チワワがティッシュを食べてしまった!食べる理由と対処方法

チワワにとって、ティッシュという存在は日常的に近くにあるお世話アイテムです。だからこそ、チワワはティッシュに興味を持ってしまうのです。そして目を離した途端に口に含んでしまうことは、よくあることです。

なぜティッシュのようなものに興味を示すのか?と不思議に思うのですが、食べてしまった時には要注意です。チワワは小さいから悪戯はしないかも!という過信は大間違いです。小さいからこそ想定外のことを、やってしまう場合も多いのです。

チワワがティッシュを食べたら?すぐ病院?

チワワの飼い主さんであれば何度か、飼い主の不注意でティッシュを食べてしまったとう経験はあると思います。実際に、口が小さなチワワの場合には多くのティッシュを食べるということは物理的に無理です。

それでも食い意地が張っているチワワの場合には、ティッシュに執着心を燃やしてしまう場合も多いようです。そこで注意が必要なのです。

まず少量食べたという場合には胃の中で溶けて便と一緒に排出されることがほとんどです。便の様子というものは毎回チェックをしておいた方が無難です。特に幼いチワワの場合には誤飲をしている可能性も大いにあるからです。

まさか??と思うようなタイミングで便にティッシュが混在していることもよくあることです。思ってもみないティッシュの誤食は、飼い主さんの知らない間に行われている可能性もあるのです。そう考えると恐ろしくなるほどです。たかが、ティッシュと考えるのは間違いです。

万が一詰まった場合には

多くのティッシュが食道に詰まるというのは危険な状態です。その時間帯に診察が可能な病院に走ることを考えてください。最悪の場合には腸に詰まってしなう腸閉塞を併発する場合もあります。

突然嘔吐を繰り返すような様子や苦しそうにしている場合には、緊急性が高いと感じ取ってください。まずはそのようなことが、起きないように管理をすることが飼い主の務めです。

そこまで多くのティッシュを詰まらせほど、チワワは食べることはない!と決めつけて考えない方が良いのです。小型犬のチワワでも飼い主さんの想定外の事故を起こす場合も十分に考えられます。

何分、体が小さく一旦事故が起きてしまうと取り返しがつかない場合もあることを、飼い主さんは常に肝に銘じておくと、ティッシュの誤食も起きずに済むのです。

チワワに絶対的な信頼を置いていても、好奇心旺盛なチワワの場合には、とんでもないことを起こす場合があることを、知っておいてください。チワワは飼いやすい?意外な性格こちらもチェックしてみてください、チワワの意外な性格がまるわかりです!

自宅で治す方法はある?

チワワのような小型犬に素人が処置を下すのはなかなか困難なことです。それでも呼吸困難になっている場合にはまず口を開けて懐中電灯で喉の部分を照らします。そこでティッシュなどが詰まっていることが判明すれば、ピンセットなどでつまみ出せれば大丈夫です。

呼吸困難は危険な状態です。荒治療になりますが足の付け根を持ち逆さまに持ち上げて背中側をたたいて吐き出させるという方法もあります。いずれにしても、詰まっているものを出してあげられるように出来る限りの手を尽くすほかありません。

チワワはなんでティッシュが好きなの?

ティッシュの中でもローション配合されているものは甘みがあるようです。そもそも甘いものが好きなチワワ(犬はみんな好き)は、ティッシュを食べ物と勘違いしている可能性が高いのです。

柔らかくておいしいものという勘違いが、重なって間違った認識をしていることが考えられます。また、ティッシュだけではなく、様々な異物を飲み込んでしまうという事例も数多くあるのも事実です。

ふわふわと軽く生きているような気がする

ティッシュは鳥の羽のように見える場合があるようです。野生の狩猟本のうが掻き立てられるのでは?という意見もあるほどです。チワワ側の気持ちを代弁するとすれば、口当たりがよくて食べやすい柔らかいものという感じでしょうか?

いずれにしても、つい口に入れてしまうという点はティッシュを食べてしまう理由の根底にあるようです。

ティッシュを食べさせないようにする為にすること

基本的にティッシュをチワワの傍に置かないことが第一です。そしてティッシュを使ってお世話をするときにもティッシュの箱をチワワから離れた場所に設置するなど安全策を講じてください。チワワは頭が良い犬種です。

一度悪戯を覚えると何度でも繰り返そうとします。一度でもティッシュ箱からティッシュを口で引き出せていたとしたら・・次もやってみようと思うわけです。

まとめ

チワワのティッシュ誤食はあまりにも多いことです。少量にかかわらず絶対に口に入れてはいけないもの、と飼い主さんの方が危機感を強めておいてください。

便になって出てくるから大丈夫というのは大前提ですが、常に最悪のことを考えて行動するのがチワワの飼い主としてのセオリーです。

食べてはいけないものはチワワの視界から消しておいてください。なんでも用意周到にチワワの傍に置いておくことは、かえって危険です。そこを十分に感じておいてください。