チワワの血便・下痢の原因や対処・予防方法!病気の見分け方

チワワの中にはお腹が弱い子も多いものです。普通の下痢の場合には、比較的早く回復できる場合がほとんどですが、血便の場合には用心が必要です。

健康なチワワの便の色は、基本的に薄茶色から茶色です。少しでも赤みを帯びているような便が出たときには血便として扱うべきなのです。今回は血便・下痢についてまとめてみました。チワワの健康維持のために役立ててあげましょう。

血便の種類は?

チワワの便に血が混じっていた場合にはおそらく飼い主さんは驚くはずです。それが一度ではなく何度も血便を出すようになったときには、すぐに動物病院に連れて行く必要があるのです。

この血便にも種類があります。チワワの便をよく観察してください。一概に血便と言っても赤い便が出るとは限らないのです。普段通りの便に鮮血がついている場合には、肛門回りの炎症が考えられます。もしくは大腸炎や寄生虫、などの原因が挙げられます。

血液の付き方によって、原因の場所が肛門から近いのか?遠いのか?を獣医さんはある程度、見当をつけて治療にあたってくれます。飼い主さんとしても、常識の範囲で血便の種類を知っておくといざというときに便利です。

黒い血便というものが出る場合もあります。チワワが黒い便をするというのは、緊急性が高いと覚えておいてください。胃腸の病気などが考えられるからです。

鮮血便

ある日突然、鮮血便をした時には卒倒してしまう飼い主さんもいるようです。鮮血というのは比較的新しい出血が想定できます。チワワの鮮血便の場合には、肛門周辺の出血が一番考えられる原因です。

その鮮血便の様子を観察しておいてください。例えば普通の便が出た後に、鮮血がついているのに、比較的体調も悪くないという場合には、どこが悪いの?と迷ってしまうものです。チワワが元気そうにしているのに、鮮血が混じる場合には、肛門を傷つけてしまったことが考えられます。

ただ素人判断をせずに、鮮血便の場合でも一応動物病院での診察をおすすめします。特に鮮血便が何度も続く場合には要注意です。腫瘍などの可能性も考えなければいけないので、正しく診断を仰いでください。

黒色便・タール便

覚えておいてほしいのは黒い便というのは、胃や小腸での出血を経て肛門に辿り着くまでタール状になっているということです。肛門周辺からの鮮血ではないことは確かです。

内臓に大きな問題が起きている可能性も高いのです。チワワが黒色便やタール便をした場合には、早急に動物病院で受診をし、内臓のどこから出血をしているのか?を特定することが急務です。

下痢の血便の種類は?

下痢をした後に粘液のような血液がついている場合には大腸性の下痢と考えておいてください。最初は水っぽい下痢を繰り返しそのうちに、粘液(血液つきの)が便に付着してしまうのです。

この場合にも、チワワは比較的元気にしています。ただ、内臓方の出血という可能性も否めません。便にどのように鮮血が付着しているのか?これを性格に獣医さんに伝えるためにも、画像を撮影しておくと診療に役立ちます。

大腸性の下痢

チワワに多い下痢として大腸性の下痢が挙げられます。チワワの場合には、体が小さい分、腸で水分分泌を調整しているのです。吸収はうまくいって分泌機能に異常が出てしまうと、腸の中で水分バランスが崩れます。

この状態が浸透圧性下痢と呼ばれるものです。病名としては大腸性下痢ということになります。

  • 便の回数が3回以上
  • 便を出したくても出ないような様子を見せる
  • 嘔吐がある
  • 粘液便や血便を伴う

慢性の基礎疾患がある場合には大腸性下痢を起こしやすい傾向があります。症状が一つでも当てはまる場合には間違いなく大腸性下痢を発症しているのです。良性のポリーブや慢性挑戦、アジソン病などでも大腸性下痢を発症しやすくなります。

小腸性の下痢

小腸の働きが悪くなると下痢を起こしやすくなります。食べ物の吸収をする役割の小腸の働きが低下します。常に便は柔らかい感じになってしまい水分量を多く欲しがるという傾向もあります。

そのうえ、体重が減りやすいというのも小腸の下痢にありがちな特徴です。チワワはちょっとしたことがきっかけで下痢を起こしやすいのです。例えばストレスが原因と考えられる場合には、小腸性下痢と判断されます。体調面的では比較的元気なことも特徴です。

下痢の原因は?

便の中に普通よりも多量の水分が含まれることで下痢を引き起こします。下痢の原因としては、腸の働きによって左右されるものがあります。

腸の中では常に水分量を調節するだけの機能があります。これが、不調になることで軟便から下痢を引き起こしてしまうのです。

血便原因は消化器異常?

ほとんどの場合、血便の原因は消化器からの出血と言われています。人間と同じように犬の場合でも、その個所を疑います。外側からでは消化器の様子はわかりませんので、あまりにも血便が続くようであれば、踏み込んだ治療が必要になるのです。

黒い便・タール便
消化器の上の方にある臓器が原因の可能性が高い。食道、十二指腸から多量の出血が考えられる

鮮血が混じる便
肛門からの出血もしくは。小腸、大腸、結腸部分からの下部消化器出血が考えられる

まずはこれらの便の出所を、飼い主さんとしては知識の上に置いておく必要があるはずです。

チワワが血便・下痢になった時の治療法は?

基本的には動物病院を受診します。そして便の検査を実施して全身状態をチェックすることで何が原因なのかを探ります。チワワの場合には散歩などがストレスだったという理由でも下痢をします。

旅行や環境の変化にも弱い犬種です。このような場合には、強い内服薬は必要ありません。整腸剤などを投与して数日で軽快することがほとんどです。

酷い細菌性の下痢の場合には抗生物質や点滴に下痢止めを混入させたものを輸液治療として行います。家庭ではお腹を冷やさないようにして、安静に過ごさせましょう。

食事のほうも下痢が強い場合には、最低限の水分以外は胃腸を休ませるという意味でも絶食を指示される場合が多いようです。

どんな検査がある?

一番簡単な検査は便の検査です。チワワのお尻に綿棒のようなものを使って便を採取し、それを獣医さんが顕微鏡で覗くという簡易検査です。

そのほかにはレントゲンや超音波で内臓の様子を確認するという検査も実施されます。それでも原因がわからない場合には、バリウム検査を検討される場合もあります。

チワワの血便が続いたら?

チワワには急性胃腸炎という病気は多いものです。もしも、数日経過しても血便が治まらないという場合には、踏み込んだ検査が必要になります。

血便の種類にもよりますが、徐々にタール便に変化をしていくという場合には、心配です。便の量が増える場合や、全身状態が悪くなるときには緊急性の高いこともありますのですぐに受診をしてください。

血便を予防するためにできる事

ドッグフードを変えると血便が激変した!という情報もあります。実際にチワワのような小さな犬の場合にはドッグフードが体調を左右する場合もあるのです。

特におすすめなのは「モグワン」です。消化吸収に優れているドッグフードですので、血便を予防するという意味でもとても良いドッグフードです。

今食べているドッグフードでは下痢を起こすことが多いと判断した場合には、変更を考えてみてください。ドッグフードを変えた途端に、便の状態が悪くなる場合もあるのです。逆に消化器系の問題が解決する場合もあります。

下痢の原因がドッグフードにある場合

チワワは穀類や肉の副産物を、うまく消化できないことが多いのです。そんな場合にはドッグフードを穀類不使用のものに変えるなどすると、劇的に便の様子がよくなるおとが言えます。できるだけ品質の良いドッグフードで、腸内環境を整えられるようにしてあげてください。

まとめ

下痢に悩む飼い主さんが多いのは、やはりチワワです。ストレスに弱い子の場合には、ドッグフードにも十分に配慮して、常にお腹の健康を第一に考えてあげましょう。消化吸収の良いドッグフードや食材を与えて、健康維持に努めることで下痢を起こす回数も減るものです。