チワワが食物アレルギーにならないように飼い主が出来る事

チワワのような小型犬には食物アレルギーが多いことをご存じでしょうか?子犬の時期には、犬用のフードを選ぶときに、そこまで配慮をせずに勧められたものをそのまま食べさせるというパターンは多いはずです。実際には、それはアレルギーを起こしてしまう原因にも繋がるのです。今回はチワワが食物アレルギーにならないようにするためにできる飼い主さんの知識をまとめてみました。

チワワは食物アレルギーになりやすい犬種?

チワワに限らずに食物アレルギーというのはどの犬種にも起きるものです。その中でも比較的、チワワが多いということです。国産のペットフードを食べていてもある日突然、皮膚の痒みや目の充血などが出てしまう場合もあります。最初はアレルギーであることに気づかずに、そのまま放置することで治療のタイミングが遅れてしまうと、悪化の一途をたどります。できる限り、早期発見、検査、治療が必要です。

食物アレルギーが起きてしますと皮膚の痒みが強くなってしまいます。そしてフケが多くなりチワワの様子が変ってしまいます。これに気づいてあげられるのは飼い主さんだけです。ひどい場合には痒い部分を噛んでしまい、患部をひどい状態にしてしまう場合があります。食物アレルギーとは、根が深いもので何かがアレルギーを起こすのかを把握しない限り、除去することも困難です。まずは。疑わしい食材を除去していくほかありません。

食物アレルギーにならないように飼い主が出来る事

食物アレルギーを起こさないようにする予防策はまずは、低アレルゲンのドッドッグフードに切り替えるなどの方法です。犬のアレルギーに悩む方が増えていますので、最近はドッグフードの会社も、アレルギー対策を万全にして対応するようになっています。食品添加物というのは、人間の体にも悪影響を与えるように、体の小さいチワワに与える影響も大きいのです。天然素材やヒューマングレードの食材のみを使ったドッグフードを選ぶなど、配慮が必要です。

まずは「低アレルゲン」フードという表示のあるものを試すことをお勧めします。すべてのチワワに食物アレルギーがあるとは限りません。ただ添加物やアレルゲンになる食材が体内に溜まってしまうことで、アレルギーを発症しやすいという考え方です。それならば最初からそれを避けられるように配慮することが賢明です。アレルギー対策はお迎えした時点から考えることが一番良いでしょう。今食べているドッグフードから、他のものに変えた途端に、アレルギー症状がでてしまうという場合もあります。その逆もあり得るのです。まずは原材料をよく観察して、アレルギーが起きるかどうかを判断するべきでしょう。

チワワの食物アレルギー予防には手作りがいい?

必ず手作り食だからよいというわけではありません。アレルギーを起こしやすい肉の種類というものがあります。原材料から見直しておくべきでしょう。例えば牛肉、豚肉、鶏肉のいずれかにアレルギーがある場合には、手作り食でも同じようにアレルギーが起きてしまいます。ここで肝心なのは飼い主さんが、愛犬にとってマイナス要因になる食材は何かを知るということです。これには動物病院での血液検査しか手立てはありません。長い目で見るとチワワを健康育てる上で、アレルゲンを限定しておくことは有益なことだと言えます。

もしも、使用している食材の中にアレルゲンがある場合には、他の主原材料に差し替えるなど、飼い主さんの采配で対応することができます。手作り食は手間がかかりますが、その犬に対応してオーダーメイドのご飯を提供できるという点でも、メリットは大きいのです。アレルギーが出にくい食材を飼い主さんが知っておくことで即座に対応可能です。

国産の餌なら食物アレルギーにならない?

国産のドッグフードの場合には、添加物がない分すぐに消費者に届ける必要性があります。添加物が入っているドッグフードは、長持ちはしますが、アレルギーになる可能性は大です。それを考え合わせると、国産のドッグフードの安全性を再度見直してしまうというわけです。それでも、アレルギーが起きるときには、成分の中にアレルゲンが潜んでいる可能性が高いと考えても過言ではありません。

チワワの食物アレルギー予防に効果的な餌

チワワのように食べる量が少ない犬種でも食物アレルギーを起こしてしまいます。発症リスクを抑えるためにできることは、アレルギーの原因になるものを食べないようにすることが一番の方法です。まずはどのようにドッグフードを選べば良いのか?と迷うところです。ここでは次の点に気を付けて選んでみることをおすすめします。

食物アレルギーを起こしにくい食材を使ったドッグフードを選ぶこと

そもそも、食物アレルギーとはその対象の食べ物に含まれるたんぱく質の過剰摂取が原因となります。チワワの免疫システムの中でその「異物」と判断されたアレルゲンが反応すると、免疫システムに狂いが生じてしまうのです。そこで、皮膚炎などが起きてしまい、表立った症状に進むのです。例えば2種類以上のたんぱく源を含んでいるドッグフードの場合、アレルギー反応が出たとしても、どちらが原因なのかを図り知れません。そこが問題です。

できるだけ1種類のたんぱく源を

食物アレルギーを断定するためにも、ドッグフードを選ぶときに、たんぱく質は種類のものを意識的に選ぶと良いでしょう。そうすることで、もしも、アレルギー症状が出た場合でも、食材を限定できるからです。また同時にグルテン不使用のものを選ぶことも重要ポイントです。穀物不使用のものを選ぶとグルテンフリーのドッグフードを選ぶことにつながっていきます。

1位:アランズナチュラルドッグフード


チワワに安心してドッグフードを与えるために厳選された無添加の食材を使って作られているのが、こちらのフードです。フードの参加を防ぐためにはハーブを使っています。そして熱に弱いビタミン類を破壊しないように配慮した製法を用いていますので、安心して与えることができるのです。脂肪分には、オメガ3とオメガ6が含まれています。アレルギー対策として選ぶドッグフードとして相応しいものですので、多くの愛犬家が利用しています。

2位:モグワン


モグワンはイギリス産のアレルギー対応のドッグフードです。アレルギーを起こす原因の一つとして、食べたものを消化できないことが一つの要因になるのです。モグワンは消化にもよくアレルギーを発症しにくいという特徴のあるドッグフードなのです。

3位:ナチュロル


一度の食事の量が少ないチワワにとって、高濃度の安定持続型ビタミンCが配合されているドッグフードは嬉しい限りです。なかなかビタミンCを多く配合しているドッグフードは見当たりません。そこに特化しているドッグフードということで、ナチュロは、見直されているわけです。免疫力を上げるという意味でも、効果の高いものです。

4位:ネルソンズ


生後7か月以降のチワワならば食べることができるドッグフードです。しっかりと噛み砕くことができるチワワにはとても良いドッグフードと言えます。ネルソンズはグレインフリーでチキンの生肉をメインの食材として使用していますので、健康リスクを下げる意味でも選びたいドッグフードの一つです。

5位:馬肉自然づくり


アレルギーが出にくいと言われている馬肉自然づくりは、安心してチワワに与えられるドッグフードです。他の食材にアレルギーが考えられる場合には、馬肉という選択肢もあります。新鮮で良質な食材をメイン素材に使っていますので安心感の上でも、チワワにお勧めのドッグフーです。

まとめ

ドッグフードを食べて、下痢を起こす場合や皮膚炎が起きてしまうことがあります。まずは食べて数日間は、チワワの健康状態を細かくチェックしておく必要があります。
アレルギーというのは突然起きてしまうものです。それには必ず原因物質が存在します。あまりにもその症状が酷い場合には、血液検査をしてアレルギー物質を特定することから始めましょう。そうすることでより健康的なチワワを育てることが可能になります。飼い主さんとして誤った選択をしないように心がけることも必要です。