チワワは膝蓋骨脱臼に要注意!膝蓋骨脱臼のグレードや治療費・予防方法

チワワには膝蓋骨脱臼が多く発症します。これは関節疾患の中でも多いものです。

正式には「膝蓋骨内方脱臼」という病名になります。チワワを迎え入れる前に、比較的症状がでやすい犬種と認識しておくことで、早め対策ができる場合も多いのです。

まずは膝蓋骨脱臼の知識を一つでも多く、飼い主さんとして持っておくことをお勧めします。

チワワは膝蓋骨脱臼になりやすい?

まず、膝蓋骨とは「膝のお皿」の部分を指します。形状は丸くこの膝蓋骨がスムーズに動くことで、歩行と連動するようになっているのです。健常なチワワの膝蓋骨はきちんと溝にはまっている状態です。

何らかの事情で膝蓋骨が脱臼してしまうことで。炎症を起こし、最悪の場合には歩きづらくなってしまうのです。なぜ、チワワのような小型犬に膝蓋骨脱臼が多いのでしょうか?

チワワの場合には、先天性の膝蓋骨脱臼が主になります。これは遺伝的な問題が原因です。生まれつき膝蓋骨をスムーズに動かすべき滑車溝が存在しない場合や、溝に変形が見られることが原因です。

後天的に膝蓋骨脱臼を起こす原因としては、誤って高い場所から落下した場合や、床で足を滑らせてしまったことが原因になります。

チワワの膝蓋骨脱臼の原因は?

チワワは手足が極端に華奢な犬種です。それだけに筋力も少なく、ちょっとしたアクシデントでも、足を痛めることが多いのです。

先天的なものが原因であるうえに、体重が2キロ以下のチワワの場合には特に、生まれつき膝の関節周囲の筋肉や骨そしてじん帯形成に異常がある場合がほとんどす。

他の犬種に比べて発症率が高いのも、犬種として持って生まれたのが、原因となります。そのうえ膝蓋骨脱臼は年齢とともに進行する場合が多いのです。

また、超小型犬のチワワは、とにかく身のこなしが軽いことが災います。ついつい高いところから飛び降りようとしたり、飛び跳ねるような仕草をすることが多いのです。これは外傷性膝蓋骨脱臼の原因になります

チワワが膝蓋骨脱臼になってしまったら?

膝蓋骨脱臼を疑われた場合にはまず、進行具合によってグレードが分けられます。つまり、診療の目安として今の状態を飼い主さんに伝えるために、獣医さんが膝蓋骨脱臼の具合を評価する場合に使う表現です。

「グレード1」は、膝がすぐに外れやすい状態を指します。ただ、歩行や生活には何の支障もありません。すぐに体を伸ばすことで、膝は元の状態に戻りますので生活に気をつけていればこれ以上悪化させることがない状態です。ただ油断は禁物です。

「グレード2」まで進んでいると言われている場合には、膝が外れてすぐに戻らない状態が続いいている場合です。足を浮かして歩くなどの症状が見られるようになります。

グレード3以上は手術を視野に入れて

「グレード3」では、これまでは自然な状態で脱臼してもすぐに戻っていた膝関節が戻らなくなります。長時間の歩行や散歩にも、はっきりと影響がでてしまいます。

チワワも、痛みを感じる場合も多く保存的な治療には限界を感じる時期でもあります。そして「グレード4」は常に脱臼をしている状態で歩行も困難になっている状態です。

チワワの膝蓋骨脱臼の相場はいくらくらい?

グレードが1から2の間には、内科的な治療が選択されます。まだ手術の適応といつところまで到達していないのが現状です。内服薬やサプリメントを常用しながら経過観察をするという段階になります。

保存的治療について

内服薬がおおよそ月に5,000円程度とサプリメント類が同じく5,000円とすると、月に1万円前後の治療費が必要になります。病院によってはレーザー治療などを実施する場合があります。

この時には1回の利用で1,500円~2,000円が相場です。内科的な治療を選んでも、やはり月額にすると10,000円以上の治療費が必要になる場合がほとんどです。

手術の費用について

膝蓋骨脱臼制服術の場合は20万円程度の治療費が必要になります。また膝の状態が悪く、脱臼の修復だけに手術が収まらなかった場合には治療費も高額になります。

膝の溝をつくる手術や腓骨粗面転移術などの場合には50万円近い治療費が、かかる場合もあります。いずれの場合も、症状が酷くなる前に少しでも状態をよくすることが重要です。

高額な治療費がかかる前に、早期に治療を開始するなど飼い主さんとしても手を打つほかありません。

入院やリハビリを伴う手術になりますので、病院が設定している治療費(入院・リハビリ代)をあらかじめしっかりと、把握したうえで決断をしてください。

病院によっては、ペット保険と連携が取れている場合もありますので、受け付けなどで確認してみてください。

チワワが膝蓋骨脱臼にならない為には

チワワという犬種と暮らす上でまず、健康管理は飼い主さんの一大テーマになります。膝蓋骨脱臼を予防するためにも、関節ケアができるドッグフードを予め選んでおくというのも一つの方法です。

  • 良質なたんぱく質が多く含まれていること
  • コンドロイチンとグルコサミンが配合されていること

まずは上記2点を重要視して、ドッグフードを選んでみてください。モグワンドッグフードカナガンドッグフードは上記2点をクリアしていてとてもおすすめです。生活面では、室内遊びをさせる場合には、床材には衝撃の吸収が良いものを選ぶことです。

そして膝のために段差の多い箇所を無くして、常にフラットな状態で生活ができるように配慮してあげてください。膝への負担を最小限にすることは急務です。

そして体重が急激に増加しないように常に体調管理と共に体重のチェックも欠かさないようにしてください。

まとめ

チワワと言えば膝蓋骨脱臼が心配!という声があがるほど、あまりも好発犬種と言えます。だからこそ日々の生活の中で注意を払い、もしも発症した場合には、信頼のおける獣医さんと相談の上、慎重に治療を進めてください。