ウェルシュコーギーの性格・種類・歴史は?

ウェルシュコーギーは、イギリス王室でも愛されている犬です。歴史も古くイギリスをはじめ欧米各国でもペットとして広く愛されてるのがコーギーなのです。一般的に「コーギー」と呼ばれる犬種ですが、正式には2種類のコーギーが存在します。カーディガン種とペンブローグ種がコーギーの種類になります。日本国内で現在、よく見られるのは「ウェルシュコーギーペンブローク」のほうです。

ウェルシュコーギーの歴史は?

古くからイギリス王室に存在した犬種がコーギーです。2種類のコーギーはそれぞれ、イギリス地方では牧羊犬として活躍の場を広げていました。共通しているのはどちらの犬種もイギリス原産ということです。

イギリスのケンネルクラブでは1934年ごろから、ウェルシュコーギーを2種類、別々に登録を行うようになりました。実際に同じ犬種ですが、大きさや尻尾の形などからその違いを明確にすることを目的とされていました。

ウェルシュコーギーの種類は?

ウェルシュコーギーは2種類あります。いずれも、少しずつ姿形が違っています。2種類のコーギーを比べてみるとやはり、性格にも違いがみられるのです。一番わかりやすいのは、尻尾の長さではないでしょうか。実際には顔の様子も少しずつ違っています。例えば、大きさで言えば、「カーディガン」と「ペンブローグ」を比べると「ペンブローグ」の方が大柄です。そして「カーディガン」は飼い主さんへの忠誠心では人一倍の強さを持っています。「ペンブローグ」の方は誰にでも懐いて扱いやすいという長所も持ち合わせています。

ペンブローク

胴長短足で尻尾はほとんど断尾します。このお尻部分が可愛い!と逆に評判になっているほどです。鼻筋が通って美形をしています。キツネ顔と言った方がわかりやすいかもしれません。感情表現も豊かで、飼い主さんに対しては嬉しい気持ちをその体全体で表現するほどです。満面の笑顔を称える犬としてはコーギーが随一ではないでしょうか。

毛の色は、主に4種類です。
・セーブル
・トライカラー
・フォーン
・レッド

ペングローブの体重は約10キロ~12キロの間です。筋肉質な体型は牧畜犬として過ごした名残で。食欲が旺盛な犬ですので、食事管理について特に飼い主さんが気を配ってあげる必要があります。

気をつける病気について

その体型からなりやすい「椎間板ヘルニア」については、体重管理や運動をするときに注意を払うことで、ある程度予防はできます。尿結石や進行性網膜萎縮症についても、定期的に動物病院でチェックを受けることは大切です。

カーディガン

ペングローブと比べると、性格的には飼い主さんへの一途な忠誠心が強いタイプです。かつてはイギリス地方で1日中ずっと家畜を追いかけて暮らしていました。そのために運動能力も高めです。初対面の人には懐かないという頑固な性格を持ち合わせているために、初めて会う犬に対しても攻撃性を見せてしまう場合があります。この点を考えると多頭飼いには向いていない犬種と言えます・

重心がかなり低く、体の長さは体の高さの約2倍です。尻尾はあえて断尾しないので、とてもダイナミックなコーギーという印象を受けます。決まった毛色はなく、バリエーションはペンブローグよりも豊富です。なりやすい病気などは、ペングローブと同じように脊髄に纏わる病気に対しては、普段から気を付けつけて生活をすることをお勧めします。

ウェルシュコーギーの性格

ペンブローグの性格はとても思慮深く、何でも自己判断できる高い能力を持ち合わせています。好奇心旺盛な部分もありますので社交的な性格をしています。飼い主さんと散歩をしても、他の犬に対しても愛想よく振る舞えるという長所があります。多頭飼いにも向いている種類のコーギーです。ただ、人一倍警戒心が強い一面を持ち合わせています。この点に関しては、根気よくしつけを行うことで、改善されます。

社会性さえしっかりと養えれば、無駄吠えも攻撃性も他人に対して示すことはないのです。

たくましく働き者

コーギーの先祖犬は、農家で牧畜犬として走り回るのが仕事のような犬種でした。運動量も多くとにかく活発です。家の中でじっとしているようなタイプの犬種ではありません。そういう意味でも、たくましく働き者という印象があります。だからと言って、過剰な運動が体に負担を与えてしまう場合も考えておいた方が無難です。

稀に、変形性脊髄症という病気にかかる可能性もあります。これは遺伝性の病気で10歳を迎えたコーギーの罹患率は結構高めというデータもあります。シニア期になったら、普段の生活でも段差や飛び降り、飛び乗りには注意をして安全生活ができるように心がけましょう。

オス・メスで性格は変わる?

コーギーのメスは、オスに比べておっとりとしているという印象が強いのです。その理由は、攻撃性を示すのがオスの方だからです。去勢や避妊の有無も性格や攻撃性に関係があります。ただ、個体差もあるので、メスのコーギーでも攻撃性の強い子もいます。大切なのは育て方であり、しつけをどこまでしっかりと考えてあげられるのか?によると思います。

コーギーの性格が悪いと言われる理由は?

そうしても攻撃性の強さが「いやな性格」「きつい性格」と評されてしまう場合もあるのです。すべては牧畜犬としての気質が、人間社会に受け入れらえない部分を酷評される場合が多いのです。その警戒心から、大きな声で吠えたてることも多いのです。それを習性と捉えられるかどうかは、犬と暮らした経験がある人にしかわからない部分です。一般的に噛みつく癖のある犬や、よく吠える犬は嫌われてしまう傾向が強いのです。性格が悪いと言われる所以はそのあたりにあるのではないでしょうか。

トレーニングを十分に行う必要性

ご近所に迷惑をかけないように、事前にドッグトレーナーなどに相談をして十分にトレーニングを積んでおくと、社会生活においても迷惑を掛けずに済む場合も多いのです。コーギーの習性として表面的に吠え癖や噛み癖が出てしまわないように、事前にトレーニングや訓練という形での時間を積み重ねておくことも、コーギーにとっては住みよい社会への第一歩となるわけです。

力が強く、声も大きなコーギーが吠えたてると周囲に恐怖を与えます。そして噛み癖が一度でも表面に出てしまうと、恐ろしい犬と悪い印象を与えてしまいます。そのような事態を回避する意味でもトレーニングは必要です。

コーギーを飼う際の注意は?

コーギーと生活をするためには、いくつかのポイントがあります。基本的にはっしつけさけきちんと行えば、暮らしやすい犬種なのです。牧畜犬としての性質から、吠え癖や噛み癖があります。その遺伝子というものは、今も生づいています。この部分をしっかりとトレーニングをして、無駄吠えをしないことは何よりも重要なことです。そして噛み癖については、社会生活を行う上で大問題に発展しかねません。

まとめ

興奮しやすいという気質を鑑みて早い段階から、トレーナーに依頼をして、抑えの効くコーギーにしつけることが重要です。遊びの最中に、飼い主さんに対して、歯を立てるようなことがあればその時点で遊びは中断して、悪いことをしていることを教え込みましょう。日々の生活の中で、飼い主さんから学ぶことも多いのです。繰り返し根気よく、ダメなことはダメと教えて、ルールを覚えさせるようにしましょう。飼い主さんの方でも、コーギーの気質を十分に理解することが求められるのです。