チワワのサマーカットのメリット・デメリットや注意点

真夏になるとチワワの飼い主さんの間でも「サマーカット」が話題になります。実際にサマーカットをする人と、アンチサマーカットと断固と、サマーカットに反対の人との二手に分かれます。効果のほどには、個体差もあるようです。今回はチワワのサマーカット事情を考えてみました。

チワワのサマーカットのメリット

チワワを暑さから守るために、サマーカットをする飼い主さんが増えています。特にロングコートチワワの場合には、厚い二重構造の被毛に覆われています。暑さのために皮膚炎を起こすようなチワワにとっては、メリットが多いサマーカットです。暑がりのチワワの場合には、サマーカットをすることで、夏を過ごしやすくすることもできるのです。

お手入れも簡単になり、毛玉の心配もなくなります。何よりも皮膚の状態がはっきりと目視できて清潔を保てるというメリットも感じられるのです。チワワのカットスタイル!では、様々なカットスタイルを紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

チワワのサマーカットのデメリット

デメリットも否めません。サマーカットをしたチワワが散歩に出かけた際に、虫刺されの危険などもあります。もちろん、洋服を着て虫に対してのケアを行うことは必須ですが、害虫から完全に体を守ることは困難ですので、サマーカットが必ずしも、夏のチワワの健康に役立つかどうかは、定かではありません。

また紫外線を皮膚に直接浴びる可能性もありますので、皮膚にダメージを与えてしまう場合もあります。サマーカットをするかどうか?については、よく考えて行動に移すようにしてください。

自宅でサマーカットできる?

自宅でバリカンなどを使ってサマーカットができますが、ロングコートチワワの場合には特に、元の被毛に戻らなくなる可能性もあります。そもそも、美しい被毛をしているロングコートチワワにとって、丸刈りのような姿になることに、さほどの意味があるのかどうか?と最近では意見が分かれています。チワワのような超小型犬の場合には暑さ対策としては、空調を飼い主さんが気に掛けるだけでも本来は十分なのです。

サマーカットした時に注意することは?

サマーカットをした後には、普段の被毛をなくしたチワワは温度調節が逆にできなくなります。エアコンの温度を急に寒がってしまう場合もあります。後から後悔をしなくても済むように、サマーカットについてはよく考えておきましょう。

まとめ

チワワの印象を変えたいう、飼い主さんの一存だけでサマーカットをするのは、今一度考えてみてください。チワワのために、そのサマーカットが本当に良いのかどうか?を考えた上で、サマーカットの必要性への答えを出すようにしてください。