ジャーマンシェパードの暑さ対策!対処法は?

ジャーマンシェパードの暑さ対策は非常に大切です。適切な対策をしないと、熱中症になり、命を失う可能性もあります。ここではジャーマンシェパードの暑さ対策や熱中症の対処法について紹介します。

ジャーマンシェパードの夏事情

ジャーマンシェパードだけに限らず、犬は暑さや湿気にとても弱い動物です。適切な対策なしに暑い環境で長時間過ごすと、夏バテや熱中症になる恐れがあります。熱中症はジャーマンシェパードの命を奪う可能性もある非常に危険な病気です。夏バテや熱中症にならないため、さらに、ジャーマンシェパードが快適に夏を過ごせるようにするために夏の暑さ対策をすることは大切です。

ジャーマンシェパードの日頃の夏対策法

ジャーマンシェパードの暑さ対策は散歩中だけではなく、日頃から行うことが非常に大切です。室外に限らず、室内でもきちんと夏対策をしておかなければ、気温が高くなり、熱中症になる恐れがあります。

ジャーマンシェパードの夏対策で最も基本なのが水を自由に飲めるようにしておくことです。ジャーマンシェパードなどの犬も人間と同じで体の大部分が水でできています。そのために、水を飲まないまま長い時間がたってしまうと脱水症状になる危険性があります。さらに、暑い中で水を飲むことで体温調節がしやすくなり、熱中症対策にもなります。

ジャーマンシェパードの夏対策のもう一つの大切なことが日陰を作るということです。日が当たっている環境は気温が高く、ジャーマンシェパードにとって危険です。ジャーマンシェパードは毛色が黒く、熱を集めやすいので、さらに熱中症のリスクが高いです。さらに、強い日光に長時間当たることはジャーマンシェパードの目の病気の原因にもなり得るので、注意が必要です。

ジャーマンシェパードの夏対策には通気性の良い環境も非常に大切です。通気性が悪い環境は気温の上昇が激しい傾向があります。ジャーマンシェパードが涼しい環境で生活をできるように、通気性の良い環境を整えるのは非常に大切です。

以上がジャーマンシェパードの夏対策の基本中の基本ですが、ちょっとした工夫でジャーマンシェパードの生活をさらに快適にすることが可能です。室内でジャーマンシェパードを飼育している人はエアコンなどを利用することができます。室外でジャーマンシェパードを飼っている人は子供用の小さなプールを準備し、置いておくのもいいアイディアです。室内や野外に限らず、ケージに濡れたタオルを入れておくとジャーマンシェパードも喜ぶかもしれません。

ジャーマンシェパードは毛を剃った方が涼しいの?

ジャーマンシェパードはダブルコートで毛が密集しています。そのため、毛を短く剃ってあげたほうが涼しいのではないかと考える飼い主もたくさんいると思います。しかしこれは間違いです。ダブルコートは毛が2層になっており、すごく暑そうですが、実は通気性に優れています。毛を中途半端に剃ってしまうと、通気性の効果が落ち、毛に熱がこもってしまうようになります。これは涼しくなるどころか、逆にもっと暑くなってしまいます。また、ダブルコートの犬はシングルコートの犬と違い、一度毛を剃ってしまうと同じように生えてこなくなる恐れもあります。絶対にジャーマンシェパードの毛を剃らないようにしてください。

ジャーマンシェパードの夏の散歩で注意することは?

ジャーマンシェパードの夏の散歩での注意点はたくさんあります。まず、頭に入れておく必要があるのがアスファルトの表面温度です。アスファルトは夏の間は非常に高熱で、日中は60度近くにも上がります。アスファルトがこのように高熱な状態だとジャーマンシェパードの硬い肉球も火傷してしまう恐れがあります。ジャーマンシェパードが肉球を火傷してしまうと、肉球の皮が剥がれ、痛みが伴います。これを防止するために、ジャーマンシェパードを夏に散歩に連れていく場合は必ず手でコンクリートを触り、熱すぎないかを確認してください。暑い時間にジャーマンシェパードと外出する必要がある場合は犬用のブーツを必ず履かせるようにしてください。

さらにジャーマンシェパードは人間よりも体高が低いので、アスファルトの熱が体に伝わりやすい傾向があります。人間にとってあまり暑くなくても、アスファルトの近くを歩いているジャーマンシェパードにとっては非常に暑い可能性があります。ジャーマンシェパードと特に暑い時間を散歩しなければいけない場合はクーリングベストなどを使用するのがオススメです。

ジャーマンシェパードの散歩中の水分補給も忘れないようにする必要があります。こまめに休憩をとり、ジャーマンシェパードに水をあげるようにしてください。

ここではいくつかジャーマンシェパードの散歩中の注意や対策法を紹介しました。しかし、最も大切で効果的なのは涼しい時間に散歩に行くということです。散歩の時間を1時間変えるだけで、気温が大きく変わる場合があります。自分とジャーマンシェパードにとって涼しくて安全な時間に散歩に行くようにしてください。

ジャーマンシェパードが熱中症になってしまったら?

熱中症はジャーマンシェパードの命を奪ってしまう危険性がある、とても恐ろしい病気です。ジャーマンシェパードが熱中症の症状を見せたら緊急処置をし、すぐに動物病院へ連れて行ってください。では、ジャーマンシェパードが熱中症になるとどのような症状を見せるのでしょうか?

熱中症の症状とは

ジャーマンシェパードは熱中症になると激しくパンティング(舌を出してハァハァとする)をし、ヨダレが大量に出ます。また、元気がなくなり動かなくなります。
さらに下痢や嘔吐もし、歯茎の色が変わります。

熱中症の緊急処置

ジャーマンシェパードが熱中症の症状を見せたら、アクエリアスやポカリなどを飲ませることがすすめられています。また、冷たい水などでジャーマンシェパードの体を冷やしておくようにしてください。症状が落ち着いても、内臓にダメージがいき、死に至る危険性があるので必ず動物病院へ連れてってください。

ジャーマンシェパードのおすすめ対策グッズ

ジャーマンシェパードの夏を快適にするものにはたくさんあります。ここではオススメのグッズを紹介します。

・ひんやりパッド
ひんやりパッドは名前の通り、冷たいシーツ見たいなものです。ジャーマンシェパードがその上で寝ることで、快適に休むことができます。

・クーリングコート
クーリングコートはいジャーマンシェパードの全身を冷やすための犬用のコートです。ジェルが入っているものから、水で濡らすものまで、様々な種類のものがあります。

・犬用アイスクリーム
冷たいものを食べるのは体温を下げるのに効果的な方法です。最近では犬用のアイスクリームがスーパーのペットコーナーやペットショップで販売されています。

・犬用ブーツ
ジャーマンシェパードにブーツを履かせることで、肉球の火傷を防止することができます。使い捨てのものから、マジックテープできつく締めるものまで、様々な種類があります。

まとめ

ジャーマンシェパードの暑さ対策について少しは知ってもらうことができたでしょうか?ジャーマンシェパードの暑さ対策は熱中症を予防し、命を守るために非常に重要です。そのため、ジャーマンシェパードに限らず、すべての犬の飼い主が真剣に向き合う必要があります。