シェルティの性格って?飼いやすい?|種類や特徴をご紹介!

シェルティーの愛称で知られているシェットランドシープドッグは、長毛が美しい犬です。シェルティーの性格や飼いやすさ、種類や特徴についてご紹介させて頂きます。

シェルティーの歴史

シェルティーはイギリスのスコットランド地方、シェットランド諸島原産の犬です。歴史はとても古いと言われています。祖先に当たる犬は、ラフ・コリーやボーダー・コリーと同じスパニエル系の犬とされています。ですが、シェルティは気候の変化が激しいシェットランドでも生きていけるように改良されました。牧草地もとても狭く、土地が痩せているので、食べ物に困らないよう小型になったとされています。

シェルティは牧羊犬なので、家畜が牧草地に隣接した畑などに侵入して作物を荒らさないよう、吠えて警戒していました。ずっとシェットランド諸島で飼育されていたシェルティですが、19世紀後半にはイギリス本土へと渡ります。

当時はシェットランド・コリーと呼ばれていましたが、その後シェットランド・シープドッグという名前になりました。20世紀になると、現在見かけるシェルティに近い形になり、家庭犬として飼育されるようになりました。

シェルティーは飼いやすい?

シェルティーは牧羊犬として飼育されていたので、とても頭が良い犬です。しつけも比較的簡単で、従順に飼い主の言うことを聞いてくれます。温厚で優しい性格の子が多いため、体は少し大きめの中型犬ですが、子どもとも仲良く遊んでくれます。

ただ、本能からか走るものを追いかけたり、吠え立てたり、興奮すると人の足を噛むことがあるので、小さな頃からしっかりとしつけなければなりません。少し神経質な面があるので、犬を初めて飼う人にはあまりおすすめできません。犬に慣れた人なら飼ってもしつけられる犬種と言えます。ただ、個体差もありますので、おっとりしている子もいます。

シェルティーの性格や特徴

シェルティーは遊び好きで、何にでも興味を示します。運動能力も高いので、ドッグランに連れて行ってあげると、とても喜びます。また、明るい性格をしているので家族と遊ぶことが非常に大好きです。人間の子どもを見ると、まるで自分も人間の子どもであるかのようにじゃれてきます。シェルティーの可愛さは、大きくなっても子どものような性格にあると言えるでしょう。

飼い主にとってはとても忠実で献身的ですが、その反面、知らない人にはあまり慣れません。郵便配達の音や、嫌いな犬が通りかかっただけで吠える癖があります。近所迷惑になってしまうので、子犬の頃から騒音に慣れさせておく必要があります。

シェルティーのしつけは大変?

シェルティーのしつけはさほど大変ではありません。訓練性が高く、とても頭の良い犬種なので、比較的すぐにトイレやお座り、待て、よし、お手などを覚えてくれます。

大切なのは、コマンドを統一することです。また、むやみに怒ったりすると、シェルティーはやる気を無くします。一旦しつけを間違うと、主従関係が築けなくなってしまいます。
また、本能からよく吠えてしまうので、小さい頃から物音に慣れさせておくことが大切です。

そして、家族に対しては従順な反面、知らない人に対しては警戒心を持ちやすいです。お客さんが来た時に吠えたり、威嚇してしたりすることがあるので、小さなうちから色々な人に慣れさせておくと、あまり吠えなくなります。

吠えたら「ダメ」「イケナイ」など統一したコマンドでしつけることで、言うことを聞いてくれるようになります。

シェルティーの種類・大きさ・サイズ

シェルティーは決まった大きさがあります。オスとメスではオスの方が大きくなりますが、親犬が大きい場合はメス犬でも大きく育つことがあります。ジャパンケネルクラブでは、シェットランド・シープドッグの毛色を5種類認定しています。

よく見かける色は、セーブルという茶色と白、こげ茶が混ざった色です。他にトライ、マール遺伝子をもつブルーマール、バイブラック、バイブルーがあります。マール遺伝子は毛の色にブチ柄を作る働きを持っています。そのため、マール遺伝子を持つと、色素抑制がされて、薄いブチ柄が作られることになるのですが、これは毛の色だけでなく目などにも発生します。

他の犬種でもマール遺伝子を持つ犬がいますが、マール遺伝子を持つと、先天性疾患を持ちやすくなります。弱視で生まれて来たり、難聴で生まれて来たりします。ブルーマールのシェルティーを購入する際は、元気に遊んでいるかどうか、呼びかけて反応するかどうかをブリーダーさんの元で確認することがおすすめです。

シェルティーの大きさは、オスで7キロから10キロ、メスで6キロから8キロくらいになるので、一般的な中型犬です。見た目が長くてフサフサの被毛なので、見た目よりは軽いです。

大きな子では12キロくらいまで成長しますが、ご飯の量に気をつけてきちんと散歩してあげれば、個体差の範囲内です。

シェルティーとコリーは何が違うの?

シェルティーとコリーはどう違うのか気になる方も多いと思います。シェルティーのことを小型のコリーだと思っている方もおられると思いますが、まず違いとして挙げられるのが、毛色です。コリーの毛色はトライ、セーブル、ブルーマール、ホワイトの4色なので、シェルティーよりも1色少ない色です。

また、気質も結構違います。コリーはとても穏やかで優しい性格の犬が多いのですが、シェルティーは結構警戒心が強いです。コリーはシェルティーよりも大きいですが、飼い主さんに忠実で遊び好きな性格をしています。もちろんシェルティーも遊びは好きですし、子どもの良き遊び相手になってくれますが、家族以外にはなかなか懐きません。

コリーは大型犬で、シェルティーは中型犬ですが、どちらも牧羊犬として働いていました。
ですが、足の速さですとシェルティーの方が素早っこく、ものを追いかけるのが得意です。

シェルティーの平均寿命・かかりやすい病気はある?

シェルティーの平均寿命は、だいたい10年から16年程度です。最近は医療の発達や、ドッグフードもわんちゃんに優しいものが増えているので、長生きする子が多いです。中には20年ほど生きるシェルティーもいます。

小型犬ですと、だいたい1歳前後で成犬になりますが、シェルティーは2歳ごろで成犬になります。かかりやすい病気としては、関節炎などがあります。シェルティーは四肢の関節が弱いので、年をとってくると関節炎になりやすいです。一度関節炎になると治すことは難しいので、滑りやすいところにはマットを敷いてあげたり、十分な運動をさせて足腰を鍛えてあげましょう。

また、垂れ耳なので、外耳炎にもかかりやすいです。耳の中をコットンや綿棒でケアしてあげることで、外耳炎を防げます。耳を痒がって掻いているようならば、病院に連れて行ってあげてください。

シェルティーは胃腸が弱い子が多いので、ご飯をあげるときはたくさんの量を一気に食べさせないようにさせてください。がっついて食べないよう、お皿を少し高めの位置においてあげる工夫も有効です。

シェルティー相場はどれくらい?

では、シェルティーの相場はどれくらいなのでしょうか。シェルティーはさほど高い犬種ではないので、だいたい15万円から20万円くらいが相場です。ペットショップではあまり見かけなくなってきたので、ブリーダーさんから購入することが大半です。ブリーダーを介して買うと、中間手数料も省けるので、その分やすくなります。ですが、親犬がチャンピオン犬だったりすると、価格は一気に跳ね上がります。

チャンピオン犬の親を持つ子犬は、生後2ヶ月でだいたい35万円から40万円します。また、繁殖が可能なため、メス犬の方が高くなる傾向にあります。

まとめ

シェルティーは最近ではあまり見かけなくなってきましたが、子犬の頃のぬいぐるみのような愛らしさと、大人になったときのシュッとした姿の両方ともが魅力的な犬です。換毛期には毛がごっそり抜け落ちるので、しっかりブラッシングして清潔を保ってあげてください。