チワワの日頃のケア方法|耳掃除や肛門腺絞りのコツ

超小型犬のチワワのお手入れは、その小ささから自分ではうまくできないという飼い主さんは多いのです。そんな場合には獣医さんにお願いをして動物病院で、定期的にケアを受ける方法があります。

無理をして傷をつけるようなことになると後からが大変です。但し、チワワに必要なお手入れの種類や方法は一応、飼い主さんとして知っておいてください。自分でできないことは、無理をしないようにしてください。

チワワの耳掃除が必要な理由

立ち耳のチワワは、ほこりや汚れを耳の中にため込みやすい傾向があります。逆に言えば、通気性が良いので耳が蒸れるということは少ないのです。それ以前に耳垢は自然に溜まるものです。

自分で排出できるものではないので、綿棒などで拭き取るほかありません。チワワの耳がある日突然、嫌な匂いがするという場合には、耳の病気を発症している可能性があります。

一先ず定期的に耳掃除の必要性があります。これはチワワだからという理由ではなく新陳代謝が行われている以上、耳も汚れてしまうのです。そのまま放置をすることで、そこに細菌が不着し、外耳炎や内耳炎という病気に進行する恐れがあるのです。

チワワが耳の病気になったときには、比較的わかりやすいサインをだしてくれます。耳をしきりに気にするような仕草を見せますので、臭いを嗅いで、少しでもいつもと違う臭いの場合には、外耳炎などの病気を疑ってください。

チワワの耳の病気

人間の耳のように鼓膜までの間が真っ直ぐになっている構造とは違います。表面から見える耳介の部分から垂直耳道を通ってその部分がL字に曲がっているのです。この部分は肉眼で見ることができません。

外耳炎はチワワにはとても多い耳の病気です。炎症している部分には耳垢の中に細菌が繁殖することで炎症が起きてしまいます。特徴としては独特の臭いを発するところです。

チワワその痒みから頭を擦り付けるような仕草や頭を振ることが多くなります。外耳炎は進行する前に、治療を開始することが必要です。

外耳炎になってしまった場合には、完治するまでの間は耳の掃除や耳の入れる薬を欠かさないようにして根気よく治療を受けてください。慢性化すると、とても厄介です。自力で治すことは難しいので、投薬や耳のローションなどを根気よく使って、完全に治るまでは飼い主さんもケアを欠かさないようにしてください。

外耳炎

チワワが外耳炎を起こすといつもとが明らかに違う行動を取るようになります。まず、耳をいつもよりも多く触ろうとしている仕草や、耳の内側が腫れてしまいます。

ほんのりと耳に熱を持つようになるのは、症状がそれだけ深刻だからです。安易に考えずに早急に獣医さんのところに連れて行って処置をしてもらいましょう。

動物病院では、特殊な器具で耳を覗くことができます。獣医さんにチワワの耳を診察してもらい汚れが強い場合には、その一部を顕微鏡で検査をしてもらいます。

そうすることで、耳の病気の種類がはっきりとわかります。それに対して適切な薬を投与してもらい、耳の炎症を抑えるようにしましょう。耳の病気は長期化する場合が多いので、早めに治療を開始しましょう。

耳ダニ感染症

チワワの耳垢が黒っぽくなっているときにはダニが寄生している可能性があります。外耳炎よりも耳は痒く、耳を激し掻こうとする仕草を頻繁に見せるようになります。いつもと違うと感じた時点で、耳の検査を受けてください。そうすることで判明する病気の一種なのです。

チワワの耳掃除方法

チワワの耳に綿棒を入れて見えている部分の耳垢などを拭うことは最初に必要なお手入れです。チワワの中には、たとえ飼い主さんでも耳の中を触らせることに抵抗を示す子がいます。

さすがに、耳の中に綿棒を使うような行為になりますので、明らかに危険と判断した場合には、断念をして潔く動物病院に相談をしてみてください。

チワワの爪切りが必要な理由

チワワの爪は本当に小さく、これくらいだったら置いておいても大丈夫!と悠長に言っている間に、素早く伸びてきます。伸びすぎた爪は巻き爪状態になって、肉球側に伸びてしまいます。

肉球に爪が刺さると歩きにくくなり痛みを伴います。まずはここまで伸ばしてしまうことに問題があります。必ずチワワには爪切りが必要です。月に1度など、感覚を決めて、爪のケアをするべきなのです。

チワワの爪切りの手順

暴れるチワワの場合にはエリザベスカラーを付けてもあまり効果がありません。爪切りを比較的おとなしくさせてもらうためにはスキルが必要です。

押さえつけてまで自宅で無理をするのは歓迎しません。それよりも事情を話して動物看護士さんと獣医さんのコンビで切ってもらう方が素早く済みます。

大抵の場合には、台の上に乗せた状態で素早く爪を切っていきます。黒い爪の場合には、血管が見えないので出血をしてしまうこともあります。細かな部分に気を配りながら爪のケアは進んでいきます。

たとえ獣医さんでも、自分で押さえて爪を切るというのはなかなか困難です。それよりも一人が抱っこをしてもう一人がチワワの腕を軽く押さえて爪を切るという方法が、チワワに負担をかけることなく爪切りができる方法です。

チワワの肛門線絞りが必要な理由

チワワの小さなお尻の中にも肛門腺という場所があります。ここに膿が溜まると、最悪の場合には、破裂してしまいます。チワワがお尻を床に擦り付けるような仕草を見せるようになったときには、肛門腺絞りが必要な時期であると察知してあげてください。

定期的に肛門を絞って中に溜まっている分泌物を排出する必要があります。便と一緒に排出できるタイプのチワワと、外側から肛門腺を絞らないと排出できないタイプのチワワがいます。いずれにしてもこ肛門嚢の病気にかからないためにも、きちんと絞っておくことが大切です。

チワワの肛門線絞りの手順

肛門嚢というのは時計で言うと4時と8時の場所に2か所あります。ここに肛門嚢が、溜まりやすくなるのです。コツを覚えると上手に絞れるようになりますが、場所には個体差があります。

奥の方に肛門嚢がある場合にはある程度、力を入れて絞らないとうまく排出できない場合もあります。無理をせずに、自宅で絞れない場合には動物病院で肛門線絞りをお願いすればよいのです。

シャンプーと一緒に行う場合

肛門腺絞りの間隔はおおよそ1カ月に1回程度で大丈夫です。シャンプーのタイミグと合わせても良いでしょう。お尻を同時に洗い流せるので、お勧めの方法です。

自宅 シャンプーと肛門絞りを同時に行う場合や、動物病院で肛門線だけを絞ってもらい、自宅 シャンプーをする方法もあります。臨機応変に対応して、チワワに負担を掛けない方法を選んでください。

小さくてもお世話は一人前

体が小さなチワワでも、耳、肛門、シャンプー、などのケアが必要です。飼い主さんが自宅で、こまめにコツコツと行える場合もあります。

自分の手に負えない場合には、動物病院に相談をして、スムーズにケアをしてもらえますので無理をしないでください。特に、爪切りと肛門線絞りは、コツが必要です。

怪我をさせるようなことになっては本末転倒です。いろんなことを弁えた上で、自分でできるケアとプロにお願いするケアを分けて考えるようにしましょう。