チワワにアレルギーは多い?原因や症状・予防方法

あなたが可愛がっているチワワにアレルギーはありますか?
アレルギーがなく元気に走り回るチワワもいれば、いくつかのアレルギーを持っていてつらい思いをしているチワワもいることでしょう。
この記事では、チワワに多く見られるアレルギーの原因や回避・処置方法など、アレルギー事情についてまとめます。愛犬のためにもぜひ参考にしてみてください。

同じアレルギーでも犬と人間とは違うの?

実は、犬も人間と同じように食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などの様々なアレルギーを発症するのです。しかし、「その症状に違いはあるのか」と気になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言うと、犬のアレルギーと人間のアレルギーに違いはありません。犬や人間の体内には「免疫」という機能が備わっており、体内に入る細菌やウイルスなどから体を守る役割を果たしています。しかしある日突然、その免疫が今まで体内に入っても問題のなかった環境因子や食べ物に反応するようになります。その結果、体に様々な症状が出てしまい、アレルギーを発症することになるのです。

チワワのアレルギーが増加中?!その原因は?

ここ数年、人間だけでなくチワワのアレルギーも共に増加しているようです。チワワのアレルギーが増加している原因とは、一体何なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
チワワを飼っている方は要チェックですよ!

衛生状態が良くなった

昔に比べて、最近では室内で犬を飼う人が増えている傾向にあります。室内は衛生状態が良いことから、アレルギー体質になる可能性も低くなると思いますが、それは間違いのようです。室内で飼われている犬は外で飼われている犬に比べて、アレルギー物質や細菌にさらされる機会が格段に減ります。そうなるとアレルギー物質や細菌に対しての免疫が低くなってしまい、アレルギーを発症しやすい体になってしまうのです。

日頃の生活環境やストレス

生活環境や食生活が変化した場合など、ストレスの影響で免疫力が低下してアレルギーを発症してしまうことも考えられます。運動不足、室内や気候の変化、コミュニケーション不足、不規則な生活習慣などでストレスを受けていても犬は話すことができません。愛犬にストレスを感じさせないようにするには、飼い主が日頃から意識してあげることが大切です。

また、犬の約40%が食材に関係するアレルギーを持っているとも言われています。愛犬に合っていないドッグフードをあげたことでアレルギーが発症する場合もあるので、注意が必要です。

チワワ症状でアレルギーの原因がわかる?

もし愛犬がアレルギーを持っていたらと考えると、不安になりますよね。
チワワの症状を見て、どのようなアレルギーを発症しているのか考えてみましょう。

食物アレルギー

食物アレルギーは、犬に与えているドッグフードに含まれている食物が原因となり発症するアレルギーです。

・目や口の周辺などを何度も掻いている
・皮膚に赤み、発疹が出ている
・足の裏や指の間などを噛んだり舐めたりしている
・ひっかき傷が多い
・毛が抜けている
・外耳炎を何度も発症している

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の発症率は犬種によって差があるため、遺伝的なものではないかと言われています。また、生活環境によって発症年齢も異なると考えられています。

・口の周辺やお腹などが赤い、発疹が出ている
・痒がっている
・毛が抜けている
・患部が乾燥している
・患部を何度も掻いたり、舐めたりする
・外耳炎を何度も発症している

ノミ・マダニアレルギー皮膚炎

ノミアレルギーは、ノミの唾液が原因で発症するアレルギーです。マダニは犬の体に寄生して血液を吸いますが、その後は貧血やダニ麻痺を発症する恐れもあると言われています。

・腰から尻尾の付け根にかけて赤く、発疹やじんましんができている
・患部を何度も掻いたり、舐めたりする
・毛が抜けている箇所がある

花粉症

・鼻水
・くしゃみ
・全身を掻いている
・皮膚に発疹や赤みが出ている
・目の周りが赤くなっている
・外耳炎の治りが遅い

犬の花粉症の場合は、鼻水やくしゃみに加え、皮膚の炎症や外耳炎などのアレルギー性皮膚炎を発症しやすくなる傾向にあります。

カビアレルギー

カビアレルギーは、プラスチックやゴム・革製品などが原因で発症するアレルギーです。

・カビのような異臭
・赤い斑点や発疹が出ている
・フケが増えている
・体を掻きむしって毛が抜けている
・外耳炎を発症している

その他触れる物質アレルギー

接触アレルギーとは、ある特定のもの(例:金属、シャンプー、絨毯など)に接触することで発症するアレルギーのことです。特にお腹周りやあご下など、毛が少ない部分に発症することが多いようです。

・接触した部分を掻いている
・赤い斑点、発疹が出ている
・毛が抜けている

上記の症状以外にも、外耳炎や皮膚炎などの治りが遅いと感じたらアレルギーを疑ってみるといいかもしれません。

アレルギーの予防策は?

アレルギーを発症して愛犬につらい思いをさせないためには、適度に散歩をさせて免疫力を高めることや、生活環境を改善してストレスを溜めさせないようにすることが大切です。

しかし、最も大切なのは食生活の改善です。先ほどご紹介したように、犬の約40%が食材に関係するアレルギーを持っています。ドッグフードは直接体内に入って分解されるため、アレルギーの発症に大いに関係してくるのです。
現在与えているドッグフードの原材料が原因で症状が出ている可能性もありますので、まずはドッグフードの改善からはじめてみることをおすすめします。

アレルギーを予防するのに最適なのは、モグワンドッグフードです。
モグワンは犬が発症するアレルギーの原因となる「アレルゲン」という抗原物質を取り除いて作られているため、他のドッグフードよりも安心して愛犬に与えることができますよ。

その他にも、モグワンには嬉しい特徴が多くあります。

・グレインフリー(原材料に一切穀物を使用していないことを表します)
・ヒューマングレード(犬と同様、人間も安心して食べられる基準と同じレベルの素材を使用されていることを表します)
・オールナチュラル
・高タンパク質と動物性タンパク質が50%以上含まれている
・着色料・香料不使用

このようにモグワンはアレルギー面だけでなく、健康面も重視して作られている優れたドッグフードとなっています。

また、驚きの情報もあります。
モグワンの試食会ではなんと、97.8%の犬がモグワンを食べ、93.3%の飼い主が「モグワンを継続したい」と回答しました。それだけでなく、84.0%の獣医師までも「モグワンを食べさせたい」と回答しました。

犬、飼い主、獣医師からも高評価を得るほど質の高いモグワン
アレルギーの予防としてまずはモグワンを与えて、愛犬の様子を観察してみるといいでしょう。

まとめ

チワワのアレルギー事情と予防策についてご紹介しました。愛犬が体を掻いていたり、皮膚が赤くなっていたりした場合はとても心配になりますよね。「もしかしてアレルギーではないか」と不安に思う方も多くいらっしゃるでしょう。

その際は、今回紹介したアレルギーの症状を参考にしてみてください。愛犬の様子に当てはまっているようでしたら、アレルギーを発症している可能性は十分高いです。発症しているかどうか分からない場合でも、異常を感じたら早めに動物病院を受診することをおすすめします。早めに行動することで重症化せずに済むことも考えられますよ。

愛犬のためにも、日頃の様子をしっかりと見てあげてくださいね。

ドッグフード目的別で選ぶなら