トイプードルのカットの種類や頻度・自宅でのトリミング方法の紹介

トイプードルはヨーロッパのフランス生まれ。今では日本国内でも飼っている人が多くみられ、様々なサイトで人気犬種ランキング一位を獲得しているのが、そのトイプードルなのです。

そんなトイプードルのトリミング事情を、私の愛犬(トイプードル)の話も交えてご紹介していきたいと思います!

トイプードルのカットの頻度は?費用はどれくらい?

トイプードルは、くるくるとカールした毛が特徴的ですよね。そして、何より嬉しいのが毛の抜けない犬種であることかと思います。

飼っている方ならわかると思いますが、トイプードルはトリミングしてからしばらくは、毛がカールしておらず、どちらかというと「ふわふわ」になって帰ってきますよね。

そして、伸びてきた毛は抜けずにくるくるとカールしていき、長さ事態に変化が大きくみられるまでにはそれなりに期間が空いてからになるかと思います。

このような特徴を持つトイプードルは一体どれくらいの頻度でカットしているのでしょうか。平均的には、約1か月が理想的です。これは、サロンなどでシャンプー+カットをした場合です。

ちなみに私の愛犬も一か月に一度が基本です。 なぜ1か月に1度が理想的なのかといいますと…まず、シャンプーのし過ぎは皮膚の乾燥につながってしまいます。

しかし、あまりに間隔が空いてしまうと、トイプードルの特徴であるカールによって毛玉が発生してしまい、次のトリミングでカットに時間がかかってしまいます。

毛玉が多くなってしまうと、料金にも差が出てしまうことも…実際に私の愛犬は、間隔が空きすぎて毛玉が多くなってしまったときのトリミング代は少し高くなっていました。

これらの理由から、1か月に1度が理想的だと言われております。ですが、ブラッシング、目周りのカット、滑らないよう肉球の間の毛のカットなど、自宅である程度お手入れができているのであれば、二か月に一度でも十分です。もちろん定期的なシャンプーも必須。

定期的なカットが必要になってくるトイプードルですが、その費用はどれくらいかかるのでしょうか。平均は…安くて5,000円~高くなると1万円前後になる場合もあるようです。

私の愛犬は特にこだわったオーダーはしていなく、1か月に1度のトリミングでは短めにカットをお願いしています。毎回かかる料金は、だいたい7,000円前後。

全体の平均からすると、トイプードルは特別なオーダーをしなければ、平均7,000円前後の費用が掛かるようです。

トイプードルのパピーカットは何か月頃から?

パピーカットとは、まだ被毛がしっかりとしておらず、ふわふわで柔らかい状態の被毛を持つ子犬の時期に行われるカット方法です。そのような毛質を活かしたカット方法は、何か月頃から行うのでしょうか。

まずは、ワクチン接種がどこまで終わっているのかを考える必要があります。それは、サロンによってはワクチン接種の回数で断られる場合もあるからです。

ワクチン接種証明書の提示が求められる場合がほとんどで、多くのサロンでは狂犬病ワクチンを終えていることが条件としているようです。

ワクチン接種が終了しても、子犬の免疫力や体調面を考え2週間から1か月後の期間をあけるのが基本です。

ワクチンは1度でなく数回に分けて数週間から数か月の間隔をあけるため、トリミングが行えるのは早くて3か月頃から、遅くても5か月頃には子犬の特徴である毛質を活かしたパピーカットが出来るということになります。

柔らかい毛をもつ子犬の時期だからこそパピーカットはお勧めのカットスタイルです。

トイプードルカットスタイル

上記で紹介したパピーカットは子犬にお勧めのスタイルでしたが、成犬になったトイプードルは毛質がしっかりしてきますので、様々なカットスタイルを楽しむことが出来ます。そんな成犬トイプードルのカットスタイルを紹介していきたいと思います!

テディベアカットスタイル


引用:インスタグラム

テディベアカットは、耳は短めに丸く口鼻周りは丸くカットされていて、全体的にふんわりとクマのぬいぐるみの様なスタイルのことを言います。最も人気のあるカットスタイルです。どのワンちゃんも可愛く仕上がりますが、テディベアカットが似合うトイプードルには共通点があります。

それは「マズルと呼ばれる口と鼻の部分が短いこと」「毛質がしっかりしていること」「耳の位置が高いこと」です。特に、意味の位置は重要です。

耳が垂れているイメージのトイプードルですが、耳を短くカットすると垂れ耳から立ち耳になるトイプードルがたまにいるのです。立ち耳トイプードルは、テディベアカットをすることでよりクマのようなスタイルに仕上げることが出来ます。

これらの条件がそろっているトイプードルは、クマさんのぬいぐるみスタイルになれるのでお勧めです!

ピーナッツカットスタイル

引用:インスタグラム

ピーナッツカットスタイルは、マズル部分にボリュームをだしたスタイルになります。正面からみると頭から鼻先にかけて、ピーナッツのような形になっていることからこのような名前がついたと言われております。

ピーナッツカットが似合うトイプードルは、マズル部分が長い子です。

先ほど紹介しましたテディベアカットは、マズルが短いトイプードルにお勧めでしたが、マズルが長めでテディベアカットが上手く出来ないトイプードルにはこのスタイルがお勧めです。

マズルにボリュームが出やすく綺麗なピーナッツカットスタイルに仕上げることが出来ます。

アフロカットスタイル

引用:インスタグラム

アフロカットスタイルは、名前の通り頭の部分をふんわりとボリュームをだしたスタイルになります。

こちらのカットスタイルは毛質が柔らかい子でも、しっかりとした子でもカット技術で整えることが出来るため毛質を選ばないカットスタイルです。

また失敗しにくいカット方法でもあるため、初めてのトリミングで不安な方はアフロカットから始めてみても良いかもしれません。

アフロカットをしたい方は、頭の毛をある程度伸ばしてから行くことをお勧めします!ある程度毛の長さがあれば、ふわふわで綺麗な丸いアフロカットにすることが出来ます。トイプードルのフワフワな毛を活かしたスタイルなので、愛らしさを引き出せます。

モヒカンカットスタイル


引用:インスタグラム

モヒカンカットスタイルとは、頭のてっぺんの毛を残しボリュームを持たせるスタイルです。モヒカンカットは私たち人間にもあるヘアスタイルですね。

このカットスタイルは元気でかっこいい印象を持たせることが出来るため、特にオスのトイプードルに人気があります。

もちろんメスのトイプードルでもモヒカンカットにする方もいらっしゃいます。モヒカンにリボンなどを付けて女の子らしさをだすなど、アレンジする楽しみもあります。

また、モヒカンカットは耳の位置が高めなトイプードルのほうがバランスよく仕上げることが出来ます。

ラムカットスタイル

引用:インスタグラム

ラムカットスタイルは、一番スタンダードなカットスタイルとも言えます。このカットスタイルの特徴は、頭を真ん丸く仕上げ、お顔周りはすっきりとしていることです。

あまり短すぎるのも、ボリュームを出しすぎるのもちょっと…という方にお勧めです!お手入れもしやすいと言われており、お顔すっきりで上品なスタイルに仕上げることが出来るカット方法です。

ムスタッシュカットスタイル

引用:インスタグラム

ムスタッシュカットスタイルは、ピーナッツカットと呼ばれることがあります。ピーナッツカットのように、マズル部分にボリュームを持たせたスタイルになります。ピーナッツカットとの差も特にないためスタイル名の違いだと考えていただければと思います。

マズルが長めの子、そして目周りはすっきりさせたスタイルになるため、目やにの多い子などにお勧めです。ですが、口周りはボリュームがあるためお手入れは必要になってきます。

ハートカットスタイル

引用:インスタグラム

ハートカットスタイルは体の一部分の毛を多く残し、その毛を使ってハートの形を作るスタイルです。このカットスタイルは、様々なアレンジが出来るので個性を出したい方にお勧めです。

ハートは、腰からお尻部分や胸の部分など色々な部分に作ることが可能です。よりお洒落にしたい方には、カラーもお勧めです。ハートだけを赤く染めたり2色のハートを作ったりすることも出来ます。

バルーンカットスタイル(ミツバチカット)

引用:インスタグラム

バルーンカットスタイルは、腰からお尻にかけてボリュームを出したスタイルになります。蜂さんのようにも見えることからミツバチカットと呼ばれることもあります。

パンツを履いたようなシルエットになるため、散歩中の歩き姿もとてもかわいらしく、他のトイプードルと差をつけたい方にお勧めです。

また、お尻部分のボリュームに段をいくつか付けることで、まるでドレスを着ているようなシルエットを作ることも出来ます。

コンチネンタルクリップカットスタイル

引用:インスタグラム

コンチネンタルクリップカットスタイルは、伝統的なカットでありプードルらしいカット方法になります。その特徴は、頭・足・尻尾はボリュームを残し丸くカット、体部分は大胆に刈り込んだスタイルです。

トイプードルの魅力を活かしたスタイルで、コンテストでも正式に採用されているカット方法なのです。

そんな華やかなスタイルですが、心臓部分は暖かくなるよう毛を残すなど機能面でも優れているスタイルで、お手入れが比較的しやすいのも魅力の一つです。

トイプードルの自宅でのシャンプー頻度は?

トリミング代を抑えたいという方や、自分で愛犬を綺麗にしてあげたい方には自宅でのシャンプーをお勧めします。

シャンプー頻度は、ワンちゃんにもよりますが、よく外で遊び汚れやすいのであれば基本的には2週間に1度が良いと言われております。1週間に洗う子もいるようですが、皮膚が乾燥しやすくなってしまうので洗いすぎに注意です。

まれに、皮膚が痒くなるアレルギーを持っている子もいるのですが、そのような場合は病院で買えるシャンプーでお腹だけでも2週間に1度は洗ってあげると良いでしょう。

自宅で洗う際は、まだ子犬時期や老犬は特に体力が心配なので、シャンプー時間が長くなりすぎないよう気を付けましょう。

まとめ

これまでトイプードルのカットスタイルについていくつかご紹介していきましたが、カットスタイルはまだまだ沢山あります。カットは、飼い主にとってアレンジのしやすいトイプードルを飼うことの楽しみの1つですね。

愛犬の顔の特徴を見つけ、そのワンちゃんに似合うカットスタイルを見つけてあげてください。ですが、愛犬の負担にならない程度に注意してあげてくださいね。

自宅でのシャンプーをしてあげることも、自分の愛犬を知る良い機会にもなると思いますので、ぜひ自宅でのシャンプーも実践し、カットスタイルを清潔に維持してあげてください。