ジャーマンシェパードの換毛期やトリミングは?毛並みについて

ジャーマンシェパードを飼ったことがない人はジャーマンシェパードを触ったことがないと思います。そのため、ジャーマンシェパードの毛の触りご心地や、長さに疑問がある人も多いのではないでしょうか?また、ジャーマンシェパードを飼っている人も抜け毛や毛並みについての悩みはたくさんあると思います。ここではジャーマンシェパードの毛並みについて詳しく説明していきます。

ジャーマンシェパードには換毛期はある?

ジャーマンシェパードはダブルコートの犬種です。オーバーコートという硬めの毛の下に、柔らかいアンダーコートがあります。そのため、ジャーマンシェパードにはアンダーコートが生え変わる換毛期が年に2回あります。暑い夏や寒い冬に備えるためです。一般的には春先に一回と秋に一回ですが、住んでいる地方の気候によって多少は変わるかもしれません。

ジャーマンシェパードは換毛期に大量の毛が抜けます。しかし、換毛期があるからといってその時期以外は毛が抜けないというわけではありません。ジャーマンシェパードは基本的に1年中毛が抜け続けます。もともと室内で飼うためにつくられた犬種ではないので、愛玩犬種などと比べると抜け毛の処理が大変かもしれません。

ジャーマンシェパードはトリミング必要?

ジャーマンシェパードは換毛期があり、毛が生え変わります。しかし、ジャーマンシェパードの毛が長く伸びることはありません。そのため、トリミングをする必要はありません。逆にトリミングをしてジャーマンシェパードの毛を切ったり剃ったりしてしまうと、後々困ってしまうかもしれません。ジャーマンシェパードはプードルのように毛が伸びる犬種でないので、毛が元どおりに生えるのに時間がかかってしまいます。最悪の場合はオーバーコートが正常に機能しなくなり、ジャーマンシェパードが体温調整するのが困難になってしまう恐れがあります。

ジャーマンシェパードの胴体や尾の毛をトリミングしたり、剃ったりする必要はありません。しかし、ジャーマンシェパード肉球の間の毛をトリミングする飼い主はたくさんいます。肉球の毛が伸びてしまうと、滑りやすくなり、ジャーマンシェパードの関節に負担がかかってしまう恐れがあります。肉球の裏の毛を短く保ち、ジャーマンシェパードが快適に歩けるように心がけることはとても大切です。

ジャーマンシェパードの抜け毛対策

ジャーマンシェパードの抜け毛は多くの飼い主にとって大きな悩みです。ジャーマンシェパードの抜け毛を完全になくすことはできませんが、少しの工夫で抜け毛を大幅に減らすことは可能です。ここではジャーマンシェパードの抜け毛対策を紹介していきます。

ジャーマンシェパードをブラッシングする

ジャーマンシェパードをブラッシングするのは抜け毛を軽減するための最も基本的な方法です。ブラッシングは一日10分ほどで十分です。しかし換毛期中は少し長めにブラッシングをする必要があるかもしれません。また、長期間にわたってブラッシングがされていないジャーマンシェパードは死毛がたまり、全て取り除くのに時間がかかってしまうかもしれません。

ジャーマンシェパードのブラッシングにはスリッカーブラシがオススメです。細かい抜け毛を全部取り除くことができます。さらにスリッカーブラシはオーバーコートへの負担が少なく、美しい毛並みを保つことができます。

定期的にシャンプーをする

ジャーマンシェパードを定期的にシャンプーするのはとても大切です。ぬるま湯でジャーマンシェパードを洗うことで、毛穴が緩み、ブラシでは取り除くことのできない死毛を取り除くことができます。さらに徹底的に死毛を取り除きたい人はお風呂を入れた後もブラッシングするのがオススメです。

室内では服を着せる

ブラッシングやシャンプーなど、できることを最大限にしても多少は毛が抜けてしまいます。そのような抜け毛が室内に広がらないように、室内ではジャーマンシェパードに服を着せる飼い主がいます。服を着せることで胴体がカバーされるので、けが抜けても服がキャッチしてくれます。そのため、抜け毛が部屋中に広がるのを防ぐことができます。しかし、服が嫌いなジャーマンシェパードがいるので、全てのジャーマンシェパードには向かないかもしれません。また、ジャーマンシェパードは暑さに弱いので、服をつけすぎて熱中症にならないように注意する必要があります。

抜け毛対策アイテムを活用する

最近では抜け毛を掃除するためのアイテムがたくさんあります。360度のテープがついていてコロコロと地面や服にすることで、抜け毛が取れる掃除具は現在では大人気です。しかし、大量の抜け毛があれば付け替えが大変で、すぐに買い換えなければいけないようになってしまうのがデメリットです。

また、最近は抜け毛をソファやカーペットの家具から取り除くためのブラシもホームセンターで手に入れることができるようになってきました。毛を取り除く専用として作り出されたアイテムなので、見事に毛を取り除くことができます。

ジャーマンシェパードは剛毛なの?

ジャーマンシェパードは剛毛に近いオーバーコートを持っています。ワイアーヘアーほど剛毛ではありませんが、愛玩犬種の多くが持つ柔らかい毛ではありません。ジャーマンシェパードのオーバーコートは硬く、弾力があります。

ジャーマンシェパードのオーバーコートは剛毛ですが、アンダーコートは柔らかくて細い毛が密集しています。しかし、オーバーコートの下にあるので、その柔らかい毛に触れる機会はあまりないかもしれません。

ジャーマンシェパードの毛並みの左右するのは餌?

ジャーマンシェパードの毛並みは餌によって大きく変わります。穀物が多いドッグフードなどだと、毛の輝きがなくなり、もそもそとした毛並みになるかもしれません。また、毛が乾燥し、見栄えのよくない毛並みなってしまう可能性があります。さらに、穀物が多いドッグフードだとアレルギー反応を起こし、皮膚の状態の悪化からさらに毛並みが悪くなる恐れもあります。

生食は毛並みが美しくなることで人気が高くなってきています。しかし生食はバランスの調整が難しく、専門知識のない飼い主が自力で準備するのは困難です。適切に生食のバランスを整えなければ、ジャーマンシェパードは栄養失調になり、深刻な病気につながってしまう恐れがあります。そのため、健康な毛並みと体を保つにはバランスのとれたドッグフードが一番オススメです。

毛並みが良くなるサプリメント

毛並みはサプリメントを食事に少し加えるだけで改善することがあります。警察犬の訓練所などでは生卵を週に一つ食事に加える場合があります。生卵を食事に加えることで、毛がツヤツヤになり、健康な輝きを保つことができるそうです。

毛並みが良くなるサプリメントは生卵の他に、ココナッツオイル、オリーブオイル、フィッシュオイルなどがあります。オイル類は毛並みが良くなるだけではなく、乾燥肌も改善されるので、かゆみで悩んでいるジャーマンシェパードにもオススメのサプリメントです。

まとめ

ジャーマンシェパードの毛並みや抜け毛について少しは知ってもらうことができたでしょうか?ジャーマンシェパードは少し硬い剛毛です。そのため、抜け毛が多いと掃除機などではとれにくく厄介な問題かもしれません。しかし、工夫や試行錯誤を重ねることで抜け毛の問題は改善することができます。自分なりに工夫を加え、抜け毛を減らす努力をしてみてください。