チワワの平均寿命や長生きのコツを紹介!

誰もが自分の家にいるチワワの長生きを願うものです。チワワを長生きさせるために必要なことは飼い主さんの愛情です。そして適切な配慮に尽きます。今回はチワワの日頃の管理の仕方や長生きの秘訣についてもまとめてみました。

チワワの平均寿命ってどれくらい?

チワワの平均的な寿命は14歳~16歳です。14歳と言っても姿かたちは昔の儘で、少しも年齢を感じさせないというチワワも大勢います。

それほどチワワというのは、幼い頃の面影を持ち続けて愛らしさをふりまく動物なのです。実年齢などは尋ねて初めて知るという場合がほとんどです。

ここに長生きをする秘訣が隠されているのです。チワワがいつまでも可愛らしく、年齢を感じない雰囲気で年を重ねるためにできること。

これは飼い主さんが心を砕いて手を掛けることで、どのチワワでも若々しくいられるようになるのです。少しでも長く一緒に暮らしたい、と考える飼い主さんには、とにかく健康管理には気を付けていただきたい!とお伝えしたいものです。

チワワの大敵はストレス

チワワは体が小さい分、自分を守ろうとして虚勢を張るものです。そして防衛心からどうしても吠えやすくなってしまうという傾向も否めません。これはチワワの持って生まれた特性です。

チワワと暮らすということは小さな生き物を守るということなのです。チワワにとってストレスは、寿命を縮めてしまうほど、影響力のあるものです。気づかない間に、ストレスをかけていませんか?

ストレスというのも、そのチワワによって感じ方が違います。お留守番が苦手なチワワ、上手なチワワ。先住チワワと仲良くできるチワワ、できないチワワ。それには個体差が大きいわけです。

ただ、一つ共通に言えるのは、極力チワワが苦手としていることを、飼い主さんの方でできるだけ回避してあげることが重要です。人間よりも遥かに短い寿命なのです。

人間社会に上手に馴染めないタイプのチワワを外の世界に連れ出すのは、驚異的なストレスに変わってしまうのです。元気で長生きを考えている方はチワワの環境整備に余念がありません。

チワワは何歳から老犬?

チワワのような小型犬の場合には、本格的に「シニア期」と呼ばれる期間は比較的短いものです。寿命が15年とすれば、最後の5年程度がシニア期にあたります。

それでもチワワに対しては「老犬」という言い方をせずに、子犬の時期からあまり変わらずにお世話を続けて、いつまでも若々しいチワワもいます。

老犬と呼ばずとも、7歳以上になったと同時に、ドッグフードをシニア用に切り替えるほか、足腰に負担のかかる運動は避けるなど、上手に年齢と付き合うことが長生きをさせるポイントです。

チワワにストレスは厳禁!

チワワにとって、病気にかかること自体がストレスです。まずは健康診断など年間を通じて行い、大きな変化にも気づけるような飼い主でいたいものです。

長い時間、一人で過ごせるから大丈夫!と頻繁に留守便を強いることはストレスになります。そして病気を患い、長く動物病院に入院させられるような場合にも、この上なくストレスを感じてしまうのです。

ストレスというのは家庭の中にも、その原因はあります。例えば、家族の中にチワワに、温かく接することができない人や、乱暴な人がいるだけで、既にその場所にいることがストレスになっている場合もあります。

基本的に飼い主さんと一緒にいたい

チワワは飼い主さんのストーカーにもなるほどに、密着することを好みます。稀に、そのような関係性ではなく淡々としているチワワもいます。

これは性格にもよります。ただほとんどのチワワが、飼い主さんを独占したいと感じているのです。犬と飼い主という関係性よりも、ママと赤ちゃんという呼び方の方が相応しいような気もします。

実質的には、飼い主さんの傍にいることが大好きです。ストレスを最小限にするためにも、時間の許す限り飼い主さんはチワワとの時間を共有してください。

そうすることでチワワのストレスも軽減されるのです。チワワが最大限に幸せを感じるのは、飼い主さんから愛されていることを実感できる瞬間なのです。

チワワの日常の健康管理で元気で長生き!

チワワの日常的な健康管理については、飼い主さんの意識の中に、常に置いておくべきことです。特別なことではなく怪我や病気を予防して適切な食事を摂取することが何よりも重要です。

難しく考えることはありません。例えば予防接種や健康診断は動物病院に通うことで定期的に受けることが可能です。

それ以外にもできることがあります。例えばサプリメントを定期的購入して、体調に合わせて飲ませるということも日常的に必要な健康管理です。特におすすめしたいサプリメント「犬康食・ワン・プレミアムサプリメント」です。

「犬康食・ワン・プレミアムサプリメント」とはどんなサプリ?


こちらのサプリメントは人間用にも使われる原材料が多く含まれています。例えば健康維持のためには、田七人参末、霊芝エキス末が有効に働きかけてくれます。

飲みやすくするために麦芽糖、チーズパウダー(デキストリン、チーズ、バター)で美味しく製造されているのも特徴的です。チワワの犬生を元気に支えるためにも、効果的なサプリメントをお勧めします。

チワワも年齢を重ねるとどうしても、涙焼けが目立ち始めて白髪が増えてしまうこともあります。免疫だけはいつまでも元気に保ってあげたいと考える飼い主さんには、是非ともお勧めしたいサプリメントです。

腸が元気なチワワは、必ず長生きをしてくれます。腸内環境をサポートするためにもプロバイオテックス配合のサプリメントを上手に使うことで健康維持にも役立つのです。

チワワにおすすめのサプリメントは?

現在、チワワにおすすめのサプリメントは数多く販売されています。その中でもユーザーが多いサプリメントは次の通りです

こちらの3つが、チワワの飼い主さんが多く利用しているサプリメントです。まずは、「パンフェノン」ですが心臓病の発症率が高いチワワの飼い主には有名なサプリメントです。心臓病の予防やアレルギー性皮膚炎の軽減などに、効果が高いと評判のサプリメントです。

「プロキュア」は腸内環境に特化したサプリメントです。腸内環境のバランスをきちんと維持することで、長生きにもつながるということを提唱しています。「あいこな」はチワワに多い、涙焼けや食糞を軽減してくれると話題になっているサプリメントです。

チワワの健康維持と、長生きのコツは飼い主さんの努力次第で変わってくるものです。チワワは、きちんとお世話をして適度な運動とストレス軽減を徹底することで、長生きをしてくれる犬種です。

そのためには、年齢に見合うドッグフードを食べることで腸内環境を整えることができます。定期健診で何か数値が高い、低いということが指摘された場合にも、食生活を改善して、生活の中で偏ったストレスを受けていないかどうか?を飼い主さんの方でも確認をしておく必要があります。

まとめ

適度な運動と適正な健康診断、そして飼い主さんからの揺るぎない愛情でチワワは健康な状態で長生きをしてくれるものです。愛らしい姿を一日でも長く見ていたいと考える飼い主さんは、できる限りの準備をしてチワワのライフステージを謳歌しているものなのです。