シェパードの種類と特徴は?性格は種類によって変化する?

シェパードには有名なジャーマンシェパード以外にたくさんの種類があります。それぞれの種類は名前が同じでも特徴や性格が大きく異なります。ここではシェパードの種類とそれぞれの特徴を紹介します。さらにジャーマンシェパードの性格についてもタイプや性別に分けて詳しく説明してきます。

シェパードの性格はショータイプ・訓練タイプで変わる?

ジャーマンシェパードはよくショータイプと訓練タイプの二つのタイプに分けられます。ショータイプは犬種のスタンダードに容貌をできるだけ近づけて繁殖されたタイプです。逆に訓練タイプは容貌に関係なく、高い訓練能力を目指して繁殖されたタイプです。

ショータイプは訓練タイプよりも穏やかな性格の個体が多く扱いやすいため、初心者に向いています。訓練タイプは長時間の作業に耐えられるように何代も繁殖されているため、ショータイプよりも持久力があり攻撃性も高い個体が多いです。さらに狩本能がショータイプよりも強いため、それをコントロールするためにたくさんのトレーニングが必要となります。

訓練性もタイプによって異なり、訓練タイプの方が高いです。訓練タイプは警察犬などの厳しい訓練にも耐えるため、痛みに強い傾向があります。

共通する性格

ジャーマンシェパードは訓練タイプの方がショータイプに比べて訓練性が高いですが、ショータイプの訓練性が低いというわけではありません。ショータイプと訓練タイプはどちらも非常に頭が良く、従順です。どちらもきちんとしつけさえできれば、素晴らしい家庭犬になります。ジャーマンシェパードは自分の家族が大好きなので、家族と一緒に何かをするのが大好きです。しかし、見知らぬ人には警戒心を見せ、慣れるのに少し時間がかかる個体がいます。

シェパードの性格はオス・メスでも違う?

ジャーマンシェパードの性格はオス・メスでも異なります。オスの方が飼い主に執着し、メスの方が独立している傾向があります。また、オスの方がメスよりも攻撃性が高い傾向がありますが、きちんと訓練していれば問題ありません。

シェパードの種類と特徴をご紹介!

シェパードはジャーマンシェパード以外にもたくさんの種類があります。「シェパード」とは英語で羊飼いという意味であり、牧羊犬種の多くにシェパードという名が付いています。同じ牧羊犬でも、専門とする仕事があり、そのために長年繁殖されてきました。歴史が似ている犬種もあれば、全く異なる犬種もいます。そのため、シェパードとい同じ名が付いていても犬種それぞれの性格や外見は大きく異なります。ここではシェパードに分類される犬種をいくつか紹介します。

ジャーマンシェパード

ジャーマンシェパードはドイツ原産の大型犬です。膨大な数の羊を牧羊するために繁殖され、「生きた柵」というニックネームが付いています。警戒心や防衛能力が高く、番犬としても活躍していました。現在では大規模な羊の移動を行うことが少なくなり、ジャーマンシェパードは牧羊犬として使われることがほとんどなくなりました。しかし、現在は警察犬や麻薬探知犬として世界各国で活躍しています。

オーストラリアンシェパード

オーストラリアンシェパードは名前にオーストラリアとありますが、実はアメリカ原産の中型犬です。オーストラリアンシェパードの毛は長く、様々な毛色があります。性格は明るくて陽気なのが特徴で、そのためペットしての人気が上昇しています。オーストラリアンシェパードは比較的少ない数の羊を管理するために使われてきました。現在でもオーストラリアンシェパードを牧羊犬として訓練している人は多くいます。

ホワイトシェパード

ホワイトシェパードはジャーマンシェパードの白色種です。経路のためにホワイトシェパードはジャーマンシェパードよりもやや大きく、体格も少し異なります。性質や能力はジャーマンシェパードに似ていますが、主に家庭犬として繁殖されているため、穏やかな傾向があります。

ベルジアンシェパード

ベルジアンシェパードはベルギー原産の大型犬です。ベルジアンシェパードは4つのタイプに分かれており、タイプによって外見だけではなく、性格も大きく異なります。

ベルジアングローネンダール

ベルジアングローネンダールは黒い長毛をもつタイプです。グローネンダールは陽気で遊び好きです。美しいいシルエットを持ち、とても筋肉質な体格です。グローネンダールが牧羊犬として使用されていることは減りましましたが、現在はスポーツドッグとして活躍しています。

ベルジアンタービュレン

ベルジアンタービュレンは茶色い長毛を持つタイプです。タービュレンはスタミナがあり、何時間も作業することができます。ベルジアンシェパードタービュレンは家族に対して愛情深く、執着しすぎる個体もいます。しかし、家庭犬としての人気は高く、多くの愛好家がいます。

ベルジアンマリノア

ベルジアンマリノアは茶色い短毛を持つタイプです。マリノアはベルジアンシェパードの4タイプの中で一番多く、様々な作業に使われています。気質は鋭く、繊細でありながら非常に賢いです。ジャーマンシェパードに似ていることで知られていますが、ジャーマンシェパードに比べると衝動的です。また、ジャーマンシェパードに比べて骨細で、細くて素早い動きが得意です。マリノアはジャーマンシェパードと同様、警察犬や麻薬探知犬などとして世界各国で活躍しています。

ベルジアンラケノア

ベルジアンラケノアは茶色い巻き毛を持つタイプです。ラケノアはベルジアンシェパードなかで最も珍しいタイプで、世界中でも頭数が少ないです。家族にはよくなつき、忠実ですが、知らない人には警戒心を見せます。頭数が少ないため、作業をしている姿を見る機会も少ないです。しかし、数年前にドッグダンシング世界大会でラケノアの素晴らしいパフォーマンスが注目を浴びました。

シャイロシェパード

シャイロシェパードは比較的新しい犬種の大型犬です。シャイロシェパードは安定した気質と知能のために繁殖され、大きな個体が好まれます。牧羊犬の競技会などに参加するシャイロシェパードもいるそうですが、実際に牧羊犬として働いている個体は少ないです。現在はコンパニオンドッグとして注目を浴びています。

アナトリアンシェパード

アナトリアンシェパードはトルコ原産の大型犬です。アナトリアンシェパードは羊をまとめるのではなく、羊を狼やその他の危害から守るために作り出された犬種です。そのため、非常に大きく警戒心もとても強い犬種です。その上に噛む力も非常に強いので初心者には向きません。

キングシェパード

キングシェパードはジャーマンシェパードとシャイロシェパードを掛け合わせて作られた超大型犬です。キングシェパードはサイズのために作り出され、他のシェパードと比べると非常に大きいです。キングシェパードは自信に溢れ、安定した気質です。しかし、新しい犬種であるため安定した繁殖はまだ実現できていません。

コーカシアンシェパード

コーカシアンシェパードはコーカシア原産の超大型犬です。コーカシアンシェパードもアナトリアンシェパードと同じく、家畜を防衛するために作り出された犬種です。サイズは非常に大きく、100kgを超える個体もいます。

カルパチアンシェパード

カルパチアンシェパードはルーマニア原産の超大型犬です。羊などを守るための犬種で、警戒心が非常に強いのが特徴です。カルパチアンシェパードは勇敢で主人にとても貢献しています。家畜を守るためならクマとでも戦うことで有名です。

イーストヨーロピアンシェパード

イーストヨーロピアンシェパードはベラルーシ原産の大型犬です。ジャーマンシェパードをベラルーシの気候や自然環境に適合させた犬種であり、牧羊犬や軍用犬として使われています。洞察力が高く、非常に頭が良いことでよく知られています。

カルストシェパード

カルストシェパードはスロベニア原産の大型犬です。家畜を守るための犬種であり、防衛本能が高いのが特徴です。とても忠実で勇敢ですが、防衛本能のために攻撃的になってしまう場合もあります。

サウスロシアンシェパード

サウスロシアンシェパードはウクライナ原産の大型犬です。サウスロシアンシェパードは優秀な牧羊犬と優秀な護畜犬を掛け合わせて作られた犬種です。とても忠実ですが、攻撃性が非常に高いのが特徴です。

まとめ

一言にシェパードと言っても、たくさんの種類があり、その種類によって性格も違ってきます。少しでもシェパードの魅力を知ってもらえたら幸いです。