シェパードの食物アレルギーの予防や改善におすすめの餌

ジャーマンシェパードはアレルギーになりやすい犬種です。食物アレルギーは痒みが伴うだけではなく、嘔吐や下痢の原因にもなり、ジャーマンシェパードにとっても不快な病気です。ここではジャーマンシェパードの食物アレルギーについて詳しく解説していきます。

シェパードは食物アレルギーになりやすい犬種?

ジャーマンシェパードは様々な病気になりやすい犬種です。そしてそれらの病気には食物アレルギーも含まれます。ジャーマンシェパードが皮膚のかゆみや赤みがともなう食物アレルギーを発症し、悩んでいる飼い主は決して少なくはありません。

犬の餌には様々な食材が使われており、食物アレルギーの原因を突き止めるのは時間がかかり、非常に困難です。さらに、犬の餌の主要原料にアレルギー反応を示してしまうと、自分のジャーマンシェパードに合ったドッグフードを見つけるのはとても困難になります。さらに、食物アレルギーは他の皮膚の病気に症状がよく似ており、獣医に診断してもらう必要があります。

シェパードが食物アレルギーになるとどんな症状が出るの?

ジャーマンシェパードが食物アレルギーになると様々な症状が出ます。しかし主な症状は痒みです。食物アレルギーを発症すると全身が痒くなる犬もいれば、脚や耳だけに痒みが生じる犬もおり、症状は犬によって異なります。また、皮膚に炎症が起きて毛が抜けるという症状を見せる犬もたくさんいます。

深刻な食物アレルギーだと嘔吐や下痢の原因にもなり、悪臭の原因になってしまうかもしれません。

犬の食物アレルギーの症状は様々であり、他の深刻な病気と症状と似ているため、必ず動物病院へ行くようにしてください。

シェパードが食物アレルギーにならない為に

ジャーマンシェパードが食物アレルギーにならないためには、アレルギーとなりやすい食材を避ける必要があります。アレルギー源になりやすい食物が含まれているドッグフードは避け、アレルギーになりにくい食材を主原料にしたドッグフードを与えてください。また、新鮮な質の高い原材料を使用していることを確認するようにしてください。

どんな食べ物がアレルギーになりやすいの?

食物アレルギーになりやすい食材としてよく知られているのは牛肉、豚肉、乳製品、大豆、卵、大麦、チキンなどです。また、大豆や大麦だけに限らず、トウモロコシや小麦などの穀物もアレルギー源になりやすいため、注意が必要です。

これらの食材はドッグフードの主原料として使用されることが多いため、完全に避けるのは困難かもしれません。しかし、ジャーマンシェパードの様子を見ながら餌を調整していくのはとても大切です。

食物アレルギー予防におすすめの餌5選!!

ここでは食物アレルギー予防にオススメの餌を5つ紹介していきます。ここで初回する餌はアレルギー源になりやすい原材料を使用しておらず、必要以上の穀物も使用していません。自分と自分のジャーマンシェパードに合ったドッグフードを探してみてください。

1位:カナガン


カナガンは動物性タンパク質が豊富に含まれた高級ドッグフードです。また、犬のアレルギーの原因になる穀物が含まれていないため、食物アレルギーになりやすいジャーマンシェパードにもオススメのドッグフードです。さらに、犬の食物アレルギーになりにくいチキンが使用されているため、食物アレルギーをジャーマンシェパードが発症するリスクを軽減することができます。

カナガンは犬が本来、必要とする栄養素を含んでいるため、ジャーマンシェパードの健康を維持するのにも適したドッグフードです。タンパク質がたくさん入っているので、たくさんのエネルギーが得られ、活発な生活ができます。

2位:アランズナチュラルドッグフード


アランズナチュラルドッグフードはイギリス原産のドッグフードです。犬の自然給与の考え方をもとに作られており、栄養バランスの良いドッグフードになっております。また、穀物、野菜、ハーブを適切に調理して使用しているので、ジャーマンシェパードが消化不良を起こす心配をする必要がありません。

アランズナチュラルドッグフードは栄養バランスがいいだけではなく、食物アレルギーのなりやすい食材を一切使用していません。アランズナチュラルフードは小麦、大豆、乳製品、とうもろこし、牛肉、豚肉は使用しておらず、アレルギー源になりにくいドッグフードです。アランズナチュラルドッグフードでジャーマンシェパードの食物アレルギーが解消したというレビューは数多くあります。そのため、食物アレルギーで悩んでいるジャーマンシェパードにおすすめです。

3位:ディリースタイル


ディリースタイルは獣医師の立場から作られたプレミアムドッグフードです。犬の野生の状態を考慮して作られており、ジャーマンシェパードにとってもバランスの良い餌です。さらに保存料、着色料、香料などの添加物を一切使用しておらず、飼い主も安心してジャーマンシェパードに与えることができます。

ディリースタイルはアレルギーが発症しにくいと言われている鹿肉が使用されており、ジャーマンシェパードが食物アレルギーを発症するリスクを低くめることができます。現在もさらによいドッグフードであるように、改良がすすめられており、現在でも進化し続けています。

4位:ファインペッツ


ファインペッツはフューマングレードの食材のみで作られた高級ドッグフードです。ファインペッツは犬の食物アレルギーの原因になりやすい穀物を一切しておらず、犬の消化にも優しい作りとなっています。また、犬の食物アレルギー源としてリスクの高い食材である豚肉や牛肉の代わりに、鹿肉、鶏肉、鮭肉を使用しています。そのため、ジャーマンシェパードが食物アレルギーを発症するリスクを大幅に低めることができます。

しかし、犬が食事に慣れるまでに少し時間がかかり、餌を変えてから体が新しい餌に調整するまで、3ヶ月ほどかかるそうです。そのため、すぐにおうかが出ないからと言ってあげるのをやめず、数ヶ月様子を見ながら与えることがすすめられています。

5位:ブッチ


ブッチは動物性タンパク質が92%も含まれており、犬が野生で食べる食材にできるだけ近づけて作られています。また、生肉にできるだけ近づけて作られているため、生肉でしか得られない栄養素も含まれており、メリットがたくさんあります。

ブッチは食物アレルギーの原因になりやすい穀物が一切含まれておらず、ジャーマンシェパードが食物アレルギーを発症するリスクを低めることができます。さらに穀物が入っていると消化もしにくく、胃の大きな負担になってしまいます。ブッチはこれを予防することができるのも魅力です。

ブッチは犬が自然で食べる食材に作られているため、食物アレルギーやその他の健康問題の対策として有効な餌です。犬の皮膚の問題がブッチをあげるとなくなったというレビューは数多くあります。ドライフードではどうしても食物アレルギーがでてしまうジャーマンシェパードに一度与えてみるといいかもしれません。

シェパードが食物アレルギーになってしまったら?

ジャーマンシェパードが食物アレルギーの症状を見せたら、自分で決めずに、必ず動物病院へ連れていくようにしてください。さらに深刻な病気を食物アレルギーと思い、そのままにしておくと大変です。

ジャーマンシェパードの食物アレルギーの度合いにより、獣医が最も適切な対処法を教えてくれます。必ず獣医に従い、不安な場合は別の獣医にセカンドオピニオンをもらいにいくようにしてください。

まとめ

ジャーマンシェパードの食物アレルギーについて少しは知ってもらうことができたでしょうか?書屋持つアレルギーはジャーマンシェパードにとってとてもつらい病気です。できる限りのことをして食物アレルギーを予防してください。また、ジャーマンシェパードが食物アレルギーになってしまっても焦らず、できるだけ早めに獣医に連れていくようにしてください。