酸化物質・グレープシードエキスが配合されたり、オーブンベイク製法で製造されているために、栄養成分が凝縮されて、少ない量でも健康を維持するのに必要な栄養素を摂取する事が出来ます。

ではもっと具体的に、LOTUS ロータスがどのようなドッグフードなのか紹介していきます。

LOTUS ロータスドッグフードの3つの特徴

オーブンベイク製法

オーブンベイク製法
LOTUS ロータスドッグフードは、人間用と同じレベルの安心の原材料を使用しています。

そのため元々原材料の時点から栄養価が高いのですが、さらにオーブンベイク製法で手間ひまかけて製造されているため、より栄養価がアップしています。

オーブンベイク製法とは、オーブンで焼き上げる製法の事で、製法の途中で原料に圧力をかけない事、乾燥させずに成型してから熱を加えて焼き上げる方法です。

オーブンベイク製法にする事で、低温でじっくり焼き上がるため、原材料の栄養素が壊されずに保持されます。

ただし、手間ひまがかかる分、製造コストは高くなってしまいます。

ですが、じっくり焼き上げる事で、カリカリの食感で美味しいドッグフードになるため、食いつきが他のドッグフードとは違います。

それにカリカリで歯垢や歯石がつきにくいので、愛犬の口の健康も保持する事が出来るでしょう。

ヒューマングレードでアレルギーに配慮

ヒューマングレードでアレルギーに配慮
LOTUS ロータスドッグフードは、ヒューマングレードな原材料を使用しています。

主原料のお肉には、ホルモン剤を使用していないモノを選んでいます。

安全性が確認出来ないミートミールは一切使用していません。

そして玄米や大麦、果物、野菜など、使用される全ての食材は、人間用と同じです。

合成保存料や香料などの人工添加物も一切使用していないため、アレルギー症状が出にくいドッグフードとなっています。

グレープシードエキス配合

グレープシードエキス配合
LOTUS ロータスドッグフードには、グレープシードエキスが配合されています。

グレープシードエキスとは、ビタミンCの20倍もの抗酸化物質が含まれる成分です。

抗酸化物質を摂取する事で、いつまでも若々しく健康的でいられます。

抗酸化物質は、犬の健康にとっても欠かせない成分ですが、グレープシードエキスは希少価値が高く、高額なので、ドッグフードに入っているのは非常に珍しいと言えます。

LOTUS ロータスドッグフードの原材料と主な原材料

では、LOTUS ロータスドッグフードの商品のシリーズの特徴をそれぞれ紹介していきます。

LOTUS ロータス パピー チキンレシピ (小粒)

LOTUS ロータス パピー チキンレシピ (小粒)
原材料
チキン、チキンミール、チキンレバー、挽き割りライ麦、挽き割り大麦、挽き割り玄米、オイルブレンド[(大豆オイル、オリーブオイル、サーモンオイル、月見草オイル)、酸化防止剤(ミックストコフェロール<天然ビタミンE>、クエン酸)]、フィッシュミール、オートミール、白身魚、エンドウ豆繊維、乾燥全卵、乾燥ビール酵母、かぼちゃ、りんご、さつまいも、人参、ほうれん草、ブルーベリー、フラックスシード、にんにく、海塩、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、ビタミンC、アルドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、チコリ根、ユッカ、乾燥ケルプ(海草)、グレープシードエキス、ビタミンE、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン、ナトリウム亜セレン酸塩、カルシウムパントテン酸塩、葉酸、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミンB12、チアミンモノニレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、ローズマリーエキス

LOTUS ロータス パピー チキンレシピ (小粒)

LOTUS ロータス パピー チキンレシピは、主原料が新鮮なチキンで、ヒューマングレードの食材を使用しています。

チキンは、良質な動物性タンパク質をたくさん摂取する事が出来るので、骨格や筋肉の形成をサポートします。

また保証成分をみると、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸が豊富に含まれている事が分かります。

不飽和脂肪酸も、健康で長生きするには、欠かせない栄養成分で、愛犬の美しい毛艶や健康的な皮膚を維持してくれるでしょう。

小粒サイズなので、子犬でも食べやすく、また栄養価が高いドッグフードなので、成長期の子犬以外にも子供のために栄養が必要な妊娠、授乳中の母犬にもお勧めのドッグフードだと言えます。

LOTUS ロータス アダルト チキンレシピ (小粒/中粒)

LOTUS ロータス アダルト チキンレシピ (小粒/中粒)
原材料
チキン、チキンミール、挽き割りライ麦、挽き割り玄米、白身魚、挽き割り大麦、オートミール、エンドウ豆繊維、オイルブレンド[(大豆オイル、オリーブオイル、サーモンオイル、月見草オイル)、酸化防止剤(ミックストコフェロール<天然ビタミンE>、クエン酸)]、乾燥全卵、乾燥ビール酵母、かぼちゃ、りんご、さつまいも、人参、ほうれん草、ブルーベリー、フラックスシード、にんにく、海塩、亜鉛アミノ酸キレート、ビタミンC、グルコサミン、コンドロイチン、鉄アミノ酸キレート、アルドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、チコリ根、ユッカ、乾燥ケルプ(海草)、ビタミンE、グレープシードエキス、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン、ナトリウム亜セレン酸塩、カルシウムパントテン酸塩、葉酸、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミンB12、チアミンモノニレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、ローズマリーエキス

LOTUS ロータス アダルト チキンレシピ (小粒/中粒)

LOTUS ロータス アダルト チキンレシピ (小粒/中粒)は、1~7歳の成犬向きのドッグフードです。

主原料は新鮮でヒューマングレードなチキンを使用しています。

チキンには、良質なタンパク質とビタミン、リン、セレンなどが豊富に含まれています。

これらの栄養素は、健康を維持し、免疫力を高める効果があります。

またチキン以外にも、栄養成分として、善玉菌のプロバイオティクスや関節を維持するため、グルコサミンやコンドロイチン、オメガ脂肪酸などが配合されています。

サイズは小粒と中粒が用意されているので、小型犬にもお勧めです。

LOTUS ロータス アダルト ラムレシピ (小粒/中粒)

LOTUS ロータス アダルト ラムレシピ (小粒/中粒)
原材料
ラム、ラムミール、挽き割りライ麦、挽き割り玄米、白身魚、挽き割り大麦、オートミール、オイルブレンド[(大豆オイル、オリーブオイル、サーモンオイル、月見草オイル)、酸化防止剤(ミックストコフェロール<天然ビタミンE>、クエン酸)]、エンドウ豆繊維、乾燥全卵、乾燥ビール酵母、かぼちゃ、塩化カリウム、りんご、さつまいも、人参、ほうれん草、ブルーベリー、フラックスシード、にんにく、海塩、乾燥ケルプ、亜鉛アミノ酸キレート、ビタミンC、鉄アミノ酸キレート、グルコサミン、塩化コリン、コンドロイチン、アルドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、チコリ根、ユッカ、ビタミンE、グレープシードエキス、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン、ナトリウム亜セレン酸塩、カルシウムパントテン酸塩、葉酸、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミンB12、チアミンモノニレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、ローズマリーエキス

LOTUS ロータス アダルト ラムレシピ (小粒/中粒)

LOTUS ロータス アダルト ラムレシピ (小粒/中粒)は、1~7歳の成犬用のドッグフードです。

主原料は、高タンパク質で低カロリー、低アレルゲンのラム肉です。

羊のお肉って臭みがあるけれど、人間よりも鼻が効く犬には大丈夫?そんなふうに思う人もいるかもしれません。

ですが羊のお肉の中でも、ラム肉とは生後1年未満の子羊のお肉です。

そのため1年以上のマトンのお肉と比べると、独特な臭みはないので、犬でも問題ありません。

またラム肉には多くの栄養素が含まれます。

タンパク質などの基本的な栄養素はもちろん不飽和脂肪酸、Lカルニチン、必須アミノ酸などが含まれるので、栄養バランスのいいお肉だと言えます。

さらにLOTUS ロータス アダルト ラムレシピ (小粒/中粒)の場合は、プロバイオテックスやグルコサミン、コンドロイチンなどの栄養素も配合されています。

LOTUS ロータス シニア チキンレシピ (小粒/中粒)

LOTUS ロータス シニア チキンレシピ (小粒/中粒)
原材料
チキン、挽き割りライ麦、挽き割り玄米、白身魚、挽き割り大麦、オートミール、乾燥全卵、エンドウ豆繊維、オイルブレンド[(大豆オイル、オリーブオイル、サーモンオイル、月見草オイル)、酸化防止剤(ミックストコフェロール<天然ビタミンE>、クエン酸)]、乾燥ビール酵母、かぼちゃ、炭酸カルシウム、りんご、さつまいも、人参、ほうれん草、ブルーベリー、フラックスシード、にんにく、海塩、塩化カリウム、ビタミンC、亜鉛アミノ酸キレート、グルコサミン、コンドロイチン、鉄アミノ酸キレート、チコリ根、ユッカ、乾燥ケルプ、(海草)、ビタミンE、グレープシードエキス、緑イ貝、アシドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン、ナトリウム亜セレン酸塩、カルシウムパントテン酸塩、葉酸、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミンB12、チアミンモノニレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、ローズマリーエキス

LOTUS ロータス シニア チキンレシピ (小粒/中粒)

LOTUS ロータス シニア チキンレシピ (小粒/中粒)は、7歳以上のシニア犬向けのドッグフードです。主原料には新鮮なチキンが使用されています。

シニアになると若い頃のように、動物性タンパク質は必要ないのでは?そう思う人もいるかもしれませんが、むしろ逆です。

動物性タンパク質を摂取する事で、老化を予防する事が出来ると言えます。

またチキンは、ビーフなどのお肉と比べると高タンパク質でヘルシーなお肉なので、摂取カロリーを抑える事が出来る点も、シニア犬向けだと言えるでしょう。

その他にも、シニア犬になると、関節が痛くなり運動量が減少してしまいがちです。

ですが関節を守るために、グルコサミン、コンドロイチンも配合されています。

またシニア犬向けにだけ配合されている成分が緑イ貝です。

緑イ貝には、関節の働きをサポートし、炎症を抑制する効果があります。

LOTUS ロータス グレインフリー ダックレシピ

LOTUS ロータス グレインフリー ダックレシピ
原材料
ダック(鴨)、ダックミール、タピオカ粉、フィッシュミール、乾燥エンドウ豆、乾燥じゃがいも、エンドウ豆繊維、乾燥全卵、乾燥さつまいも、大豆オイル[酸化防止剤(ミックストコフェロール〈天然ビタミンE〉、クエン酸)]、海塩、乾燥ビール酵母、フラックスシード、オリーブオイル、サーモンオイル、人参、りんご、塩化カリウム、炭酸カルシウム、かぼちゃ、ほうれん草、ブルーベリー、にんにく、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、ビタミンE、リン酸ジカルシウム、チコリ根エキス、ユッカ、乾燥ケルプ(海草)、アシドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、葉酸、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミンB12、チアミンモノニトレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、ローズマリーエキス

LOTUS ロータス グレインフリー ダックレシピ

LOTUS ロータス グレインフリー ダックレシピは、1~6歳の成犬向けのドッグフードです。

主原料は、鴨肉を使用しています。鴨肉は、高タンパク質で低カロリー、低アレルギーのお肉です。

鴨肉の栄養素は、鉄分や免疫力をアップするビタミンAも豊富に含まれています。

ビタミンB1、ビタミンB2も豊富なので、毛艶がよくなり、ダイエット効果も期待出来ます。

老化を予防する不飽和脂肪酸も多く含まれ、成犬のうちからしっかり摂取しておくと、健康で長生きする事が出来るでしょう。

グレインフリーで、穀物を使用していないので、アレルギーがある犬にもお勧めだと言えます。

LOTUS ロータス グレインフリー フィッシュレシピ (小粒)

LOTUS ロータス グレインフリー フィッシュレシピ (小粒)
原材料
イワシ、タラ、乾燥じゃがいも、乾燥エンドウ豆、乾燥全卵、エンドウ豆繊維、タピオカ粉、大豆オイル[酸化防止剤(ミックストコフェロール<天然ビタミンE源>、クエン酸)]、乾燥ビール酵母、リン酸ジカルシウム、さつまいも、ナトリウムリン酸塩、フラックスシード、炭酸カルシウム、海塩、サーモンオイル、オリーブオイル、人参、りんご、にんにく、ほうれん草、かぼちゃ、ブルーベリー、乾燥ケルプ(海草)、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、ビタミンE、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン(ビタミンB3)、亜セレン酸ナトリウム、パントテン酸カルシウム、イヌリン、ユッカ、アシドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、葉酸、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミンB12、チアミンモノニトレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、ローズマリーエキス

LOTUS ロータス グレインフリー フィッシュレシピ (小粒)

LOTUS ロータス グレインフリー フィッシュレシピ (小粒)は、1~6歳の成犬向けのドッグフードです。

主原料には、お肉ではなく、イワシとタラが使用されています。

青魚と白身魚がブレンドされているので、栄養バランスがいいと言えます。

青魚には、DHAやタウリン、鉄分が多く含まれています。

白身魚は、脂肪分が少なく、ヘルシーな魚です。栄養面では、魚由来のオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が豊富に含まれ、栄養価が高く、消化吸収にも優れています。

グレインフリーなので、穀物が使用されず、穀物アレルギーの犬でも安心して食べる事が出来ます。

LOTUS ロータス グレインフリー ターキーレシピ (小粒)

LOTUS ロータス グレインフリー ターキーレシピ (小粒)
原材料
ターキー、ターキーレバー、乾燥エンドウ豆、ヒヨコ豆、タピオカ、乾燥全卵、エンドウ豆繊維、乾燥さつまいも、乾燥ビール酵母、ニシン、炭酸カルシウム、リン酸ジカルシウム、粗挽きフラックスシード、プロピオン酸カルシウム、海塩、塩化カリウム、人参、さつまいも、りんご、にんにく、塩化コリン、オリーブオイル、サーモンオイル、かぼちゃ、ほうれん草、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、ビタミンE、ユッカ、乾燥ケルプ(海草)、イヌリン、銅アミノ酸キレート、アシドフィルス菌、ラクティス菌、カセイ菌、マンガンアミノ酸キレート、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、ビタミンA、リボフラビン(ビタミンB2)、カルシウムヨウ素酸塩、ビタミン12、チアミンモノニトレイト(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、葉酸、ローズマリーエキス

LOTUS ロータス グレインフリー ターキーレシピ (小粒)

LOTUS ロータス グレインフリー ターキーレシピ (小粒)は、1~6歳の成犬向きのドッグフードです。主原料には、ターキーとニシンが使用されています。

ターキーは、日本ではあまり馴染みがない食材なのでその特徴を紹介します。

ターキーは、チキンよりはややヘルシーで、低脂肪なお肉です。そしてお肉の種類の中では、最高ランクの高タンパク質を誇ります。

また栄養価も非常に高く、ミネラルを豊富に含むだけ、毛艶がよくなる、肉球や鼻の健康状態がよくなる、筋力アップなどの効果が期待出来ます。

ビタミンBも豊富なので、代謝の促進、疲労回復の効果があります。

それにターキーは、アレルギー症状が出にくいのでチキンアレルギーの犬にもお勧めです。

LOTUS ロータスドッグフードの与え方、保存方法

LOTUS ロータスドッグフードの与え方、保存方法
LOTUS ロータスの与え方は、数種類のドッグフードが販売されているので、年齢や体調に合わせて選んで与えて下さい。

1種類を固定して与え続けると、アレルギーが発生するリスクが高まるので、バランスよく、ローテーションを組んで与える事をお勧めします。

給与量は、体重に応じて目安量が記載されているので、参考にして下さい。

LOTUS ロータスドッグフードの保存方法は、他のドッグフードと同様に、冷暗所に保管して下さい。

LOTUS ロータスドッグフードは、添加物が使用されていないので、人工保存料は使用していません。

ですが代わりに自然保存料として、トコフェロール、クエン酸を使用しています。

自然保存料が使用されていますが、開封後は出来るだけ早く食べきる事をお勧めします。

LOTUS ロータスドッグフードはこういうワンちゃん向き!

LOTUS ロータスドッグフードはこういうワンちゃん向き!
LOTUS ロータスドッグフードの商品には、子犬用、成犬用、シニア犬用とそれぞれのライフステージのドッグフードが用意されています。

そのため子犬からシニア犬まで、ずっとLOTUS ロータスドッグフードの商品を与え続ける事が出来ます。

また逆に言えば、子犬からシニア犬まで長期間にわたって与え続けても大丈夫なぐらい、安全性と栄養価が高い商品だと言えます。

高タンパク質で低カロリーなドッグフードなので、ダイエット中や病気で食欲が落ちている犬にもお勧めです。

またアレルギーに考慮して作られているので、アレルギーがある犬でも安心して食べる事が出来ます。

LOTUS ロータスドッグフードの安全性

LOTUS ロータスドッグフードの安全性
LOTUS ロータスドッグフードの安全性については、ヒューマングレードである事に尽きます。

人間が食べても大丈夫な厳選された原材料を使用していて、人間が食べても大丈夫なぐらい徹底した衛生管理を行い、高品質な商品を提供しています。

しかもオーブンベイクという手間ひまかかる製造方法をするぐらい、犬の健康を最優先しているドッグフードですから、安全性は万全だと言えるでしょう。

LOTUS ロータスドッグフードを愛犬に

LOTUS ロータスドッグフードを愛犬に
LOTUS ロータスドッグフードは、安全面でも栄養面でも最高水準だと言えます。

特に原材料で栄養価の高いモノを使用していても、製造過程で栄養素が壊れてしまえば意味がありません。

その点LOTUS ロータスドッグフードであれば、オーブンベイク製法で、低温でじっくり加熱を行う為、栄養素が壊れずに栄養素が高い商品になっています。

またアレルギーにも考慮されていて、高タンパク質で低カロリーな食事は、子犬からシニア犬まで幅広く全ライフステージの犬にもお勧めする事が出来ます。

ドッグフードなんてどれも同じだと料金だけで選んでしまっていると、大事な家族である愛犬の寿命が縮まるリスクがあるという事を飼い主さんは責任もって知っておく必要があります。