ダックスフンドがかかりやすい病気|症状や治療方法

愛犬は家族です。家族にはずっと健康で長生きしてほしい、そう思うのはもちろんのことですよね。でも犬には人間と違った身体的特徴もあるので、そこからかかりやすい病気がありますし、また人間同様に、老化と共に発症しやすくなる病気もあるのです。
そこで、今回は「ダックスフンドがかりやすい病気」をまとめてみました。

外耳炎

垂れ耳のダックスは、どうしても蒸れやすく、汚れが溜まりやすい耳の構造になっています。そのため、鼓膜より外側の外耳に炎症が起こりやすくなってしまうのです。
 
外耳炎になった場合、赤く腫れる、熱っぽさを感じる等の症状が見られ、犬も違和感や痛みからか、耳を掻いたり、頭をふったりこすりつけたりします。また匂いもきつく感じるので、このような場合はすぐに病院に行くようにしましょう。

外耳炎にならないようにするために、1番大切なことは「耳を清潔に保つこと」です。耳垢が溜まっていたり、耳が汚れたまま放置していたりすると外耳炎になりやすくなってしまいます。さらに最悪のパターンとして、中耳炎や内耳炎に進行してしまいます。

しかし、ただ適当に耳掃除をしたらいいわけではありません。医師に志田応してもらうなどして、正しい耳掃除を行ってください。そうでなければ、汚れが取れないだけでなく、耳を傷つけてしまう恐れがありますので、注意しましょう。

椎間板ヘルニア

ミニチュアダックスの病気で、最も多く、そして最も注意しなければならないものがこの「椎間板ヘルニア」です。

これは、椎間板物質が飛び出てしまうことで、神経を圧迫してしまい、嫌味が出たり、ひどくなると麻痺が起きたりする病気です。

ミニチュアダックスは、見ての通り「胴長短足」です。ファンとしてはそこがまた可愛いところなのですが、腰に負担がかかりやすい体型なのです。さらに生まれつき椎間板組織が弱い体質も重なり、この病気になりやすいのです。

このように、ミニチュアダックスは元来、椎間板ヘルニアになりやすい先天的な要素を持っていますので、病気の予防は難しいと言われています。

しかし、飼い主としてこの病気についてよく知ることで、早期発見ができ、良い結果に結びつくことも考えられます。ですから予防は難しくとも、これからお伝えすることに注意することで、発症を遅らせたり、また重度化を避けたりすることは可能だと思います。

1つ目は、無理な運動はさせないことです。特に腰に負担がかかる運動や立たせることは避けるべきです。うちの犬の場合、嬉しくてジャンプすることがありますが、極力させないようにしています。

2つ目は、肥満にさせないようにすることです。かわいい目で見つめられるとついおやつを与えすぎてしまうことがどなたでもあるかと思いますが、愛犬の体重管理には気を付けるべきです。そういう私も愛犬の体重が増えてしまい、餌の量を調整してダイエットに取り組んだ経験があります。ミニチュアダックスの場合は、運動で減量はあまり期待できず、餌の量でしか体重管理ができないと獣医師に指導されました。こうならないためにも、日ごろから気を付けてほしいです。

3つ目は、住環境です。滑りやすいフローリングの床は足腰を痛めやすい要因となります。タイルマットを敷くなどして、滑り止めとクッション性の確保はしてあげたほうがいいでしょう。

4つ目は、抱っこの仕方です。ポイントは、抱っこされているときに、ミニチュアダックスの胴体が床と平行になっているかどうかです。両手を使って正しい抱き方をするように心がけましょう。またソファに飼い主が座り、犬を膝に乗せることもあるかと思います。その際に犬が飛び降りないように注意しましょう。飼い主が下ろすことを犬の為にやってあげた方が犬の負担の緩和になります。

椎間板ヘルニアは、ミニチュアダックスの宿命とも思える病気です。治療法や対処法よりも、まずは予防策をしっかりとして、犬に苦痛を与えないように心がけてほしいです。

白内障

白内障は高齢者中心に人間でもよく耳にする病気ですが、犬も老化と共にかかる病気です。一般的には6歳ごろから発症しやすくなるといわれています。

この病気は、眼球の中の水晶体が白濁してしまい、視力が低下してしまいます。それ以外にも、移転的な問題を抱えていて発症することもあります。また、何らかの事故の後遺症的なことや、別の病気から白内障がおこることもあります。場合によっては2歳ごろから発症することもあるので、飼い主のチェックが必要となります。

犬の眼球が白濁してきたと感じたときは、もうかなり進行している場合が多いです。「あれ?」と思ったときにはもうほとんど見えていないこともありえます。飼い主が常にチェックして、できるだけ早く気づいてあげましょう。そしておかしいなと思ったときはすぐに病院を受診してください。

簡単なチェックリストです。あてはまることがあれば、受診をおすすめします。

・床に置いてある物や家具類によくぶつかるようになった
・少しの段差でつまずいたり転んだりする
・まっすぐあることができていない
・犬の目をよく見てみると、奥の方が白濁している

白内障になったときは、点眼薬での治療が中心となります。治すということよりは進行を遅らせることがメインになります。治療開始時期が早ければ早いほど、効果が出ると言われていますので、早期発見、早期受診できるように心がけましょう。

場合によっては、水晶体を切り取り、人口レンズを入れる手術も行われるようです。いずれにせよ、日々生活する中で、おかしいと思ったら、いち早く医師の診断を仰ぎ、治療を始めることが大切です。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

クッシング症候群は、別名「副腎皮質機能亢進症」とも呼ばれ、内分泌・ホルモンの病気です。代謝の変化や免疫力・筋力の低下等、様々な症状を引き起こし、その病態は一通りではなく複雑と言われています。

この病気は5~7歳以上のすべての犬種で発症する可能性があると言われていて、ミニチュアダックスも例外ではなく、むしろ発症事例が多いとされています。

この病気の主症状としては、以下のものがあげられます。

・水をたくさん飲む
・餌をたくさん食べる
・おしっこの回数や量が増える
・お腹が膨れる
・毛つやが悪くなる
・胴体部で左右対称に脱毛する
・筋肉が萎縮する
・甲状腺機能低下症の併発
・糖尿病の併発

この病気は飼い主の努力だけでは、解決は難しそうですが、早期発見することで、コントロールがしやすい病気ともいわれています。主症状が見られ、気になった場合は、すぐに受診することが大切です。

皮膚病

日々、犬の体を撫でていたり、ブラッシングをしたりしていると、犬の皮膚に異常を見つけることがあります。ブツブツや赤い腫れもの、フケ、脱毛など、おかしいなと感じたら皮膚病にかかっているかもしれません。

そこでミニチュアがよくかかる3つの皮膚炎について触れたいと思います。

膿皮(のうひ)症

膿皮症は、表面性膿皮症(膿痂疹)、浅在性膿皮症、深在性膿皮症に分けられます。
初期は皮膚にブツブツが見られる症状ですが、深在性まで進むと、全身に影響が出てきて、治るまでに時間もかかります。

原因としては、湿気や汚れ、かきむしり等によって、細菌が繁殖し、小さな傷口から入っていくことがあげられますが、まだよくわかっていない部分もたくさんあるようです。

治療としては抗生物質を飲ませることが一般的だと言われています。治療で治っても、この病気の怖いところは繰り返して発症するケースが多いという傾向があることです。治ったからといって、もう安心とは言えないところは注意しなければなりません。

予防としては、汚れやすい下腹部、口周り、陰部は常に清潔にしておくことです。ブラッシングをしてあげて、皮膚の風通しや血行をよくしておきましょう。また雨の日やシャンプー後は、きちんと乾かして、蒸れないようにすることが大切です。

マラセチア性皮膚炎

マラセチアとは、簡単に言うとカビの一種です。皮膚の脂質を栄養源としています。このマラセチアが異常に繁殖することで皮膚炎を起こすのです。

症状としては、脇の下や内股、肛門周辺に。強いかゆみや色素沈着、赤くなる、べたつき、脱毛。独特のにおいなどがあり、バターのようなべたべたした垢やフケが見られ、赤く腫れることもあります。また外耳道にできると、悪臭と茶色の耳垢が溜まり、触ると嫌がり、攻撃的になることもあるようです。

こうした症状が出ると、自分で掻かないように、エリザベスカーラーをつけての生活となり、犬にとっても辛い時間を過ごすことになるので、日ごろから注意してかかわることが大切です。

治療としては、飲み薬、塗り薬と並行して、薬用シャンプーを使うことが一般的です。

アレルギー性皮膚炎

犬でも、花粉やハウスダストが原因となり、アレルギーの症状が皮膚に現れる場合もあります。春先にくしゃみをよくするなあと感じ、受診したところ、診断されることはそう珍しいことではないと言われています。犬も人間と同じで、アレルギー体質を持っている場合があると考えてください。

気を付けることとして、当然アレルギー物質と接触しないように、環境改善をする必要があります。また乾燥や花粉の除去は、湿度管理と空気清浄機で対処することができます。ミニチュアダックスが生活するのに適正な湿度は40~60%と言われ、人間とほぼ同じです。人間にとっても快適なので、ぜひ管理をしっかりしてほしいです。

まとめ

今回はミニチュアダックスがよくかかるについてまとめてみました。

いずれにも共通することは、ブラシイング、グルーミング、スキンシップの時に、犬の状態をくまなくチェックすることです。環境改善や湿度管理、皮膚のチェック等をしっかり行い、異常があればすぐに受診するようにしてください。

これからも、楽しく犬との生活を送ってくださいね。