シーズーはアレルギーになりやすい?かかりやすいアレルギーや対処方をご紹介

シーズーの皮膚の健康維持には、飼い主さんの気配りが必要です。シーズーの皮膚はとにかくデリケートなのです。すぐに目の周りが赤くなってしまうなど、皮膚の弱さには、お迎え当初から気を付けないといけない犬種でもあるのです。

シーズーはアレルギー多いの?

シーズーは他の犬種と比べると皮膚病にかかりやすい傾向があります。これはシーズーの飼い主さんであれば、既に心得ていることではないでしょうか?一般的なアレルギーというよりも犬種の持つ遺伝的な要素が皮膚病を誘引しているようです。例えば、脂漏症という皮膚疾患があります。これは他の犬種よりも、シーズーに好発します。そしてアレルギーが起きやすいという原因にも諸説あります。

例えば、アトピーやアレルギーの症状と言われている皮膚炎についても、様々な原因が絡み合っている可能性もあります。ほとんどの場合には、遺伝的な体質によって起きてしまう脂漏症という診断になります。シーズーを育てる上ではどうしても皮膚疾患を切り離して考えるのは厳しいようです。そこは、飼い主さんとして前向きに捉えて、悪化させないような努力を重ねるほかないのです。

脂漏症の原因はさまざま

遺伝的な体質が脂漏症を引き起こす可能性は否めません。それでも、ただ遺伝だけが原因とも言い切れない場合が多いのです。例えば。アトピー性皮膚炎や、マラセチアが原因になる場合も多々あります。また心因性の脂漏症や植物由来の脂漏症などもあります。

飼い主さんとしては皮膚の状態が悪いときの環境などについても、留意しておいてください。他に何か症状がないのかどうか?という点も観察をするべきなのです。

アレルギーとアトピーの違いは?

皮膚の痒みが強くなると、犬は落ち着きを無くしてしまいます。自分で皮膚を書き壊してしまうほどに激しい痒いとの闘いになってしまいます。飼い主さんとしてはいち早く治療を!という気持ちになるのですが、実際にこの痒みはアレルギー?アトピー?どちらなのでしょうか。ここで確認をしておきたいのが、アトピーとアレルギーを一括りにすることはできないということです。

アトピーとアレルギー

アトピー性皮膚炎は実際に原因が特定できないことが多いのです。動物病院でもアレルギー性皮膚炎は否定できても、原因不明の皮膚の症状を示す犬に対してはアトピー性皮膚炎という診断をします。一方、アレルギーの方は、アレルゲン(原因)が検査などを通して断定できるのです。どちらも犬にとっては、つらい痒みが出てしまいます。治療は長期にわたりますが、アトピー性皮膚炎は、原因を追究できない場合がほとんどです。アトピーは、検査で何が皮膚に炎症を起こしているのかが特定できます。この違いがあるのです。

シーズーがかかりやすいアレルギー・皮膚炎の種類

シーズーの場合には、アトピー性皮膚炎と診断されることが多いのです。原因不明の状態である日、顔の周りやわきの下など、皮膚の薄い部分が赤くなり痒みを伴うようになります。その中でも多いのが外耳炎です。子犬の頃から発症しますので、慢性化してしまうと常に痒みがあるという状態になってしまいます。結局、原因がわからない状態ですので、対処療法に限定されてしまいます

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎の場合には、食物性、接触性などとある原因が特定される皮膚炎です。検査の結果、食べることでアレルギーが出てしまう場合もあります。血液検査をして、どのような物質にアレルギーを持っているのかを判定して除去しながら経過を観察することが治療です。

アトピー性皮膚炎

体中を痒がるような場合には、アトピー性皮膚炎と診断されます。シーズーの場合には痒みも強烈で顔面が赤くなってしまうような場合もあります。アレルギー検査をしても特定の物質がアレルゲンにならない場合には、アトピー性皮膚炎と診断されます。

マラセチア性皮膚炎

マラセチア菌というのはどの犬の皮膚に常在している菌です。シーズーの場合には特に、油分が多めの皮膚を持っています。そのために皮膚の下で増殖を繰り返します。その結果、皮膚の状態をどんどん悪いものにしてしまうのです。シーズーが難治性の皮膚炎を患うとすればほとんどの場合が、マラセチア性皮膚炎と言えます。

これにはシーズーの原産国の気候などが大きく関連していることがわかります。チベット地方が原産国のシーズーは乾燥地帯で繁殖されました。乾燥地帯でも、皮膚が耐えられるように皮膚の下では乾燥して水分を逃がさないようにという働きがあるのです。これによって皮膚に油分が多く分泌されるということが、シーズーの皮膚構造になっているのです。日本は、高温多湿の国ですので乾燥が心配というよりも、皮膚のべたつきの方が懸念されます。そこに、皮膚に油分が多いシーズーが暮らすことでマラセチアという菌の繁殖が行われてしまうのです。

食物性アレルギー

特定の食材を食べることで皮膚炎が悪化する場合には、食物性アレルギーと診断されます。それには血液検査をしっかり行ってください。普段、ドッグフードの材料になっているような肉類に、アレルギーが特定されることもあります。皮膚炎がなかなか治らないという場合には、獣医さんに相談をしたうえで、食物性アレルギーを疑うことも重要です。

ノミアレルギー

ノミアレルギーもシーズーに多い病気です。主にお尻周りに感染することが多く、痒みが強烈なのが特徴です。ダニ予防を必ずきちんと行うことと、散歩中に草むらを避けるなど、飼い主さんとしても注意を払ってください。

接触アレルギー

特定のものがアレルゲンになってしまいます。例えばビニールやプラスチックなどに触れるだけで皮膚炎を発症するような状態です。シーズーの場合にも、お腹周りや内股部分、そしてお尻周りに接触アレルギーは発症しやすいのです。

自己免疫疾患

シーズーには自己免疫疾患としての皮膚病も確認されています。自己免疫が過剰に働くことで、アレルギー性皮膚炎を起こすというパターンです。何かアレルゲンが体内に入ることで、アナフィラキシーショックのように顔が腫れてしまうなどの症状が現われてしまいます。体調不良になると自己免疫疾患を発症しやすいので注意が必要です。

アレルギー・アトピー疾患の治療法は?

アレルギーとアトピーの原因はそれぞれ違いますが、治療自体は同じような形で進めていきます。まず、痒みが軽度な場合には、抗ヒスタミンを使ってまずは症状を抑えます。それでも、皮膚の状態が悪く、重症度が増してくる場合には、副腎皮質ホルモン剤を使った治療を試みます。既に、皮膚の表面が乾燥していない状態では治療は長期化する場合もあります。症状が酷い場合には、面積抑制剤を使うこともあります。

皮膚炎にも種類があります。細菌性、真菌性などの種類があります。抗生物質が効きにくいという傾向もありますのでアレルギー、アトピー性皮膚炎を起こした場合には、家庭でのケアも重要になります。

家庭でのケアについて

まずは食物アレルギーを特定して、その食材を徹底的に避けるようにフード選びなどについても再考する必要があります。シーズーが過ごす場所の掃除を徹底してあげてください。ハウスダストも最小限にすることで吸引性アレルギーが軽減する場合もあるからです。出来る限り低アレルゲンのドッグフードなどを選んで様子をみてください。食事の管理次第で皮膚の状態も上向きになります。

まとめ

シーズーには皮膚病がつきものです。常に生活環境を管理することや薬傷シャンプーを使っての皮膚の洗浄などが必要になります。シーズーという犬種特有の皮膚疾患を最初から理解したうえで、迎え入れることが大切です。