チワワのトイレトレーニング方法とトレーニングのコツ

チワワのトイレ問題は、しつけ面で一番苦労する部分です。小さいながらも子犬時代にトイレトレーニングをマスターできる子もいます。逆に1歳を過ぎてもなかなかトイレを覚えられない子もいるのは事実です。それでも、飼い主さんが根気よくトイレ対策をすることで、徐々に改善できるものです。あまり劣等感を持たないように、前向きに頑張ってみてください。

チワワがトイレを覚えない理由は?

子犬の場合には、少し動くとすぐに尿をしたくなります。これは水を飲んでいるからという理由ではありません。どの子犬でも同じです。また、トイレをなかなか認識できないタイプのチワワもいます。飼い主さんが少しでも早くトイレを覚えてもらおうと、いろいろと試行錯誤をしている間に、トイレの形状がかわってしまうことが原因です。

もしかすると、トイレの失敗を強く叱りつけた経験はありませんか?叱られた意味が分からずに、混乱をしている可能性もあります。そのうえ決まった場所でトイレをするという概念がないから致し方ありません。それとも、叱られたときに「おしっこをすることはいけないこと」と思い込んでいる可能性もあります。

トイレトレーニングを再開してみる

子犬は食後や寝起きには必ず、排尿をしたくなるものです。遊んでいる最中にも、催してしまいますので、適時トイレに誘ってみてください。そして上手にできたときには、おやつを与えて大げさに褒めてあげる。この方法が一番効果的です。トイレトレーニングが十分にできていない状態で、広い部屋で過ごさせるのは無謀です。自分がつけてしまった臭いの場所でまた、おしっこをしてしまう可能性が高いからです。

ある程度、トイレトレーニングが軌道に乗るまでの間は、飼い主さんの傍でトイレの場所やタイミングを調整する必要があります。覚えてくれないと嘆く前に、飼い主さんの方でも努力をして教えてあげましょう。どんなしつけの場合でも同じですが、褒めて伸ばすという基本を忘れないようにしてください。

トイレの設置場所は適切ですか?

人間の場合でもトイレは個室だからこそ、落ち着いて用を足すことができるのです。例えば部屋の真ん中にトイレスペースを作ったとしても、チワワはそこでトイレをおぼえることはできません。できれば部屋の隅っこにトイレのスペースを設けてあげてほしいのです。トイレトレーニングは一度で成功しない場合もおおいのです。

排尿の失敗を強く責めるような飼い主さんでは、チワワもいつまでもトイレを覚えることができません。月単位でトイレトレーニングをするつもりで、チワワの生活に寄り添って時間の許す限り、決まった場所で排尿をできるようにまずはトイレの場所を見直しておいてください。

本当は綺麗好きなチワワ

トイレの場所をきちんと覚えて数回成功を重ねた時点で、少しずつ習慣化できるはずです。トイレのしつけには根気が必要ですので、飼い主さんの方も心して取り組んでください。時間がかかる場合もあります。チワワの中には本当に時間を掛けて教え込まないと何度も失敗を繰り返すという子もいます。

家のどこでおしっこをしても良いということだけは避けてください。決まった場所で排尿ができることを最終目標として頑張ってトレーニングをしてください。トイレの場所を覚えた後は、常にきれいなトイレを目指してください。段階別にトイレトレーニングも進化します。チワワの習熟度には個体差がありますので遅れているからといって決して悲観しないでください。

失敗をした時の飼い主対応は?

ついつい、失敗が重なると大きな声を出して注意をしたくなるのはやまやまです。それを実際に繰り返していると、チワワの方が萎縮してしまう可能性があります。逆に、失敗に対して大きな声を出す=飼い主さんが喜んでいると勘違いするチワワもいるほどです。だからこそ、失敗をしたときには、黙って掃除をして「正しい場所に一度連れて行き、「おしっこはここでしようね」と教え込みます。

間違って排尿した場所には消臭剤を使って臭いを消すという作業は怠らないでください。とにかく臭いのあるところでおしっこをしたがるのは犬の習性です。まずは自分のトイレがどこにあるのか?を認識させることが一番なのです。小型犬の場合には、室内でトイレを設置することがほぼ定番になっています。ですので、時間が多少かかっても覚えるまでは根気よく向き合ってください。

まとめ

トイレトレーニングの失敗は、飼い主さんの琴線に触れることです。おおらかな気持ちで接するべきところ、小さなチワワに対しても本気で怒ってしまう場合もあります。そんな自分を少し沈めて、また次の機会のチャレンジという考え方を持ってください。そうすることで遅くとも1歳半程度になれば、幾分成功率も上がってくるはずです。それまでは待ってあげましょう。飼い主さんができることは、トイレの場所を性格に覚えさせることと、汚れた場所を無言で掃除をすることです。まずはそこを見直して何度でもチャレンジしてみてください。