シェパードの毛がパサパサの原因・改善方法|おすすめの餌もご紹介

ジャーマンシェパードは通常は光沢があり、美しい毛です。しかし、ケアが行き届いていなかったり、餌の質が悪かったりすると、毛の質が悪くなってしまうかもしれません。ここでは毛のパサパサ対策に向いている餌を紹介していきます。

シェパードのパサパサの原因は?

ジャーマンシェパードの毛はきちんと手入れをしないと、パサパサになってしまうことがあります。パサパサだと見栄えが良くないだけではなく、触り心地も悪くなります。また、毛がパサパサしていると抜け毛の処理が大変になり、意外と多くの問題が発生してしまいす。ここではジャーマンシェパードの毛がパサパサになる原因と対策を紹介していきます。また、パサパサの毛の悩みを助けるドッグフードも紹介していきます。

シェパードの毛艶が悪くなる原因

ジャーマンシェパードの毛艶が悪くなる原因はいくつかあります。最も一般的な原因はジャーマンシェパードが食べているフードです。栄養バランスがきちんと整っていないフードを食べていると、美しい毛艶を保つための栄養を摂取することはできません。そのため、脂分が欠乏し、毛はパサパサになり、毛艶が悪くなってしまいまします。

もう一つの原因が使っているブラシです。抜け毛対策専用のブラシを使っているのであれば、そのブラシが脂分を取り除き、毛をパサパサにする原因になっているかもしれません。また、そのような抜け毛対策ブラシは、ジャーマンシェパードの毛の脂分を取り除くだけでハンク、毛切れの原因にもなってしまいます。毛切れもパサパサとした原因になり、触り心地がチクチクとした毛にしてしまいます。

ジャーマンシェパードはアレルギー体質なので、毛艶が悪い場合はアレルギーや乾燥肌が原因になっている場合もあります。フードやブラシの種類を変えても毛並みが悪い場合は、一度動物病院へ行くことをお勧めします。もしかする悪い毛艶には深刻な原因があるかもしれません。獣医師の多くは、毛は動物の健康状態を表すと言うほどです。

シェパードの毛艶を改善する方法

ジャーマンシェパードの毛艶を改善するには、まずドッグフードを変えることをお勧めします。残念ながら全てのドッグフードが良い質のものとは限りません。中には質の悪い食材を原材料としているドッグフードもあります。また、原材料の質が良くても栄養バランスが偏り、ジャーマンシェパードに向いていないドッグフードもあります。栄養バランスに偏りがある‘ドッグフードや素材の悪いドッグフードは毛艶を悪くしてしまいます。それだけではなく、長期間に渡ってそのようなドッグフードを与えていると、他の健康問題につながる恐れもあります。

シェパードの毛艶にはタンパク質が大切

ドッグフードの多くはコストを削減するために穀物を主原料としています。しかし、肉食系雑食の犬は穀物よりもタンパク質を必要としています。穀物が主原料だと、エネルギー不足、口臭、抜け毛などの様々な問題が生じ明日。しかし、適切な量のタンパク質が含まれたドッグフードを与えると、このような問題の多くが解決されると報告されています。

シェパード毛艶改善におすすめの餌5選!!

ここではジャーマンシェパードの毛艶改善にオススメのドッグフードを紹介していきます。ジャーマンシェパードの毛艶改善にタンパク質が主原料で、原材料の質がいいドッグフードが必要です。

1位:モグワン

モグワンは犬の食いつきと安全性を重視したドッグフードです。モグワンは動物性タンパク質を主原料としたドッグフードです。新鮮なチキンの生肉と、生サーモンを使用しており、ドッグフードの50%が動物性タンパク質となっています。さらに、添加物と穀物も一切入っていません。また、毛艶改善効果があることで知られているココナッツオイルやサーモンも含まれており、毛艶改善の改善を期待することができます。また、ジャーマンシェパードの健康に生活するのに必要な栄養素が全て含まれており、ジャーマンシェパードに安心して与えられるドッグフードです。

モグワンは「食いつきがいい!」「毛並みが良くなった」「自然の香りがする。」などと人気があります。偏食気味のジャーマンシェパードもモグワンは食べるかもしれません。

2位:カナガン

カナガンはイギリスで大人気の高級ドッグフードです。犬に本来、必要とする栄養バランスを保つことが重視されており、ジャーマンシェパードの健康状態を維持するのに適したドッグフードです。穀物は一切使用されておらず、ジャーマンシェパードの胃に負担をかける心配をする必要がありません。

カナガンは60%が動物性タンパク質でできており、毛艶をよくする効果もあります。カナガンを愛犬に与えると毛並みがよくなったという評判がたくさんあり、ジャーマンシェパードの毛艶で悩んでいる飼い主にオススメです。

3位:ネルソンズ

ネルソンズはイギリスのトップブリーダーによって作られたドッグフードです。遺伝子組み換え食品は使用されていなく、高品質のドッグフードとして人気を誇っています。また、穀物が使用されていないため、ジャーマンシェパードにとって消化もしやすく、皮膚の問題を防ぐこともできます。健康な皮膚を維持することで、美しい毛艶が期待できます。

さらに、ネルソンズには毛艶を良くすることで知られている、海藻やサーモンオイルが使用されています。そのため、ジャーマンシェパードの毛艶の改善も期待できます。ネルソンズは「毛艶が良くなった!」というレビューが数多くあり、一度試してみるといいかもしれません。

4位:UMAKA-美味華-うまか

UMAKAは日本原産のドッグフードです。UMAKAは不必要な穀物が含まれていないため、アレルギーが原因で怪我パサパサになる可能性を低くすることができます。また、無添加のドッグフードであるため、飼い主も安心してジャーマンシェパードに与えることができます。

UMAKAは人間でも食べられる質の高い原材料を使用しており、飼い主も食べることができます。新鮮で質の高い食材を使っているからこそ、高い水準を保つことができています。UMAKAは他の犬の餌と比べて、オイルなどが使われていません、高い質の原材料が質の高い毛を保つことができます。

5位:馬肉自然づくり

馬肉自然づくりは日本原産のドッグフードです。馬刺しが主原料と使用されており、アレルギーによる毛のパサパサを防ぐことができます。また、人が食べられる素材が使用されているのに加え、添加物や保存料は一切使用されていないので安心です。

馬肉自然づくりはカナダで育った馬を原材料として使用しており、ジャーマンシェパードに理想の栄養バランスを実現しています。また、犬がよく食べ、毛並みが良くなったというレビューも数多くあります。そのため、毛のいの悪いジャーマンシェパードにあげてみるのもいいアイディアです。

シェパードの毛艶を保つ秘訣

ジャーマンシェパードの毛艶を保つには、栄養バランスが取れた餌が欠かせません。しかし、サプリメントなどを毎日の食事に加えることで、さらに美しい毛艶を保つことができます。オリーブオイル、ココナッツオイル、サーモンオイルは犬の毛艶をよくすることで知られています。また、多くの訓練所では犬の毛艶を良くするために犬の餌に生卵を加えることもあります。ジャーマンシェパードの毛艶が気になっている人はぜひ試してみてください。

まとめ

ブラシやシャンプーなどの毛のケアは、毛艶を保つのに不可欠です。しかしさらに大切なのはジャーマンシェパードに適切な餌を選ぶということです。毛の質は見た目に影響を及ぶすだけではなく、健康を反映していると言われています。ジャーマンシェパードの毛質を維持することで、ジャーマンシェパードの健康を守ることにもつながります。毛艶を軽くみず、深刻に向き合うようにしてください。そして自分のジャーマンシェパードに合う餌を探してください。