ピュアラックスドッグフードは安心?安全?|成分や口コミを徹底解説!

ピュアラックスの特色・原材料

ペットは大切なパートナー。

ピュアラックスドッグフードが選ばれる理由にはきちんとしたワケがあります。

ペットにとってベストな食事を提供することが必要なこととして考えているからです。

だから、材料にこだわっていて栄養や作り方などにもとてもこだわっています。

ピュアラックスドッグフードのインスタ口コミ

ピュアラックスドッグフードがこだわった3つの特徴

ここでは、ピュアラックスドッグフードの特徴をご紹介します。

ピュアラックスドッグフードはヒューマングレード

ピュアラックスピュアラックスドッグフードの最大の特徴とも言えることは、人間が食べてもいいヒューマングレードの原料を使用しているところにあります。人に害のあるものは一切使用しないドックフードです。

その他、着色料や防腐剤、人にとってもペットにも必要ないものは使用していません。

さらには、中国産の原料も一切つかっていないので安心できます。細かい原料もしっかり明記してありり、原料と製法にはこだわっています。

ピュアラックスドッグフードは無添加

ピュアラックス天然素材と無添加の原料を使用して、製法や品質管理にも気をつけて丁寧につくっています。

米国はドックフードの研究が進んでいて中でもピュアラックスドッグフードの工場はトップクラスの工場で製造されています。

天然の素材を使い、愛犬に必要な栄養が含まれていて、無添加です。

ピュアラックスドッグフードは現代のワンちゃん用

ピュアラックス栄養ニーズを考えてつくられているピュアラックスドッグフードは、都市の自宅で飼われている愛犬と地方の広い庭などで飼われている愛犬とはで、栄養が違うのでここを考えて、バランスよく栄養がとれるように考えられてつくられています。

ピュアラックスドッグフードの各原材料と主な原材料の紹介

ピュアラックス エリートニュートリション ターキー&レンズ豆

ピュアラックスの特色・原材料
原材料
骨抜きターキー(16%)、ターキーミール(16%)、レンズ豆(15%)、ヒヨコ豆(15%)、エンドウ豆(14%)、チキン脂肪(保存料として混合トコフェロール使用)(6%)、亜麻の種(3%)、天然香味料(3%)、骨抜きサーモン(3%)、サーモンミール(2%)、トマトポマース(2%)、ココナッツ油(1%)、昆布(1%)、塩(0.5%)、第二リン酸カルシウム(0.5%)、チコリ根(0.4%)、ビタミン類(0.1%)(ビタミンEサプリメント、ナイアシンサプリメント、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンA酢酸塩、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、リボフラビンサプリメント、ビタミンD₃サプリメント、ビオチン、ビタミンB₁₂サプリメント、葉酸)、リンゴ(0.1%)、ニンジン(0.1%)、カボチャの種(0.1%)、ユッカシジゲラ抽出物(0.1%)、クランベリー(0.1%)、塩化コリン(0.1%)、塩化カリウム(0.1%)、ミネラル類(0.1%)(硫酸第一鉄、酸化亜鉛、炭酸カルシウム、酸化マンガン、硫酸銅、アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、亜セレン酸ナトリウム、炭酸コバルト、エチレンジアミン・ジヒドロヨウ素)、混合トコフェロール(0.1%)、タウリン(0.1%)、L-カルニチン(0.1%)、ターメリック(0.1%)、酵素(0.1%)(麹菌発酵摘出物、トリコデルマ・リーゼイ菌発酵抽出物、アスペルギルス・ニガー菌発酵抽出物、カンジダ・ルゴサ菌発酵抽出物、パパイヤ、パイナップル)、プロバイオティクス(0.1%)(エンテロコッカス・フェシウム菌発酵生成物、ラクトバチルス・アシドフィルス菌発酵生成物、ラクトバチルス・カゼイ菌発酵生成物)、ローズマリー抽出物(0.1%)

ピュアラックス
ターキーには、肥満の愛犬にも嬉しい栄養がたくさんです。

カロリーは低いのに、タンパク質は鶏胸肉やささみよりも多いため、からだのことを考えるとしっかり栄養はつけて太らせたくない愛犬におすすめです。

ピュアラックスの特色・原材料また、関節をサポートするグロコサミン、コンドロイチンが配合されていますので、老犬になっても元気に走り回れる愛犬である為のからだつくりをサポートします。

レンズ豆は、愛犬のからだに取って必要なビタミンやミネラルも豊富で、炭水化物やタンパク質まで取れる栄養満点の成分がたくさん含まれています。

ピュアラックス エリートニュートリション ラム肉&ヒヨコ豆

ピュアラックスの特色・原材料
原材料
骨抜きラム肉(15%)、ラム肉ミール(15%)、ヒヨコ豆(15%)、レンズ豆(15%)、グリーンピース(9%)、黄色豆(9%)、エンドウ豆タンパク(5%)、菜種油( 保存料として混合トコフェロール使用)(5%)、天然香味料(3%)、亜麻の種(3%)、トマトポマース(2%)、ココナッツ油(1%)、昆布(0.5%)、塩(0.5%)、チコリ根(0.4%)、ビタミン類(0.1%)( ビタミンE サプリメント、ナイアシンサプリメント、D- パントテン酸カルシウム、ビタミンA酢酸塩、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、リボフラビンサプリメント、ビタミンD₃サプリメント、ビオチン、ビタミンB₁₂サプリメント、葉酸)、リンゴ(0.1%)、ニンジン(0.1%)、カボチャの種(0.1%)、ユッカシジゲラ抽出物(0.1%)、クランベリー(0.1%)、ミネラル類(0.1%)( 硫酸第一鉄、酸化亜鉛、炭酸カルシウム、酸化マンガン、硫酸銅、アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、亜セレン酸ナトリウム、炭酸コバルト、エチレンジアミン・ジヒドロヨウ素)、藻類(0.1%)、タウリン(0.1%)、混合トコフェロール(0.1%)、塩化コリン(0.1%)、L- カルニチン(0.1%)、ターメリック(0.1%)、酵素(0.1%)( 麹菌発酵摘出物、トリコデルマ・リーゼイ菌発酵抽出物、アスペルギルス・ニガー菌発酵抽出物、カンジダ・ルゴサ菌発酵抽出物、パパイヤ、パイナップル)、プロバイオティクス(0.1%)( エンテロコッカス・フェシウム菌発酵生成物、ラクトバチルス・アシドフィルス菌発酵生成物、ラクトバチルス・カゼイ菌発酵生成物)、ローズマリー抽出物(0.1%)

ピュアラックス
アレルギーの原因となる材料を一切使用しないドックフードになります。

アレルギー体質の愛犬にはラム肉が効果的です。ラム肉のみを使用しているので安心です。

低タンパクでカロリーが低い肉がラム肉は、愛犬によって好みがありますが、鶏肉に比べるとコストも低くてアレルギー体質にもおすすめです。

ひよこ豆は人間が食べてもとてもからだにいいもので疲労回復や代謝をよくする働きがあります。

ピュアラックス エリートニュートリション サーモン&エンドウ豆

ピュアラックスの特色・原材料
原材料
骨抜きサーモン(17%)、サーモンミール(16%)、エンドウ豆(16%)、レンズ豆(15%)、ヒヨコ豆(14%)、チキン脂肪(保存料として混合トコフェロール使用)(6%)、天然香味料(3%)、ターキーミール(3%)、亜麻の種(3%)、トマトポマース(2%)、ココナッツ油(1%)、昆布(1%)、塩(0.5%)、第二リン酸カルシウム(0.5%)、チコリ根(0.4%)、ビタミン類(0.1%)(ビタミンEサプリメント、ナイアシンサプリメント、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンA酢酸塩、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、リボフラビンサプリメント、ビタミンD₃サプリメント、ビオチン、ビタミンB₁₂サプリメント、葉酸)、リンゴ(0.1%)、ニンジン(0.1%)、カボチャの種(0.1%)、ユッカシジゲラ抽出物(0.1%)、クランベリー(0.1%)、塩化コリン(0.1%)、塩化カリウム(0.1%)、ミネラル類(0.1%)(硫酸第一鉄、酸化亜鉛、炭酸カルシウム、酸化マンガン、硫酸銅、アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、亜セレン酸ナトリウム、炭酸コバルト、エチレンジアミン・ジヒドロヨウ素)、混合トコフェロール(0.1%)、タウリン(0.1%)、Lーカルニチン(0.1%)、ターメリック(0.1%)、酵素(0.1%)(麹菌発酵摘出物、トリコデルマ・リーゼイ菌発酵抽出物、アスペルギルス・ニガー菌発酵抽出物、カンジダ・ルゴサ菌発酵抽出物、パパイヤ、パイナップル)、プロバイオティクス(0.1%)(エンテロコッカス・フェシウム菌発酵生成物、ラクトバチルス・アシドフィルス菌発酵生成物、ラクトバチルス・カゼイ菌発酵生成物)、ローズマリー抽出物(0.1%)

ピュアラックス
サーモンには、愛犬のからだづくりには欠かせないタンパク質だけでなく、低カロリーなので肥満気味の愛犬にもおすすめです。

アスタキサンチンという色素成分もふくんでいるため、愛犬の老化防止につながりますし、愛犬にも多い病気のひとつであるガンや糖尿病の予防にもなるので、いつまでも元気な愛犬のからだつくりができます。

ピュアラックスの特色・原材料エンドウ豆には、疲労回復や健康維持効果のある成分がふくまれています。ビタミンB1、B2、アミノ酸、リジンになります。

要するに愛犬が元気になって病気になりにくいからだがつくれる成分がたくさんはいっているということです。

ピュアラックス エリートニュートリション スモールドッグ

ピュアラックスの特色・原材料
原材料
骨抜きターキー(18%)、ターキーミール(17%)、エンドウ豆(16%)、レンズ豆(16%)、ヒヨコ豆(10%)、チキン脂肪(保存料として混合トコフェロール使用)(7%)、亜麻の種(4%)、天然香味料(3%)、サーモンミール(2%)、トマトポマース(2%)、ココナッツ油(1%)、昆布(1%)、塩(0.5%)、チコリ根(0.5%)、第二リン酸カルシウム(0.4%)、ビタミン類(0.1%)(ビタミンEサプリメント、ナイアシンサプリメント、Dーパントテン酸カルシウム、ビタミンA酢酸塩、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、リボフラビンサプリメント、ビタミンD₃サプリメント、ビオチン、ビタミンB₁₂サプリメント、葉酸)、リンゴ(0.1%)、ニンジン(0.1%)、カボチャの種(0.1%)、ユッカシジゲラ抽出物(0.1%)、クランベリー(0.1%)、塩化コリン(0.1%)、塩化カリウム(0.1%)、ミネラル類(0.1%)(硫酸第一鉄、酸化亜鉛、炭酸カルシウム、酸化マンガン、硫酸銅、アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、亜セレン酸ナトリウム、炭酸コバルト、エチレンジアミン・ジヒドロヨウ素)、混合トコフェロール(0.1%)、タウリン(0.1%)、Lーカルニチン(0.1%)、ターメリック(0.1%)、酵素(0.1%)(麹菌発酵摘出物、トリコデルマ・リーゼイ菌発酵抽出物、アスペルギルス・ニガー菌発酵抽出物、カンジダ・ルゴサ菌発酵抽出物、パパイヤ、パイナップル)、プロバイオティクス(0.1%)(エンテロコッカス・フェシウム菌発酵生成物、ラクトバチルス・アシドフィルス菌発酵生成物、ラクトバチルス・カゼイ菌発酵生成物)、ローズマリー抽出物(0.1%)

ピュアラックス
愛犬の毎日の健康づくりには、タンパク質や脂肪、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルと、ビタミンなどが必要になりますが、小型犬であれば、どの年齢にでも適した栄養成分を含むドックフードになります。

室内で飼われている小型犬などは、運動量や食事の量、回数も異なります。


食べる量が少なければ、栄養も少なくなり偏った栄養になってしまいます。

だからといってたくさん食べると肥満体質になりこれもよくないことです。そこを考慮したのがピュアラックスドッグフードのスモールドッグになります。

必要不可欠な栄養素をバランスよく配合していて栄養の偏りが少なくなるドックフードですので、小型犬のまだ若い愛犬から老犬の愛犬におすすです。

ピュアラックスドッグフードはこういうワンちゃん向き!

ピュアラックスの特色・原材料どんな愛犬でも問題はないのがピュアラックスドッグフードです。とくには、シニア犬やアレルギー体質の愛犬におすすめです。無添加ですので安心できます。

多くの研究を重ねて経験と実績によりあらゆることを考えて作っています。

愛犬に多い病気をもとに考えたドックフードもあれば、健康なからだを維持するために必要なものであったり、幅広くどんな愛犬でも対応できるように考えられてつくられています。

この先、愛犬の体調が心配だとか、元気なままでいてほしいと思うのであれば、ピュアラックスドッグフードです。

ピュアラックスドッグフードの安全性

ピュアラックスの特色・原材料ドックフードはたくさんあります。生産国もさまざまです。良質があれば悪質なものももちろん存在します。

ありえないくらいひどい材料を使っているだとか、含まれる成分がガンの原因になるようものだとかも実際にあることです。

ドックフードを扱う会社が利益を追求するためにこのようなことになっているということもあります。

ピュアラックスドッグフードではどんな材料をつかっているのかをしっかり明記しています。

その他、どのような成分が含まれているとか、どのような製造工程で作っているのかということがはっきりわかるシステムになっていて、これは自信があるからできることです。

ドックフードの研究が進んでいる米国が開発したものですので安全性には自信があります。

独自の規定や国が定めている規定もクリアし、工場での製造方法もこだわっています。これまでの経験と研究が生み出したピュアラックスドッグフードなのです。

病気になってしまう前に

ピュアラックスの特色・原材料まだ元気なうちなどは気にならないことですが、早めに対処することで結果がとても違います。

病気の原因に多いのは人間も同じ、食生活にあります。どんなご飯を食べているのかがとても関係があることなのです。

とくに犬は人間ほどからだの機能が優れているとはいえません。

からだに不必要な成分を排除することのできる細胞は小さいので処理に負担もかかるし、時間もかかります。

食べるもが人間と同じ物でも、添加物や農薬などが含まれていると、その小さな細胞はものすごい負担になってしまい、さまざまな病気を引き起こす原因になっているのです。

ピュアラックスの特色・原材料とくにここ最近ではいろんな食材がいつでも簡単に手に入ります。

加工してありいろんな成分含まれている食べ物が多く存在します。

人間にはそれほどまでの害はないので許可され販売されていますが、愛犬にとっては命にかかわることになってしまう食べ物に含まれる成分になることもあります。

ピュアラックスの特色・原材料そんな中で、ドックフードといってもとても多くのものが存在します。ドックフードにも悪質なものもあり非常に危険なものも存在します。

飼い主の方が正しい知識が必要です。

どんな成分は危険だとか、ドックフードがどうやってつくられているのかなどの細かい詳細は必要なことなのです。適当にドックフードだからいいと思ってはいけないのです。

ピュアラックスの特色・原材料いろんなドックフードがある中で、どこにするか迷ってしまうものです。

どこも同じにみえてしまい選びきれないというのが本音です。そこで基準になることはドックフードをつくっているところの実績になります。

どこで、どんな材料をつかってつくらているのかがしっかり明記されていることが絶対条件で判断基準になってきます。

ピュアラックスドッグフードはその基準を満たしているといえます。

愛犬のこれからの未来をかんがえるならピュアラックスドッグフードです。