シーズの子犬(パピー)のしつけ方法

シーズーのしつけ方法をあえてここで紹介するのには理由があります。実はシーズーという犬種はその愛らしい容姿の裏側に、なかなか頑固で実直な性格を持ち合わせているからです。

生活を送る上ではとても穏やかで性格が良い犬だと言われています。但し、しつけを行う際にはその頑固さゆえに、なかなかしつけが進まないということも多々あることを知っておいてください。

シーズーの子犬(パピー)のしつけは何か月頃から?

どの子犬でも同じですが譲渡されるのは生後2か月ごろです。その時点から少しずつ、しつけをしていくことが妥当です。

最初の1カ月はお迎えしたばかりですので、体調管理や環境整備に時間を費やすとして、生後3か月の頃からはしつけができるように、飼い主さんの方でも心の準備をしておきましょう。

シーズーはとにかく叱りつけてもなかなか伸びないタイプです。それよりも出来たら褒めるという方法でしつけを進める方が良い犬種です。

これは子犬の時代から成犬に渡るまで、一貫して飼い主さんが気を配るべきものです。

シーズーの子犬(パピー)トイレのしつけ方

トイレのしつけは早ければ早い方が見に付くものです。まずはそこをきちんと踏まえておいてください。トイレのしつけはお迎えをした段階で初めておいても遅くはありません。

シーズーは頑固な性格をしているからと言って、叱らないというしつけ方法は間違っています。何度教えても間違った場所に粗相をするような場合には、叱ることも辞さない態度で接してください。

シーズーは負けん気が強いので叱られてもなお、飼い主さんに吠えることもあります。最悪の場合には噛みつくような強気な態度を取るシーズーも居るほどです。これは困った状態なので、そうならないように常に毅然とした態度で臨んでください。

シーズーの子犬(パピー)おすわり・待てのしつけ方

シーズーには噛み癖がつきものです。これはシーズーに限らず他の犬種での飼い主さんの指を甘噛みして本気で噛もうとする場合もあるほどです。そこはきちんとしつけて、いけないことを根気よく教えていくほかありません。

お座り、待てのしつけはおやつを使って、何度もくりかえしておくと覚える日も近いでしょう。まずは鼻先におやつを近づけてだんだんと距離を開けていくと自然にお尻が床についていきます。

そこでタイミングを外さずに「お座り」と声をかけて何度も教えます。そしておやつを与えるときにも手のひらを顔の前に出して「マテ」と声をかけて「ヨシ」という声掛けと共に与えるという方法で頑張ってみてください。

シーズーの子犬(パピー)ハウス(ケージ)のしつけ方

シーズーに自分の部屋を与えることはとても大事なことです。ハウス=ゲージ覚えさせておくことが何よりも重要なのです。そして「ハウス」という声掛けでゲージの中に入って行く訓練も必要ですので根気よく教えてあげてください。

比較的、ハウスのしつけは無理なく覚えてくれるものです。

シーズーの子犬(パピー)散歩のしつけ方

シーズーあまり活発に散歩を楽しむタイプの犬種ではありません。それでも、リードをつけて飼い主さんと一緒に歩く練習は一応子犬の時期からしておいてください。

散歩と言っても他の犬種のように30分以上も歩くような散歩は向いていないことを知っておいてください。シーズーの場合には、外の空気を吸いに行くという程度の気分転換を兼ねた外出と捉えた方が良いでしょう。

子犬の時期にまずはお散歩の訓練というよりも、地面に足を下すだけでも意味があるのです。沢山歩かせようとしなくても大丈夫です。そのシーズーのペースに合わせてあげることが一番大事です。

シーズーの子犬(パピー)お留守番のしつけ方

シーズーはマイペースでおっとりとしている性格です。だからと言ってお留守番が特段上手というわけでもないのです。どちらかと言えばやはり飼い主さんと一緒にいたい方なので、お留守番も段階を経て時間を延ばすようにして下さい。

いきなり長時間のお留守番はシーズーにダメージを与える場合もあります。必ずゲージの中に入れて安全を確保したうえで留守番をさせるのは、飼い主として当たり前のことです。最近は、ペットカメラなども普及しています。

そこで、留守番をしているシーズーの様子を離れた場所からでも見守れる点では飼い主さんの方も安心材料が増えました。便利なものは大いに利用して、お留守番中に危険なことをしていないかどうか?をチェックしておいてください。

まとめ

シーズーの性格を把握したうえで子犬の時期から、しっかりとしつけを入れて楽しく生活ができるように、シーズーをも見守れる飼い主さんでいたいものです。

シーズーの頑固な性格や褒めて伸ばすべき性格を把握して、明るく楽しい気性をもったシーズーを育ててあげましょう。すべては飼い主さんの愛情次第です。