安心・安全・無添加のおすすめドックフードランキング|与え方や保存方法・切り替えるタイミングも解説!

去勢手術について知っておくべき点

最近はペットショップ・ホームセンターだけに限らず、コンビニやスーパー、パソコンなどインターネットの通販サイト等、色々な場所でドッグフードが販売されていて、商品の種類もたくさんあります。

あなたはドッグフードを選ぶときに、何を基準に選びますか?

愛犬の健康?喜んで食べてくれるもの?お手頃価格?雑誌に掲載されたもの?愛犬に対するいろいろな思いを叶えてくれるドッグフードを選びたいですね。

しかし、そんな無数にある商品の中から、愛犬に合ったドッグフードを選ぶのは一苦労…。

ここでは、愛犬に合ったドッグフード選びをするうえで安心・安全しかも無添加なプレミアムドッグフードを各ランキング形式で紹介します。

ドッグフードを中心としたテーマで、犬に関する基礎的な情報から、意外と知られていない情報など目的別のコンテンツを発信していきます。

愛犬には栄養のバランスが取れて健康的になれるドッグフードを与えたいですよね。

今回は販売サイトから直販で、クレジットカード払いも可能なおすすめドッグフードを紹介していきます。

ではどのようなドッグフードの商品がランクインしているのか、そしてどういう理由で選ばれているのか、その人気の理由について紹介していきます。

目次

安心してドッグフードを与える事が出来る特徴

肉類が原材料の最初に記載されているか確認しましょう

ドッグフード
安心して与える事が出来るドッグフードかどうか、判断する基準がいくつかあります。

その1つが原材料の最初に、肉類が記載されているかどうかです。

最初に記載されている原材料が、そのドッグフードの主原料となります。

そして本来肉食動物である犬の場合は、健康を維持するためには、タンパク質を多く必要とします。

そのため主原料が肉類のドッグフードを選ぶ事をおすすめします。

市販
もし主原料が、小麦粉やとうもろこしのような穀物の場合は、原料を安く抑えてカサ増ししている可能性が高くなります。

リーズナブルでも購入するべきではありません。

ただし、アレルギー対策として肉類の代わりに魚が主原料になっているドッグフードは問題ありません。

魚も動物性タンパク質なので、犬に必要な栄養素を摂取する事が十分可能だからです。

安心できる原産国なのか確認しましょう

ドッグフード
ドッグフードを選ぶ際に、原材料だけでなく、必ず原産国も確認するようにして下さい。

なぜ原産国も確認する必要があるのかというと、原産国によって法律や規則が異なり、ドッグフードの品質に大きく差がつくためです。

まずドッグフード先進国と呼ばれ、安全性が高いドッグフードを製造している国は、ドイツ、オランダ、イギリス、アメリカです。

ドイツでは、ヒューマングレードのドッグフードしか製造してはいけないという決まりがあり、動物愛護精神が高いため、ドイツ産のドッグフードであれば、安心なのでおすすめです。

イギリスは、原材料はもちろん、副産物に至るまで厳しい規制が存在します。

アメリカにも、二大安全基準をクリアしなければ、ドッグフードを販売する事が出来ないので、安全性は高いと言えます。

国産は安心だと考える人もいるかもしれませんが、日本はまだまだ最低基準な為ドッグフード先進国には適いません。

ドッグフードの製造に関する規制も緩いので、品質が高い商品もありますが、品質が悪い商品もあるので、商品を選ぶ目が必要です。

続けやすい値段か検討しましょう

ドッグフード
激安ドッグフードは、原材料の品質が悪く、添加物などもたくさん使用されている可能性が高くなります。

そのため値段重視でドッグフードを選ぶ事はおすすめできません。

しかしながら、いくら栄養満点で安心して愛犬に与えられるドッグフードだとしても、高すぎるドッグフードは家計の大きな負担になります。

愛犬の寿命は、10~15年程度です。その期間毎日食事を与え続ける必要があるという事を考慮して、家計に大きな負担がかからない範囲でドッグフードを選びましょう。

高額なドッグフードだけが優良な商品という訳ではなく、企業努力によって、良心的な値段で優良なドッグフードも販売されているので、安心おすすめドッグフードランキングでは、値段にも注目して選びましょう。

安心おすすめドッグフードランキング

では安心おすすめドッグフードランキングで、1~5位にランクインしたドッグフードを個別に紹介していきます。

1位 モグワンドッグフード

モグワンドッグフード
モグワンドッグフードは、イギリスのドッグフード生産工場で製造された栄養満点のドッグフードです。

原材料は、全てヒューマングレードで野菜とフルーツがたくさん使用されています。

主原料は、新鮮なチキンの生肉と生サーモンを使用し、動物性タンパク質が全体の50%以上を占めています。

食欲不振や食いつきが悪い愛犬でも、食いつきがよくなり美味しそうに食べてくれると評判です。

非常に栄養価が高く、グレインフリーな商品なので、アレルギーも出にくいと言えます。

犬の健康について考え、犬にとって不必要なものは出来るだけ省き、必要なものを出来るだけ取り入れました。

余計な添加物は使用せず、シンプルなレシピなので、トッピングでバリエーションをつける事も可能です。

これだけ原材料や品質に拘っていると、値段が高そうと思う人もいるかもしれません。

ですがモグワンドッグフードは、1.8㎏で通常価格は3960円となっています。

定期コースを申込みすると、定期割引も発生するので、長期間与え続けても家計の大きな負担になる事もありません。

最初に紹介した3つの選ぶ基準も全てクリアしていて、ランキングでも多くの人に選ばれているおすすめのドッグフードです。

原産国 イギリス
容量 1.8㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

2位 カナガンドッグフード


カナガンドッグフードは、ドッグフード先進国として有名なイギリス産の高級グレインフリードッグフードです。

全犬種、全ライフステージの犬におすすめです。

無添加で栄養価が高いため、獣医師がおすすめするドッグフードとしても有名で安心感があります。

カナガンドッグフードの特徴は、他のドッグフードと比べて肉の配合比率が高いという点にあります。

60%が動物性タンパク質で、残り40%が野菜、ハーブなどの植物成分です。

厳選した原料は、ヒューマングレードで高品質で新鮮です。

チキン、サツマイモ、海藻、ハーブなど栄養バランスを整え、消化もいいため、身体に負担がかかりません。

子犬や小型犬でも食べやすいように、小粒サイズで美味しいので、愛犬の食いつきは全然異なります。

美しい毛並みや健康的な皮膚など、見た目から健康的になる事が出来ます。

イギリスの国際規格をクリアし、徹底した品質管理を行っているので、安全性も非常に高いと言えます。

これだけ素材に拘って、1袋2㎏3960円は、リーズナブルで継続して与えやすいと言えます。

リピータ率が高いのも納得で満足度の高さがうかがえます。

 

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

3位 アランズナチュラルドッグフード

アランズ ナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードは、イギリス産のドッグフードです。

イギリスでは、動物愛護の考えが強く、自然給餌の原則に従ってドッグフードも作られています。

自然給餌とは何かというと、本来、犬に必要なモノだけをバランスよく食べる事です。

ドッグフードの原料を安価に抑えるために、小麦やとうもろこしでカサ増しする事はありません。

良質なタンパク質である肉と適切に調理され消化にいい穀物から炭水化物を摂取します。

野菜やハーブから、ビタミンやミネラルなどを摂取し、栄養をバランスよく摂取する考え方です。

もちろん人工添加物も犬にとって必要ないものなので、無添加に拘っています。

そのためアレルギーがある愛犬にも安心して与える事が出来るでしょう。

また原料だけでなく、品質管理にも徹底しています。欧州のFEDIAFという厳しい基準をクリアした工場で製造されています。

それも大量生産をするのではなく、鮮度に拘り少量づつ生産しています。

ドッグフードは愛犬が一生食べ続けるものだからこそ、安心で安全の商品を提供する事を心掛けています。

これだけ手間ひまかけながら、1袋2㎏3960円で販売するのは、かなりコスパ面で優秀だと言えます。

これなら、家計の負担にならずに、ずっと愛犬の身体にいいドッグフードを与え続ける事が可能です。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

4位 ネルソンズドッグフード

ネルソンズ
ネルソンズドッグフードは、犬の事を知りつくしたイギリスのトップブリーダーが開発したドッグフードです。

ドッグフード先進国であるイギリスでも、ワンランク上のドッグフードとして大勢の人に支持され、イギリス国内での販売累計は100万袋を突破しています。

グレインフリーで、人工添加物は一切使用していないため、安心で安全です。

しかも愛犬の健康と元気、そして美しさをサポートしてくれるので、自信を持っておすすめする事が出来ます。

ネルソンズドッグフードは、主原料は動物性タンパク質で、低炭水化物、サーモンオイルや海藻、オリゴ糖、グルコサミン・コンドロイチンなど様々な栄養素が配合され、栄養バランスが抜群です。

製造工場は、世界中の国際基準をクリアできる、最高水準な工場で、工程は全てコンピューターにより管理されているので、品質管理は非常に安全性が高いと言えます。

そんな高品質なドッグフードが1袋2㎏3960円とお手頃価格で購入する事が出来るのも魅力ですよね。

トップブリーダーによって開発され、愛犬をコンテストでも上位を狙える健康と美容を手に入れたい場合にもおすすめです。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

5位 ピッコロドッグフード

ピッコロ
ピッコロドッグフードは、特にシニア犬におすすめしたいドッグフードです。

ドッグフード王国であるイギリス産で、主原料はチキンとサーモンで70%を占めています。

動物性タンパク質で、犬の健康に必要な栄養素をしっかり摂取しつつ、チキンとサーモンで低カロリーな食事を提供してくれます。

しかもシニア犬になると、食欲不振で食いつきが悪くなりがちです。

ですがピッコロドッグフードなら、美味しさにも拘って作られているので、他のドッグフードと食いつきがまるで違います。

シニア犬の食事は、カロリーは抑えながらも、健康を維持するためにしっかりと栄養を摂取する必要があり、商品選びが特に難しいと言えます。

だからこそピッコロドッグフードのように、シニア犬に特化したドッグフードがおすすめです。

栄養素のバランスだけでなく、安全にも拘って厳選された新鮮な食材を使用しています。

グレインなどのアレルギーの原因になる食材や、健康を損なう原因となる添加物は一切含まれません。

主原料のチキンとサーモン以外には、野菜と果物、ハーブ、海藻なども使用されています。

品質も徹底的に管理されていて、国際規格であるSAI GLOBALランクAを取得しています。

今なら通常価格の3960円が最大20%offの3168円で購入する事が可能です。

この機会に、愛犬の年齢の事を考えるなら、シニア犬向けのピッコロドッグフードを選ぶ事をおすすめします。

ピッコロ

安心おすすめドッグフードランキングを見て

ドッグフード
今回のランキングは、1~5位は全てイギリス産のドッグフードが選ばれています。

最近は国産のドッグフードのレベルも徐々に向上しつつありますが、まだまだドッグフード先進国の本場であるイギリス産には適わないのが現状でしょう。

ランキング上位のドッグフードの共通点は、イギリス産以外にも、主原料が動物性タンパク質である事、原料が厳選された安全性の高い新鮮な素材が使用されている事、品質管理が徹底している事などが挙げられます。

そして従来は、高品質なドッグフードは高級すぎて、愛犬の健康にいい事は分かっていても、長期間与え続ける事は負担だと感じる飼い主が多かったかもしれません。

しかし現在は高品質なドッグフードが3000~4000円とリーズナブルな価格で購入する事が可能です。

だからこそ、大事な愛犬のために愛犬の健康をサポートしてくれるドッグフードを選びましょう。

安心おすすめドッグフードランキングにランクインしている商品は、どれを選んでもハズレる事はありません。

愛犬には健康で長生きして欲しいというのが、飼い主の共通の願いですよね。

では安全でおすすめなドッグフードランキングには、どのようなドッグフードが選ばれているのか紹介します。

安全おすすめドッグフードの選び方

ドッグフード
安全おすすめドッグフードを選びたいと思ったら、まず今から紹介する3つの条件をクリアしている事が重要です。

他にもいくつか条件がありますが、この条件をクリアしているドッグフードであれば、安全性が高く他の条件もクリアしている可能性が高いからです。

では3つの条件について紹介します。

穀物不使用(グレインフリー)で主原料は動物性タンパク質である事

ドッグフード
激安ドッグフードの中には、主原料が小麦やとうもろこしが使用されているケースも少なくありません。

なぜかというと、原料が安価でドッグフードを安く製造する事が出来るからです。

小麦やとうもろこしは、人も食べる食材なので、一見問題ないと思うかもしれません。

ですが人にとって問題ない食材であっても、人と犬とでは必要な栄養素は大きく異なります。

肉食動物である犬にとって、穀物を消化する酵素が備わっていません。

そのため穀物を摂取すると、消化不良を起こしてしまい、下痢や嘔吐などの症状が現れる可能性があります。

また犬に不必要な食材ばかり摂取し、必要な栄養素が摂取出来ない状況では、免疫力も低下し、アレルギー症状が出やすくなります。

実際に穀物アレルギーの犬が多いからこそ、穀物が含まれないグレインフリーのドッグフードに注目が集まっているのです。

グレインフリーではないですが、小麦やトウモロコシではなくオーガニックや玄米を使用しているドッグフードもあります。玄米や大麦などはアレルギーになる可能性が低いとされています。

安全性を考慮するのであれば、グレインフリーのドッグフードがおすすめです。

原材料はしっかり確認する事が重要

ドッグフード
先ほど犬は肉食動物なので、主原料は穀物ではなく動物性タンパク質のドッグフードを選ぶべきだと紹介しました。

しかし主原料が動物性タンパク質であっても、その動物性タンパク質の内容をしっかりと吟味する必要があります。

例えば使用されている家畜に、成長ホルモンや抗生物質がたくさん使用されて育てられ薬漬けのお肉だったらどうでしょうか?

いくら動物性タンパク質を摂取したといっても、その肉の品質が悪く、健康を損なう成分が一緒に含まれていたら意味はありません。

またもっと怖いのは、ミートミールと呼ばれる原料です。

ミートミールとは、肉だけでなく肉副産物も含まれるお肉の事です。

肉を解体する際に、腸を取り除くと手間がかかりコストがかかってしまいます。

そのためミートミールには、腸もそのまま使用されています。

腸の中には、糞があり、大腸菌などの菌が多く含まれていて、そのまま食べると危険です。

そのため菌を消毒するために消毒剤を使用しますが、その消毒剤も健康を損なう薬剤だという訳です。

腸の他にもミートミールには、肉本来以外に、骨、毛、皮膚などの有害物質が多く含まれるため、安全性を考慮するのであれば、ミートミールは含まれず、薬漬けではない鮮度のいい肉を使用している安全性の高いドッグフードを選ぶ事をおすすめします。

ライフステージに合わせたドッグフードを選ぶ

ドッグフード
犬はライフステージによって、必要な栄養素が変わってきます。

子犬の時には、急成長するため栄養価が高いドッグフードがおすすめです。

また成犬になれば、健康を維持するために、栄養バランスの取れたドッグフードや老化予防の効果があるドッグフードがおすすめです。

さらにシニア犬になれば、カロリー消費量が減少してしまうので、低カロリーでヘルシーなドッグフードを選ぶ必用があります。

ですが低カロリーなドッグフードだと、必要な栄養素を摂取出来なかったり、また美味しくないため愛犬が食欲不振になってしまうケースが多々あります。

そのため健康で長生きするためには、低カロリーで栄養をしっかり摂取出来て、尚且つ美味しいドッグフードを選ぶ事がおすすめです。

ライフステージ合わせて、安全で最適なドッグフードを選ぶ事は難しいと思うかもしれません。

ですが各ドッグフードブランドメーカーでは、ライフステージ事に複数の商品を取り揃えています。

そのため信用出来るドッグフードブランドメーカーを見つける事が出来れば、子犬用、成犬用、シニア用と年齢に合わせて、種類を変えていくといいでしょう。

ではどのようなドッグフードブランドメーカーの商品がいいのか、安全おすすめドッグフードランキングの上位1~5位のおすすめ商品を紹介します。

安全おすすめドッグフードランキング

愛犬には安全なドッグフードを食べさせたいけど、どのドッグフードが安全なのかよく分からない。

そんな人におすすめなのが、安全おすすめドッグフードランキングを参考に選ぶ事です。

1位 ネルソンズドッグフード

ネルソンズ
ネルソンズドッグフードは、ドッグフード先進国のイギリスで製造されたドッグフードです。

イギリスでは、ドッグフードの製造基準が非常に高く、基準をクリアし販売出来る時点ですでに他の国のドッグフードよりも、安全性が高いと言える状態です。

そしてそんなイギリスのドッグフフードの商品の中でも、ネルソンズドッグフードは多くの人に支持されている商品です。

商品の特徴は、グレインフリーでアレルギーの原因となる穀物を使用していない事と、健康を損なう原因になる添加物を一切含まない事です。

つまりドッグフードから犬に不要なモノを排除する事で、安全性に配慮されているため、愛犬が目に見えて健康的になると評判になっています。

栄養面においてもハイレベルで、肉の含有量を高め、健康をサポートする栄養素がバランスよく配合されています。

しかも健康とは、短期間で作られるものではありません。

そのため食事も一時だけ質の高いドッグフードを与えたところで意味はなく、継続して与え続ける必要があります。

その事をよく理解しているからこそ、ネルソンズドッグフードは、品質が高いドッグフードを手軽な値段で購入する事が可能なのです。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

2位 モグワンドッグフード

モグワンドッグフード
モグワンドッグフードも、イギリス産のドッグフードで、全ライフステージに対応しています。

そのためシニア犬でも、効率よく栄養摂取出来るように、高タンパクで低カロリーな肉を主原料とし、肉の比率を50%以上にしています。

もちろん、かさましで使用される小麦やとうもろこしなどの穀物は使用されないグレインフリーの商品でもあります。

なので消化器官に負担を与えず、アレルギーのリスクを抑える事が出来るでしょう。

またモグワンドッグフードは、毎日食べるモノだからこそ、栄養面や安全面はもちろん、美味しさにも拘って作られました。

だからこそ実際に試食した人の97.8%の犬の食いつきが全然違うという結果に結び付いています。

従来のドッグフードの多くは、安全性は高いけれど、なかなか食べてくれない、添加物で食欲を刺激させるけれど、身体に悪いのいずれかしか存在しませんでした。

ですがモグワンドッグフードなら、健康に良くて美味しいを実現させた新しいタイプのドッグフードだと言えます。

あとモグワンドッグフードは、より安くより新鮮な状態で商品を提供するために、お店での販売は行わずに、ネット通販限定の販売となっているので、注意して下さい。

原産国 イギリス
容量 1.8㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

3位 ナチュロル

ナチュロル
ナチュロルは、全犬種、全ライフステージに対応するドッグフードです。

そして健康寿命ケアフードとしても、注目されています。

主原料は、新鮮な生肉を55%配合し、グレインフリーでグルテンフリーでもあります。

国産のドッグフードで、人が食べても安全な原料しか使用しないヒューマングレードな商品です。

厳選良質な原材料を使用しているからこそ、他のドッグフードとは、食いつきが全然違います。

無添加に拘り、アレルギーのリスクも抑えられています。

そしてナチュロルの特徴はなんと言っても、ドッグフードで世界初、安定・持続型のビタミンCを高配合している事です。

ビタミンCを高配合した理由は、ストレスから健康トラブルを起こす犬が増加傾向にあるためです。

ビタミンCは、ストレスに抗体するホルモンを分泌するサポートをしてくれるので、非常に有効的だと言えるでしょう。

ストレスで毛並みが悪く、皮膚がボロボロ、口臭がするなどの、悩みを抱えている愛犬におすすめだと言えます。

値段に関しては、イギリス産の良質なドッグフードと比べると、若干割高で1.7㎏で6000円となっています。

ですが、初回はお試し100円で購入する事が出来、定期コースに申し込むと、最大で定期割引で30%お得になります。割引価格で比較すると、それほど大差はないと言えます。

ナチュロルのように、国産でも愛犬に安心して与える事が出来るドッグフードが少しづつ増えてきている事は、嬉しい事ですよね。

原材料
牛生肉/鶏肉/馬肉/魚肉/タピオカ/魚粉/紫サツマイモ/チーズ/ココナッツ/リンゴ繊維/鶏粉末/胡麻/ひまわり油/乳清/安定・持続型ビタミンC/天然バイオフラボノイド/海藻/脱脂粉乳/オリゴ糖/乳酸菌

4位 カナガンドッグフード


カナガンドッグフードは、イギリス産のドッグフードです。

愛犬によっては、ドライフードが苦手で、缶詰や手作り食しか食べないという犬もいるかもしれません。

ですがそんな犬でも、カナガンのドライフードであれば、美味しいので、食べてくれる可能性が高いと言えます。

安全性にも拘り、グレインフリーで、無添加なので、獣医が推薦しているドッグフードです。

ドッグフードの中には、与える事で愛犬の健康を損なう原因になるドッグフードも存在しています。

だからこそ、安全で健康をサポートしてくれるドッグフード選びが重要だと言えます。

カナガンドッグフードは、生物学的に適切な栄養素の比率といわれる60%に肉の配合比率を高めています。

また野菜やハーブなどの厳選素材をブレンドし、栄養バランスも抜群なので、毎日食べ続ける事で健康維持に効果的です。

主な配合成分は、健康維持に欠かせないチキン、食物繊維が豊富でゆっくりエネルギーが吸収されるサツマイモ、その他、ミネラルが豊富で栄養価が高い海藻、ストレス解消とリラックス効果があるハーブも含まれています。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

5位 アランズナチュラルドッグフード

アランズ ナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードは、イギリス産のドッグフードで、安全面に考慮しています。

添加物は一切含まれず、グレインフリーで穀物不使用なだけではなく、アレルギーが出やすい乳製品や牛肉、豚肉なども一切使用せずアレルギー対応した商品です。

また美味しさにも拘り、ヒューマングレードの新鮮なラム肉を55%の高比率で配合されています。

しかも従来のドッグフードと比較すると、給与量はわずか半分の量でOKです。

なぜかというと、少量でも栄養価が高く、消化吸収率も高いため、身体に負担を与えずに必要な栄養素を摂取する事が出来ます。

給与量が半分でいいという事は、その分経済的にもお得だと言えるでしょう。

アランズナチュラルドッグフードは全犬種向けで、7ヵ月~シニア犬まで対応しています。

例えば人工保存料などは使用しないドッグフードであっても、栄養価を高めるためにビタミンやミネラルを人工的に添加している商品は少なくありません。

ですがアランズナチュラルドッグフードは、ナチュラルである事に拘り、自然の素材のみで犬に必要な栄養素を摂取出来るように、厳選された素材が使用され、熱で栄養素が壊れないように、製造工程で低温で加熱し製造されています。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

安全おすすめドッグフードランキングを見て

ドッグフード
安全おすすめドッグフードランキングで上位にランクインしている商品の特徴を見ると、愛犬の健康について考慮されている事が明確です。

従来は安価でドッグフードを提供するために、犬に不必要な穀物をかさ増ししたり、健康を損なう添加物がたくさん含まれている危険なドッグフードも多く存在していました。

ですが愛犬の寿命が伸び、外国産のドッグフードを手軽に購入する事が出来るようになった事で、愛犬の健康やドッグフードの品質に拘る飼い主が増えてきています。

どの商品を選べばいいのか分からないという人もいるかもしれません。

そんな時は、多くの人から支持されている安全おすすめドッグフードランキングの結果を受けて、その中の1つを試してみて下さい。

愛犬によって食の好みや健康状態が異なるので、複数試して1番良かったと感じるものを最終的に1つ選ぶといいでしょう。

無添加おすすめドッグフードランキングで、添加物が含まれないドッグフードを選ぶ事は、愛犬の健康のために非常に重要な事だと言えます。

もしかすると、愛犬の体調の悪さは、毎日食べているドッグフードに含まれる添加物が原因かもしれないからです。

では、どのような商品が無添加おすすめドッグフードランキングの上位に選ばれているのか、紹介していきます。

無添加でおすすめのドッグフードの選び方

危険な添加物が入っていないか確認しましょう

ドッグフード
ドッグフードで1番いいのは無添加でドッグフードが一切含まれていない商品です。

しかしながらドッグフードの添加物と一言でいっても、それほど危険性がない添加物もあれば、非常に危険な添加物もあります。

そのため、絶対にこの添加物が含まれているドッグフードは、購入してはいけないというレベルの危険度が高い添加物を紹介します。

ドッグフードの中には、保存期間が凄く長いドッグフードが存在します。

確かに保存期間が長いと管理が楽ですが、保存料とは、酸化防止剤の事で犬の身体に悪影響を及ぼす可能性が大です。

特に「エトキシキン」は、国内では使用が禁止されている非常に強い酸化防止剤です。

過去に、ベトナム戦争で枯葉剤として使用されるほど、危険度は高く、発がん性の可能性もあるので、絶対に避けるようにして下さい。

「BHA」も酸化防止剤ですが、従来はガソリン用の酸化防止剤として使用されていたモノです。

同じく発がん性物質でもあり、動物実験では、BHAを与えたマウスは数分後に死亡したという事例もあるぐらい危険度の高い添加物だと言えます。

フランス産のロイヤルカナンドッグフードは愛犬家の方は一度は耳にしたことがあるドッグフードですが、その原材料に愛犬にとって体調不良の原因の一つになるビートバルブや、BHAなどが入っているので個人的にはオススメしません。

ヒューマングレードの原材料かを確認しましょう

ドッグフード
また無添加のドッグフードだから安心だと思っていると、思わぬ落とし穴があります。

それは原材料が危険な素材を使用しているケースです。

例えば主原料である肉が、成長ホルモン剤や抗生物質を使用されて育てられた薬漬けの家畜であれば、その肉自体も安全性には疑問が残ってしまいます。

他にもミートミールと呼ばれる原材料には、病気や脂肪した動物の肉が使用されていたり、肉ではなく動物の毛や骨が使用されているケースもあります。

つまりミートミールは原材料表示を見ただけで、何が入っているのか明確には分からないというリスクがあります。

本来人が口に出来ない素材は、犬だって口にするべきではありません。

ドッグフードの安全性を重視するのであれば、無添加である事に加えて、原材料がヒューマングレードの素材のみを使用されている商品を選ぶ事をおすすめします。

食いつきのいいドッグフードを選ぼう

ドッグフード
ただし、ヒューマングレードで素材に拘り、無添加のドッグフードであっても、愛犬がそのドッグフードを食べてくれなければ意味がありません。

どれだけ栄養満点の食事であっても、その食事を食べない事には、栄養を摂取する事は出来ないからです。

実は添加物が含まれるドッグフードの方が、香料で食欲のそそる香りをつけているなど、食いつきを刺激する商品も少なくありません。

ですがせっかく食いつきがよくても、添加物で健康を損なうと意味はありません。

だからこそヒューマングレードで無添加でありながら、食いつきも重視して作られたドッグフードを選ぶ事をおすすめします。

例えば、新鮮な生肉を主原料にしている場合は、犬は新鮮な生肉が大好物ですから、自然と食いつきもよくなるでしょう。

無添加おすすめドッグフードランキング

では無添加でおすすめのドッグフードの選び方の参考になるランキングを紹介します。

1~5位にランクインしているドッグフードは、自信を持っておすすめ出来る商品ばかりです。

1位 モグワンドッグフード

モグワンドッグフード
モグワンドッグフードは、本当は手作りで栄養満点な食事を与えてあげたいけれど、時間的、金銭的に手作り食は難しいと思っている人におすすめのドッグフードです。

無添加で原材料は全てヒューマングレードな素材を使用しています。

丁寧に手作りした栄養バランスのとれた食事と比較しても遜色ないと言えるでしょう。

動物性タンパク質は50%以上で、グレインフリーのドッグフードです。

実際に口コミでの評判をみてみると、良い口コミ内容で溢れています。

「ドライフードが苦手な愛犬が美味しそうに食べているので驚いた」

「毛並みが良くなり、涙やけの状態が改善された」

実はモグワンドッグフードは、2016年に発売されたばかりのドッグフードです。

それなのに、無添加でおすすめのドッグフードランキングの1位に選ばれる実力は凄いですよね。

獣医推奨のドッグフードで、国際規格ランクA取得工場で生産されているので、品質管理や安全性も信用する事が出来ます。

モグワンドッグフードは、元々カナガンやアランズ、ネルソンズなどの安全性の高いドッグフードを輸入し、販売している会社でした。

その会社が自社オリジナル商品を作った事でも注目されています。

原産国 イギリス
容量 1.8㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

2位 ネルソンズドッグフード

ネルソンズ
ネルソンズドッグフードは、イギリス産のドッグフードで、無添加でグレインフリーなためアレルギーがある愛犬にも安心しておすすめする事が出来ます。

原材料にも拘り、ヒューマングレードで厳選された素材を使用しています。

主原料には、乾燥チキンとチキンの生肉で48%と高い配合になっているので、愛犬の食いつきもバッチリです。

そして他との大きな違いは、オリゴ糖が配合されている点です。

オリゴ糖には、腸内環境を整える作用があります。

そのため、便秘が解消されて、血行の流れがよくなり、新陳代謝がアップし、免疫力のアップにつながるなど、様々な健康効果につながるためです。

サーモンオイルは、愛犬の毛並みをツヤツヤにし、グルコサミン・コンドロイチンは、犬の関節をサポートしてくれるので、シニア犬になっても若々しく元気でいられます。

また無添加ですが、未開封の状態では製造から12ヶ月、開封後も3ヶ月の賞味期限があります。

無添加の多くのドッグフードが開封後は1ヶ月以内の賞味期限である事を考慮すると、ドッグフードの管理がしやすいのもおすすめだと言えます。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

3位 カナガンドッグフード


カナガンドッグフードのドッグフードは、イギリス産で無添加なので安全性が高くおすすめです。

主原料は、高タンパク質で低カロリー、栄養素も豊富なチキンが50%以上配合されています。

しかもチキンはチキンでも、平飼いチキンと呼ばれる自由な環境で飼育されたチキンを使用しています。

この平飼いチキンは、通常のチキンと比べると、美味しさが全然違います。

グレインフリーなので、アレルギー対応もバッチリです。

ヒューマングレードの原材料を使用しているので、安全で安心です。

子犬からシニア犬にまで必要な栄養素が含まれているので、長期間にわたって継続して与える事が出来ます。

本来の犬の食生活に近い栄養バランスで配合されているので、その結果、愛犬が健康で長生きする事が出来ると言えます。

カナガンドッグフードは、ドライフードでありながら、食いつきがいいと評判です。

原材料をみても、非の打ちどころがないぐらい完璧なので、ドッグフード選びに迷ったらカナガンドッグフードがおすすめだと言えます。

継続して購入する場合は、定期コース・まとめ買いをする事で定期割引最大で20%割引で購入する事が可能です。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

4位 アランズナチュラルドッグフード

アランズ ナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードは、犬にとって本当に必要なモノだけを配合し、不必要なモノを排除したドッグフードなので、シンプルな原材料が特徴だと言えます。

主原料は、ラム肉なのでアレルギー反応が出にくく、嗜好性が高くなっています。

そして厳選素材の10種類に天然素材でヒューマングレードのモノを使用しています。

10種類というのは、他のドッグフードの原材料と比べると極端に少なく感じるかもしれません。

ですがラム肉の比率が55%以上と高く、少量でも豊富なタンパク質を摂取する事が出来るので、給与量が2分の1に抑えられるという事です。

そのためダイエット中やシニア犬で量があまり食べられない犬でも、栄養不足になる事がなく、少量で栄養バランスの取れた食事を維持出来るという点がアランズナチュラルドッグフードの大きな魅力であり、おすすめポイントだと言えるでしょう。

もちろん無添加で安全性には拘って製造されています。

アランズナチュラルドッグフードは、獣医が推奨するぐらい、栄養バランスがよく愛犬の健康をサポートしてくれるドッグフードです。

ラム肉で嗜好性が高いため、愛犬の食いつきもよく、美味しそうに食べてくれます。

定期コースにすると、特別優待価格で購入出来るので、ドッグフードの内容を考えると、かなりコスパが優秀なドッグフードだと言えます。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!

5位 ナチュロルドッグフード

ナチュロル
ドッグフードのランキングをみると、その上位の大半はイギリス産のドッグフードです。

確かにイギリス産のドッグフードは、規定が厳しく品質や栄養バランスがいいドッグフードを製造している事は事実です。

ですが国産でいいドッグフードは存在しないの?

そんなふうに疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?

そんな人におすすめしたいドッグフードがナチュロルドッグフードです。

国産のドッグフードでありながら、ドッグフード先進国のイギリス産に負けない内容となっています。

最高水準の安全性を誇っていますし、グレインフリー、グルテンフリーで、無添加の商品です。

ドッグフードの中には、消化吸収率が低く、消化に負担がかかってしまうようなドッグフードも存在しています。

ですがナチュロルドッグフードの場合は、高い吸収率と腸内環境をサポートするため、身体の内側から健康になる事が出来ます。

ビタミンCが配合されているため、ストレスに悩む愛犬にもおすすめだと言えるでしょう。

犬の平均寿命は10~15年ですが、ナチュロルドッグフードを食べ続ける事で、20歳まで健康で長生きする事が出来る、そんなコンセプトを掲げて製造されている最高品質のドッグフードなのです。

主原料は、新鮮牛生肉の他に、鶏肉、馬肉、魚を使用しているので、非常に食いつきもいいと評判です。

原材料
牛生肉/鶏肉/馬肉/魚肉/タピオカ/魚粉/紫サツマイモ/チーズ/ココナッツ/リンゴ繊維/鶏粉末/胡麻/ひまわり油/乳清/安定・持続型ビタミンC/天然バイオフラボノイド/海藻/脱脂粉乳/オリゴ糖/乳酸菌

無添加おすすめドッグフードランキングで失敗しないドッグフード選び

ドッグフード
愛犬の健康のためにドッグフードは品質のいいモノを選びたい。

そう思っていても、選ぶ基準すら分からないという飼い主も多いのではないでしょうか?

自分でイチから情報収集して、条件に合うドッグフードを探す事は大変です。

ですが無添加おすすめドッグフードランキングで紹介されているドッグフードは、どれも間違いなく品質のいいドッグフードだと言えます。

もちろん個々の愛犬によって、味の好みや現在の健康状態に違いがあると思うので、ランキング上位の中から、試しに与えてみて、愛犬の健康状態をチェックして、ドッグフードを選ぶ事をおすすめします。

ドッグフードの種類と特徴

ドッグフードを選ぶ際に注目したいポイント
最初に、ドッグフードを選ぶ時にどこに注意して、何を基準にえらぶべきか、というポイントを中心にまとめた項目をご紹介していきます。

まず、ドッグフードは主に3種類に分けることができます。

ドライタイプ

2018!おすすめドッグフード食感がカリカリの一般的なドライタイプ。

愛犬にとって重要となる栄養がバランスよく詰まった「総合栄養食」は基本的にこのタイプで、健康維持を目的とした食事に適しています。

歯ごたえがある食感に慣れていないワンちゃんだと好き嫌いで食べないこともあるので、離乳食から切り替わるタイミングの幼犬時に少しずつ与えて慣れさせることも方法の一つです。

※少し柔らかめのソフトドライタイプのドッグフードもあります。

ウェットタイプ

2018!おすすめドッグフード水分量が多いタイプで、缶詰・レトルトパウチに入ったものが主流のウェットドッグフードです。

食べやすく香りもいいので、好き嫌いのある愛犬や、食が細い愛犬向けでもあります。

しかし、商品によっては総合栄養食、おやつ、副食等、タイプが様々!

総合栄養食でないタイプのドッグフードをメインで与えてしまうと栄養が偏ってしまいます。選ぶときは総合栄養食なのかラベルをよくチェックしてください。

フリーズドライ(冷凍乾燥)タイプ

2018!おすすめドッグフード食品を凍結で真空状態にして乾燥させる技術(フリーズドライ)を施したドッグフードです。

添加物を使用しなくても長期的に保存できて、食材の栄養をシッカリ閉じ込めることができるので、近年注目されている技術です。

フリーズドライのドッグフードは手作り食を与えている飼い主さんにも喜ばれています。フリーズドライのドッグフードがあれば時間がなくて作れなかった時などにも重宝します。

水・ぬるま湯で生食ごはんに戻すタイプが多いので、災害時の犬用非常食としても便利なアイテムです。もしもの時の為に、愛犬の防災セットに入れておけば安心のおすすめドッグフードです。

フリーズドライのドッグフードにサプリメントを混ぜて与えるのもおすすめです。

もちろん、愛犬の性格・嗜好・ライフスタイル等の特徴に合わせて選ぶのが重要になってきます。

そういった特徴を踏まえたうえで、愛犬にあったドッグフードを選びましょう!

ドッグフードはどういった原材料がベースなのか


どのタイプのドッグフードが愛犬のライフスタイルに合っているかわかったら、次にどういった原材料がベースとして入っているのか注目しましょう。

そもそも、犬や猫の先祖は肉食動物で、本来はお肉類が消化しやすいカラダの仕組みになっています。

そのため、愛犬のカラダにとってお肉は元々慣れ親しんだ食材なので、健康面からみてもオススメしたい食材です。

2018!おすすめドッグフード
ドッグフードを選ぶときは、「お肉」か、または「お魚」といった、動物性のタンパク質が豊富に摂れるドッグフードを選ぶのがオススメ。

また、犬は本来の肉食動物としての仕組みの影響で、じつは穀物類の消化が苦手な体質です。

そこで注目したいのは、原材料に「穀物類」が含まれていないか。

主に挙げられる穀物類の原材料として、米、小麦、トウモロコシ等。

これらの穀物類が一切使われていないドッグフードは、「グレインフリー」という名称でラベル等に記載されているのでチェックポイントです。

もしも穀物類を習慣的に食べ続けていると、消化不良、肥満、穀物から生成されるたんぱく質が原因によるアレルギー等、犬にとっては体質上・健康上オススメできない食材なのです。

そのため、ドッグフードを選ぶときは「グレインフリーなのか」をチェックしてください。

ドッグフードのお肉ベースを選ぶときは、「〇〇ミール」に注意!?

お肉ベースのドッグフードを選ぶ際は、「〇〇ミール」に注意!?
ドッグフードで使用されるお肉にも様々な種類があり、その中でも衛生上・品質上よくないお肉の原材料もあります。

それは「〇〇ミール」と記載されている通称:ミートミールと呼ばれる加工品で、肉類を加工した食材の中でももっとも低品質とされています。

その理由としてミートミールは主に、人間が食べない動物の部位(口ばし、爪、糞、皮や角等)を加工したもので、加工されているとはいえ衛生的にみても低品質の原材料なのです。

また、衛生上悪い部位を加工しており通常であればドッグフードの劣化が早くなってしまうので、大量の保存料・添加物を使用されているケースも多いです。

パッケージや公式サイトに記載されている原材料を見れば確認することができますので、ドッグフード選びのときは必ず確認しましょう!

原産地から選ぶときのポイントって?

原産地から選ぶ際のポイントって?
ドッグフードを選ぶときに、「原産地」も注目したいポイント。

その理由は、国によってドッグフードを製造するにあたってのガイドラインや安全法の基準が様々というところに理由があります。

ドッグフードに関する価値観は国々によって多種多様ですが、その中でもペット先進国として有名なのがドイツやイギリスを筆頭としたヨーロッパ圏、そしてアメリカが挙げられます。

上記で挙げた国は、製造に関する規定が徹底しており、他の国と比べてドッグフードを製造するのにシビアな観点を持っている国なのです。

じつは先進国でもある日本は、ドッグフードに関する法律が2009年に執行されたばかりで、他の国と比べてもドッグフード含め動物愛護に関する考え方が一歩遅れているのが実情。

もちろん、「日本産のドッグフードは品質が悪い!」というわけではありませんが、やはり色々な商品を比較しながら調べるよりも、原産地がどのような水準で製造しているかというポイントは注目すべき点といえるのです。

ドッグフードを購入するときは口コミも参考に!

購入する際は口コミも参考に!
ドッグフードに記載されている情報をちゃんと見て購入するのも大切ですが、やっぱり実際に購入したことのある飼い主さんの意見も参考にしたいもの。

でも、通販サイト等の機能にある「口コミ・レビュー機能」の書き込みを見ていると、「もしかして業者・サクラの書き込みでは…?」と思わせるような書き込みもあって、正直信用しづらいです。

そこで活用したいのは、愛犬家の方が運営するブログです。

ブログで気になるドッグフードに関する記事を書いたブロガーさんがいないか調べるといった方法はとてもオススメです。

ブロガーさんの中には、ペット初心者のためにどういった食事やシツケが良いのか親切に情報を発信しているブロガーさんも多いです。

ブロガーさんの中で、実際にドッグフードをレビューした記事を投稿しているケースもあります。

情報の正確性が高く、より細かなことを知れることもできます!

しかし、そう頻繁に愛犬家の方もドッグフードを切り替えてレビューを書くものでもないので、気になるドッグフードの記事を見つからないケースも考えられます。

そういった場合は、TwitterやInstagram等のSNSを利用してみて下さい!

検索機能で商品名を打ち込んで検索し、いくつかの投稿を参考に実際に利用した飼い主さんの生のレビューや評価を参考材料にするのもオススメです。

しかし、ネット上の口コミとして気になる部分は「愛犬の食いつきがよかった」という部分ですね。

事細かいレビューは滅多にいないですし、そもそもドッグフードだけが健康の変化の要因ではないので、難しいもの。

あくまでも参考としてブログやSNSで「嗜好性があるドッグフードなのか」というポイントの判断材料にするのがおすすめの調べ方です。

ドッグフードを与えるときの注意点

ドッグフードを与える際の注意点
次にドッグフードをあげるときの注意点をご紹介していきます。

年齢に応じたドッグフードを選びましょう

ドッグフードによって愛犬に必要な栄養バランスがどのぐらい詰まっているかも大事ですが、次に愛犬の年齢に適したドッグフードなのかも大切です。

基本的には、「仔犬」「成犬」「老犬(高齢犬)」の3つに分かれ、大体商品のパッケージ等に「〇〇用」と記載されています。

最近は「全年齢対応」のドッグフードも増えており、年齢に応じて与える量を変えていく感じになっています。

もしもあなたが与えていたドッグフードが年齢に応じたものでなければ、愛犬の健康を維持することが難しくなるかも。

同い年なのに、あの子は元気なのにどうしてうちの子は?みたいな事になる前に、必ず購入するときは、愛犬の年齢に合わせて商品を選びましょう。

※去勢や避妊済みの愛犬は太りやすい体質なので様子を見ながら調整してください。

賞味期限と保存方法

開封後のドッグフードをそのまま放置して与えてしまうのは、健康・衛生上とてもよくありません。

たとえ未開封のドッグフードでも、賞味期限が過ぎてしまえば味や栄養も劣化してしまいます。

そのため、必ずドッグフードの賞味期限を確認し期限を過ぎないように、いつも目に付くように表に書くなどをして、正しい保存方法でドッグフードの鮮度を落とさないように意識することが大切です。

ドッグフードの商品によっては、「未開封」「開封後」両方の賞味期限が記載されている場合や、「未開封」の賞味期限だけが記載されている場合等、記入情報は商品によって様々です。

未開封の場合であればもちろん空気に触れないため長期的に保存は可能ですが、問題は「開封後の状態」。

空気に触れて酸化することによって、ドッグフードはどんどん劣化してしまいます。

ドライフードであれば開封後1か月以内、缶詰・ウェットドッグフードは1~2日以内には使い切るのがベストです。

ごはん時間を過ぎても、「まだ残ってるから」とか「もったいないし」などでのおきっぱなしはオススメできません。

せっかく良質なドッグフードをあげても、これではお腹を壊したり、嘔吐したりなどの体調不良の原因になってしまいます。

ご飯を食べ終わったら、おきっぱなしにしないで処分しましょう。

保存する際は、湿度や日光といった影響の少ない床下の収納スペース等に袋をシッカリと閉じて保存するのがオススメです。

ちなみに冷蔵庫の保存は、ドッグフードを出し入れする際の温度差によってカビの原因にもなる可能性があるのであまりオススメできません。

ウェットドッグフードは基本的に開封したその日に食べきるのがベストですが、余ってしまってどうしても保存したい場合はラップやタッパーに入れて冷蔵庫に保存しましょう。

しかし、冷蔵庫でも保存後に1日経ってしまうと愛犬に与えるのはオススメできません。

風味や香りもその時点で落ちているので犬も食べない可能性がありますが、もし食べた場合に体調を崩すケースもあります。

愛しい愛犬の為に、なるべく開封後その日に使い切る、または余ったら処分するようにしてください。

ドッグフードを切り替えたいとき

ドッグフードを切り替えたいとき
今あげているドッグフードよりも健康的なものに切り替えてみたい!

そういった飼い主さんもいるかと思いますが、愛犬にとっては普段より慣れ親しんだご飯が急に切り替わって戸惑ってしまう子もいます。

一気に切り替えてしまうと、愛犬は喜んで食べてくれたとしても、お腹を壊したりする事があります。

喜んで食べてくれたのに、お腹を壊してしまうとかわいそうですよね。「一気に切り替えなければよかった」と後悔してほしくありません。

そのため、急に切り替えるのでなく、今まで食べていたドッグフードと新しいドッグフードを混ぜて与えていくのがワンちゃんにとっても飼い主さんにとってもいい方法!

1日目はいつものドッグフードに1~2割ほど新しいドッグフードを混ぜながら、7~10日間程の期間をかけて少しずつ新しいドッグフードの量を増やしていくことで愛犬もその味に慣れてくれますし、お腹も新しいドッグフードに慣れてきます。

1~2割でもお腹を壊してしまう、そういった子はお腹がとてもデリケートなので、量を少なめに更に長い期間を設けて与えていきましょう。

もしも新しいドッグフードが体質に合わず、下痢・軟便等の体調不良が続くようでしたら、いったん元のドッグフードに戻してください。

元のドッグフードに戻しても体調が回復しないのであれば、ドッグフードが原因ではなく、ワンちゃんのアレルギーや他の病気などの可能性もありますので獣医に相談しましょう。

ドッグフードの切り替え以外はおすすめできません

どの愛犬にも好き嫌いはあるので上記で説明した通り、慣れるまではドッグフードを混ぜて与えるのも必要ですが、普段の生活で2種類以上ブレンドしたドッグフードを与えるのはNG

とくに「総合栄養食」のドッグフードは栄養バランスを考慮して作られたドッグフードなので、もしも他のドッグフードと混ぜてしまうと栄養に偏りがでて、肥満やアレルギーが出る可能性があります!

そのほかにも、ドッグフードによっては健康に合わせた体調改善目的のものもありますが、混ぜてしまうと体調改善の効果が薄まってしまいます。

良質な種類をたくさんあげれば健康になるという事ではないので、気をつけてましょう。

キャットフードを与えてしまうのは大丈夫?

キャットフードを与えてしまうのは大丈夫?
ご家庭によっては、愛犬と愛猫を一緒に飼っているケースもあるかと思います。

そうなってくると、よくあるアクシデントとして「愛犬がキャットフードを食べちゃった!」なんてことも…!

でも間違って食べてしまったからと言って、痙攣を起こすなどの危険があるわけではないので、すぐに病院に!という事はありません。

ですが、犬と猫はカラダの仕組みも違えば、必要な栄養も変わります。キャットフードを食べてお腹を壊してしまう事もあります。

愛犬と愛猫が、お互いのフードを食べ続けてしまうと健康的に良くありません。

両方飼いのご家庭であれば、ドッグフードを与える時間・場所をずらすなど、お互いが誤って食べてしまわないよう工夫してみてください。

ドッグフードに生肉?!与えても大丈夫?

生肉って与えても大丈夫なの?
犬は元々肉食動物なので「お肉」の方が健康的にもオススメであることを紹介しましたが、食事で生肉をあげるのは大丈夫なのでしょうか?

もともと愛犬の先祖たちは、生肉を食べて生きてきたので基本的に問題はありません。

しかし、あげるときに気を付けたいポイントは「鮮度」です。

刺身用のお肉・お魚であれば鮮度の良いものが多いので、与える場合は鮮度が一定水準保たれている刺身用がオススメです。

あげても大丈夫な肉の種類として、牛肉・鶏肉から、馬肉、鹿、ラム、ウサギ等、内臓や生の骨も含めて基本的に問題はありません。

しかし、生の豚肉だと寄生虫・雑菌といった心配があり、与えてしまうとお腹を壊す可能性があります。

そのため、豚肉を与える際は必ず加熱してください。

また、鶏肉の骨は加熱してしまうと固くなってしまい食べてしまうと内臓を傷つけます。加熱した骨を手で割ってみるとわかりやすいですね。

最悪命にかかわる場合もあるので、骨付きのお肉は必ず生であげてください!

生肉は食べ応えがあり、愛犬としても野生の心くすぐられる食材でもありますので、たまに食事に与えてあげるのもオススメです。

中には、生肉が苦手の愛犬もいるので、そういう場合は健康にいいからと無理してあげないようにしましょう。

ドッグフードを変える事で愛犬の体調の変化が改善されるかも

愛犬の体調の変化で気を付けたいポイント

もしも愛犬に食物アレルギーの反応が出たら?

全ての愛犬が引き起こす可能性があるわけではありませんが食材によってアレルギー反応が出る子がいます。

まずは愛犬に引き起るアレルギーの仕組みを理解しておくのが大切です。

もし愛犬に食物アレルギーの反応がでたら、初期段階として(目・耳・口・マタ・ワキ等)の箇所の皮膚に異常がみられます。

赤みや激しい痒み(かゆみ)といった症状が主に挙げられます。

そのほかにも、咳や喘鳴といった症状を起こす場合もあるそうです。人間のアレルギー反応と同じような症状が出ます。

しかし、皮膚のバリア機能や、免疫力はもちろん愛犬の方が弱いです。

アレルギーが出た時の痒がり方は普段の掻き方ではなく、出血しても掻きむしったりします。中には鳴きながら掻く子もいます。

ずっと掻き続けてしまうと、傷口に細菌が入って腫れてしまいさらに状態を悪化させてしまうことも。

愛犬に上記のような症状が見られたら、早めに動物病院へ連れて行ってあげてください。

獣医師からのアドバイスを受けてアレルギー用のドッグフード(療法食)に切り替えたり、愛犬の体調にあった食生活をしていきましょう。

今まで普段通り食べていたドッグフードでも、ある日含まれている食材にアレルギー反応を起こすこともあります。

もしアレルギー反応が起こってしまったら、愛犬はその症状と一生付き合っていくことになってしまいます。

飼い主にも愛犬にとってもとても辛いものですが、一番は病気のことを理解して生活をサポートしていくことです。

少しでもおかしいと思ったら、すぐに獣医師に相談して今後はどのような食生活に切り替えていくかアドバイスをもらいましょう。

ウンチを食べる癖!どうシツケしたら良いの?

「目を離したスキに愛犬がウンチを食べた…」

その行動は食糞症というもので、病気ではありませんがワンちゃんの心理的・体調的な変化によって引き起こります。

食糞症の主な原因は、「飼い主の気を引きたい」「ストレス」「栄養不足によりウンチから栄養を補おうとしている」「消火器系に異常がある」等。

いま挙げた中の「飼い主の気を引きたい」という原因には、愛犬がウンチを食べた際に飼い主が騒いでしまい「ウンチを食べたら飼い主が喜んでくれた!」と誤った学習をしてしまい引き起ることが多いパターンです。

そのため、食糞行動が見受けられたら、冷静にまずはウンチを片付けるのがベストな判断。この時、汚れたトイレシーとも片付けてください。怒ったりもしないでください。

また、「飼い主の気を引きたい」という行動には、散歩や遊びが足りなくて寂しいといった気持ち(ストレス)もあります。

ウンチを食べて気を引かせようとしている愛犬の気持ちに寄り添って、いつもより散歩を増やしてみたり、遊びながらまずは様子を見ましょう。

愛犬の気持ちが満足すれば、自然と食糞癖も治っていきます。

それでも食糞が続くようであれば、栄養不足等の体調による原因もあります。必要な栄養が吸収できなくて、そのまま出てしまうという事があります。

もしも食糞クセが一向に治らない場合は、獣医師に症状を伝え、愛犬の体調をまず診てもらいましょう。

ワンちゃんが今のドッグフードに飽きてしまったら?

「いつもちゃんと残さず食べていたのに急に食べなくなった…」

原因としては主に3つが多く挙げられます。

・いつものドッグフードより美味しい食べ物を知った(おやつ等)

・体調不良や病気により食欲がなくなった

・年齢で今までのドッグフードは噛めなくなった

「ドッグフードを食べてくれなくて、全然食べてないから心配でとりあえずおやつをあげておこう」って事ありませんか?

ワンちゃんは頭がいいので「出されたドッグフードを食べなければご褒美のおやつがもらえる!」と覚えてしまいます。

そうなってしまうと普段のドッグフードを食べなくなってしまうので、ご褒美おやつはシツケや外出の時にあげて、ごはん時間にはあげないようにしましょう。

また、人間の食べ物を与えて味を覚えてしまうのも、愛犬がごはんを食べなくなる原因にもなりますし、愛犬の健康の為にもオススメできません。

普段のドッグフードに飽きた原因がおやつ等のご褒美のおねだりでなく、体調上の問題であれば動物病院で診てもらいましょう。

もしかしたらアレルギーや病気の可能性も考えられるので、個人の判断でそのまま食事を与え続けてしまうのはとても危険です。

愛犬も人間同様歳を重ねていくと、色々な症状がでてきます。いつもの散歩の距離が短くなった、寝るのが多くなった、など。

歯が弱くなるのもその一つです。噛む力や歯石などで、今までのドッグフードが食べれなくなったりもします。痛くてごはんが食べれない場合もあるので、ドライドッグフードの場合はお湯でふやかしたり、ウェットドッグフードに変えてみてください。

もちろん食事面だけでなく、愛犬のちょっとした変化は健康面に繋がることがありますので日ごろより体調観察は大切ですね。