チワワは骨折・脱臼が多いの?症状や原因・治療費は?

走り回るのが大好きなチワワ。しかし、そんなチワワによくあるのが骨折や脱臼。特に、線の細いチワワは骨折・脱臼などの怪我をしやすい犬種と言われています。
日頃から、飼い主さんが注意してあげる事が重要ですが、万が一骨折・脱臼をしてしまった場合の症状や、治療の際に発生する治療費などをご紹介します。

チワワが骨折・脱臼しやすいのはどうして?

基本的に、犬は人間よりも関節の弱い生き物です。高い場所からの落下はもちろん、フローリングなどの滑りやすい床で生活するだけでも、犬にとってはかなりの負担になります。

中でも、チワワのような小型犬は関節が弱く、固体差はありますが、人間が指で押しただけで脱臼をしてしまうチワワもいるようです。また、骨折や脱臼に気が付かず放置をしてしまうと、症状の悪化だけでなく、周りの筋肉の衰えや合併症など、他の病気に繋がるリスクも高まるので要注意。

いつまでも健康で長生きできるように、飼い主さんが正しい知識をつけ、日頃から注意することが大切です。

チワワを骨折・脱臼させない為には?

チワワに怪我をさせない為に、飼い主さんが出来ることはたくさんあります。チワワにとって、人間との暮らしは危険がいっぱい。体の小さなチワワにとってはなおのことです。いつまでも健康で長生きしてもらう為にも、しっかりとした予防知識をつけましょう。

フローリングはNG

フローリングなどの滑りやすい床は、チワワの足に大きな負担をかけてしまいます。足に負担がかからないカーペットや柔らかい素材のマットを敷きましょう。

我が家では、チワワの生活スペース(トイレ周りやご飯を食べる場所)など、汚れが目立つ場所には防水のマット、それ以外の生活スペースにはタイルカーペットを利用しています。

特に、チワワの場合は骨や関節の強度が他の犬種に比べて弱いため、フローリングで生活をしていると、歩いているだけで脱臼してしまうチワワもいます。

現在フローリングを利用している場合は、いち早く別の素材に変えてあげましょう。

ソファーやテーブルからの飛び降りに気を付ける

体の小さなチワワにとっては、ソファーやテーブルを上り下りするだけでも、かなりの負担がかかります。高いところに上らないようしつけをするか、初めから高い段差があるものを部屋に置かないようにしましょう。我が家でも、以前は普通のソファーを利用していましたが、チワワのお迎えを機に段差の低いローソファーに買い換えました。

ドッグランでも要注意

あまり知られていませんが、ドッグランなどの施設で一番怪我をしている犬種はチワワです。中には、骨折や脱臼にとどまらず、命を落としてしまうチワワもいます。

飼い主さんが責任をもって、安全に遊ばせてあげましょう。ちなみに、大きな犬種がいない施設でも注意が必要です。

獣医さんから聞いた話では、危害を加える犬は大型犬に限らず、意外にもポメラニアンやシーズーなどの小型犬が多いとのこと。ドッグランで遊ばせる際は、慣れるまでリードをつけるなどして、チワワの安全を守ってあげましょう。

適正体重を守る

体重が増えてしまうと、当然骨や関節にかかる負担も大きくなります。また、痩せすぎの場合も注意が必要です。

適正とされている筋肉量が保てなくなると、その分骨や関節にかかる負担を増やしてしまいます。日々のごはんの量、おやつのあげすぎなどに気をつけましょう。

栄養管理

ごはんの栄養にも気をつけましょう。
最近は、カルシウム配合や、関節ケア ドッグフードなども増えており、気軽に栄養価の高い食事をとらせることが出来ます。バランスのよい食事を心がけましょう。

骨折・脱臼した時の症状は?

犬は言葉を話すことができません。どんなに痛みがあっても我慢するほかないのです。少しでも「普段と違うな」と感じたら、すぐに動物病院に連れていきましょう。

骨折

チワワが骨折した場合、以下のような症状がみられます。

  • 足を引きづる
  • 足を舐める
  • 歩き方が左右対象でない
  • 散歩に行きたがらない
  • 抱き上げたり触ったりすると吠えたり噛んだりする

チワワの骨折は主に足に多いと言われ、飼い主さんから見ても認識しやすい症状が現れます。「歩き方がなんか変」「お散歩を嫌がる」など、少しでも違和感を感じたらすぐに動物病院に連れて行ってレントゲンを撮ってもらいましょう。

脱臼

チワワが脱臼した場合、骨折と同様に以下のような症状がみられます。

  • 足を引きづる
  • 足を舐める
  • 歩き方が左右対象でない
  • 散歩に行きたがらない
  • 抱き上げたり触ったりすると吠えたり噛んだりする

見られる症状としては骨折と同じですが、チワワによくみられる膝蓋骨脱臼(通称パテラ)にはグレードがあり、その悪化レベルが1~4までの数字で表せられています。

グレード1

通常時は脱臼を起こしておらず、まれに外れたり、足を上げていたがったりする程度。気が付かない飼い主さんもいるほどの状態です。

グレード2

脱臼しやすい状態にあり、外れたり戻ったりを繰り返している状態です。脱臼を繰り返すたびに軟骨をすり減らしてしまうため、放置すると膝がねじれてしまうなど悪化しやすいので注意しましょう。

グレード3

常に脱臼している状態です。しかし、強い痛みはなく歩き方や足の曲がり方などに症状が出ます。骨の成長が早い子犬期にこの状態になってしまうと、将来的に重度な膝の障害を発生する危険性があるので更に注意が必要です。

グレード4

常に脱臼しており、治療が難しい状態。症状はグレード3と同じですが、周りの筋肉が固まってしまい関節を動かすことが困難になります。

こちらも、骨の成長が早い子犬期にこの状態になってしまうと、将来的に重度な膝の障害を発生する危険性があるので更に注意が必要です。

脱臼には外傷性と先天性があり、遺伝的に発症しやすいチワワもいます。どんなに気を付けていても先天性の場合は防ぎようがありませんが、症状が軽いうちに飼い主さんが異変に気付き動物病院に連れていく事が大切です。

チワワが骨折・脱臼してしまったら?治療法は?治療費はいくらくらい?

すぐにでも動物病院に連れて行ってあげたいけれど、その治療費も気になりますよね。実際にどのくらいの治療費がかかるのかまとめてみました。

骨折

平均8万円~20万円(片足)
治療法は様々で、程度によってはギプスなどの固定で済む場合から、手術が必要な場合もあるため、治療費も一概には言えません。一般的には、折れてしまった部分にギプスをあてる外固定法が採用されますが、獣医さんの判断によって、皮膚内にボルトを入れて固定する内固定法が採用される場合もあります。

獣医さんによって考え方は様々ですが、チワワにあった治療法を選んであげるためにも飼い主さんの知識が必要です。また、いずれの方法であっても感知するのに2~3ヶ月程度かかる為、激しい運動やお散歩などは控えましょう。

脱臼

平均18万円~35万円
上記でも紹介した通り脱臼にはグレードがあり、その症状も非常に多様なため、手術のタイミングは獣医さんによっても違いがあります。一般的には、グレードの数字が高いほど手術の可能性も高くなりますが、強い痛みがある場合はグレード1、2でも手術を進める獣医さんもいらっしゃいます。

また、痛みがない場合でも子犬期のチワワの場合は将来を考えて手術をしたり、逆に高齢犬の場合は体力のことを考えて手術を控えたりなど、判断は様々。グレードが高くなる前に、飼い主さんが気づいてあげて、なるべく早く動物病院に連れて行ってあげることが重要と言えます。

チワワは骨折や脱臼の多い犬種とも言われています。その度に高額な医療費が重なっていきます。愛犬の万が一の為にもペット保険に加入しておくのも一つの方法でもあります。

まとめ

いかがでしたか。チワワの健康のためにもしっかりとした知識を持って、飼い主さんがチワワの安全を守ってあげることが大切です。これからもチワワとの楽しい生活のために、日頃の気配りを大切にしましょう。