安心・安全・無添加ドッグフードおすすめランキング|与え方や保存方法・切り替えるタイミングも解説!

安心・安全・無添加のおすすめドッグフードランキング|与え方や保存方法・切り替えるタイミングも解説!

最近はペットショップ・ホームセンターだけに限らず、コンビニやスーパー、パソコンなどインターネットの通販サイト等、色々な場所でドッグフードが販売されていて、商品の種類もたくさんあります。

ここでは、愛犬に合ったドッグフード選びをするうえで安心・安全しかも無添加なプレミアムドッグフードを各ランキング形式で紹介します。

ドッグフード総合おすすめランキング

1位 モグワンドッグフード

安心おすすめドッグフードランキング
モグワンドッグフードは、イギリスのドッグフード生産工場で製造された栄養満点のドッグフードです。

原材料はグレインフリー、全てヒューマングレードで野菜とフルーツがたくさん使用されています。

主原料は、新鮮なチキンの生肉と生サーモンを使用し、動物性タンパク質が全体の50%以上を占めています。

食欲不振や食いつきが悪い愛犬でも、食いつきがよくなり美味しそうに食べてくれると評判です。

原産国 イギリス
容量 1.8㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!
ドッグフード

2位 カナガンドッグフード

安心おすすめドッグフードランキング
カナガンドッグフードは、ドッグフード先進国として有名なイギリス産の高級グレインフリードッグフードです。

全犬種、全ライフステージの犬におすすめです。

無添加で栄養価が高いため、獣医師がおすすめするドッグフードとしても有名です。

他のドッグフードと比べて肉の配合比率が60%、残り40%が野菜、ハーブなどの植物成分です。

厳選した原料は、ヒューマングレードで高品質、栄養バランスを整え、消化もいいため身体に負担がかかりません。

子犬や小型犬でも食べやすいように、小粒サイズです。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!
安心おすすめドッグフードランキング

3位 アランズナチュラルドッグフード

安心おすすめドッグフードランキング
アランズナチュラルドッグフードは、イギリス産のドッグフードです。

アランズナチュラルドッグフードは、自然給餌の原則に従ってドッグフードを作っています。

自然給餌とは、良質なタンパク質である肉と適切に調理され消化にいい穀物から炭水化物を摂取し、野菜やハーブから、ビタミンやミネラルなどを摂取し、栄養をバランスよく摂取する考え方です。

無添加に拘っているので、アレルギーがある愛犬にも安心して与える事が出来ます。

愛犬が一生食べ続けるものだからこそ、安心で安全の商品を提供する事を心掛けています。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!
安心おすすめドッグフードランキング

4位 ネルソンズドッグフード

安心おすすめドッグフードランキング
ネルソンズドッグフードはイギリスでも、ワンランク上のドッグフードとして大勢の人に支持され、イギリス国内での販売累計は100万袋を突破しています。

ネルソンズドッグフードは、主原料は動物性タンパク質で、低炭水化物、サーモンオイルや海藻、オリゴ糖、グルコサミン・コンドロイチンなど様々な栄養素が配合され、栄養バランスが抜群です。

グレインフリーで、人工添加物は一切使用していないため、安心で安全です。

しかも愛犬の健康と元気、そして美しさをサポートしてくれるので、自信を持っておすすめする事が出来ます。

原産国 イギリス
容量 2㎏
価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜)
定期購入 1袋 3,564円(税抜)
どちらも3袋以上で送料無料!!
安心おすすめドッグフードランキング

5位 ピッコロドッグフード

安心おすすめドッグフードランキング
ピッコロドッグフードは、特にシニア犬におすすめしたいドッグフードです。

イギリス産で、主原料はチキンとサーモンで70%を占めているので、他のドッグフードと食いつきがまるで違います。

動物性タンパク質で、犬の健康に必要な栄養素をしっかり摂取しつつ、チキンとサーモンで低カロリーな食事を提供してくれます。

小麦などのアレルギーの原因になる食材や、健康を損なう原因となる添加物は一切含まれません。

ピッコロ 安心おすすめドッグフードランキング

ドッグフードの種類と特徴

ドッグフードの種類と特徴
最初に、ドッグフードを選ぶ時にどこに注意して、何を基準にえらぶべきか、というポイントを中心にまとめた項目をご紹介していきます。

まず、ドッグフードは主に3種類に分けることができます。

ドライタイプ

ドライタイプ食感がカリカリの一般的なドライタイプ。

愛犬にとって重要となる栄養がバランスよく詰まった「総合栄養食」は基本的にこのタイプで、健康維持を目的とした食事に適しています。

歯ごたえがある食感に慣れていないワンちゃんだと好き嫌いで食べないこともあるので、離乳食から切り替わるタイミングの幼犬時に少しずつ与えて慣れさせることも方法の一つです。

※少し柔らかめのソフトドライタイプのドッグフードもあります。

ウェットタイプ

ウェットタイプ水分量が多いタイプで、缶詰・レトルトパウチに入ったものが主流のウェットドッグフードです。

食べやすく香りもいいので、好き嫌いのある愛犬や、食が細い愛犬向けでもあります。

しかし、商品によっては総合栄養食、おやつ、副食等、タイプが様々!

総合栄養食でないタイプのドッグフードをメインで与えてしまうと栄養が偏ってしまいます。選ぶときは総合栄養食なのかラベルをよくチェックしてください。

フリーズドライ(冷凍乾燥)タイプ

フリーズドライ(冷凍乾燥)タイプ食品を凍結で真空状態にして乾燥させる技術(フリーズドライ)を施したドッグフードです。

添加物を使用しなくても長期的に保存できて、食材の栄養をシッカリ閉じ込めることができるので、近年注目されている技術です。

フリーズドライのドッグフードは手作り食を与えている飼い主さんにも喜ばれています。フリーズドライのドッグフードがあれば時間がなくて作れなかった時などにも重宝します。

水・ぬるま湯で生食ごはんに戻すタイプが多いので、災害時の犬用非常食としても便利なアイテムです。もしもの時の為に、愛犬の防災セットに入れておけば安心のおすすめドッグフードです。

フリーズドライのドッグフードにサプリメントを混ぜて与えるのもおすすめです。

もちろん、愛犬の性格・嗜好・ライフスタイル等の特徴に合わせて選ぶのが重要になってきます。

そういった特徴を踏まえたうえで、愛犬にあったドッグフードを選びましょう!

ドッグフードはどういった原材料がベースなのか

ドッグフードはどういった原材料がベースなのか
どのタイプのドッグフードが愛犬のライフスタイルに合っているかわかったら、次にどういった原材料がベースとして入っているのか注目しましょう。

そもそも、犬や猫の先祖は肉食動物で、本来はお肉類が消化しやすいカラダの仕組みになっています。

そのため、愛犬のカラダにとってお肉は元々慣れ親しんだ食材なので、健康面からみてもおすすめしたい食材です。

ドッグフードはどういった原材料がベースなのか
ドッグフードを選ぶときは、「お肉」か、または「お魚」といった、動物性のタンパク質が豊富に摂れるドッグフードを選ぶのがおすすめ。

また、犬は本来の肉食動物としての仕組みの影響で、じつは穀物類の消化が苦手な体質です。

そこで注目したいのは、原材料に「穀物類」が含まれていないか。

主に挙げられる穀物類の原材料として、米、小麦、トウモロコシ等。

これらの穀物類が一切使われていないドッグフードは、「グレインフリー」という名称でラベル等に記載されているのでチェックポイントです。

もしも穀物類を習慣的に食べ続けていると、消化不良、肥満、穀物から生成されるたんぱく質が原因によるアレルギー等、犬にとっては体質上・健康上おすすめできない食材なのです。

そのため、ドッグフードを選ぶときは「グレインフリーなのか」をチェックしてください。

ドッグフードのお肉ベースを選ぶときは、「〇〇ミール」に注意!?

お肉ベースのドッグフードを選ぶ際は、「〇〇ミール」に注意!?
ドッグフードで使用されるお肉にも様々な種類があり、その中でも衛生上・品質上よくないお肉の原材料もあります。

それは「〇〇ミール」と記載されている通称:ミートミールと呼ばれる加工品で、肉類を加工した食材の中でももっとも低品質とされています。

その理由としてミートミールは主に、人間が食べない動物の部位(口ばし、爪、糞、皮や角等)を加工したもので、加工されているとはいえ衛生的にみても低品質の原材料なのです。

また、衛生上悪い部位を加工しており通常であればドッグフードの劣化が早くなってしまうので、大量の保存料・添加物を使用されているケースも多いです。

パッケージや公式サイトに記載されている原材料を見れば確認することができますので、ドッグフード選びのときは必ず確認しましょう!

原産地から選ぶときのポイントって?

原産地から選ぶ際のポイントって?
ドッグフードを選ぶときに、「原産地」も注目したいポイント。

その理由は、国によってドッグフードを製造するにあたってのガイドラインや安全法の基準が様々というところに理由があります。

ドッグフードに関する価値観は国々によって多種多様ですが、その中でもペット先進国として有名なのがドイツやイギリスを筆頭としたヨーロッパ圏、そしてアメリカが挙げられます。

上記で挙げた国は、製造に関する規定が徹底しており、他の国と比べてドッグフードを製造するのにシビアな観点を持っている国なのです。

じつは先進国でもある日本は、ドッグフードに関する法律が2009年に執行されたばかりで、他の国と比べてもドッグフード含め動物愛護に関する考え方が一歩遅れているのが実情。

もちろん、「日本産のドッグフードは品質が悪い!」というわけではありませんが、やはり色々な商品を比較しながら調べるよりも、原産地がどのような水準で製造しているかというポイントは注目すべき点といえるのです。

ドッグフードを購入するときは口コミも参考に!

購入する際は口コミも参考に!
ドッグフードに記載されている情報をちゃんと見て購入するのも大切ですが、やっぱり実際に購入したことのある飼い主さんの意見も参考にしたいもの。

でも、通販サイト等の機能にある「口コミ・レビュー機能」の書き込みを見ていると、「もしかして業者・サクラの書き込みでは…?」と思わせるような書き込みもあって、正直信用しづらいです。

そこで活用したいのは、愛犬家の方が運営するブログです。

ブログで気になるドッグフードに関する記事を書いたブロガーさんがいないか調べるといった方法はとてもおすすめです。

ブロガーさんの中には、ペット初心者のためにどういった食事やシツケが良いのか親切に情報を発信しているブロガーさんも多いです。

ブロガーさんの中で、実際にドッグフードをレビューした記事を投稿しているケースもあります。

情報の正確性が高く、より細かなことを知れることもできます!

しかし、そう頻繁に愛犬家の方もドッグフードを切り替えてレビューを書くものでもないので、気になるドッグフードの記事を見つからないケースも考えられます。

そういった場合は、TwitterやInstagram等のSNSを利用してみて下さい!

検索機能で商品名を打ち込んで検索し、いくつかの投稿を参考に実際に利用した飼い主さんの生のレビューや評価を参考材料にするのもおすすめです。

しかし、ネット上の口コミとして気になる部分は「愛犬の食いつきがよかった」という部分ですね。

事細かいレビューは滅多にいないですし、そもそもドッグフードだけが健康の変化の要因ではないので、難しいもの。

あくまでも参考としてブログやSNSで「嗜好性があるドッグフードなのか」というポイントの判断材料にするのがおすすめの調べ方です。

ドッグフードを与えるときの注意点

ドッグフードを与える際の注意点
次にドッグフードをあげるときの注意点をご紹介していきます。

年齢に応じたドッグフードを選びましょう

ドッグフード
ドッグフードによって愛犬に必要な栄養バランスがどのぐらい詰まっているかも大事ですが、次に愛犬の年齢に適したドッグフードなのかも大切です。

基本的には、「仔犬(パピー)」「成犬」「老犬(高齢犬)」の3つに分かれ、大体商品のパッケージ等に「〇〇用」と記載されています。

最近は「全年齢対応」のドッグフードも増えており、年齢に応じて与える量を変えていく感じになっています。

もしもあなたが与えていたドッグフードが年齢に応じたものでなければ、愛犬の健康を維持することが難しくなるかも。

同い年なのに、あの子は元気なのにどうしてうちの子は?みたいな事になる前に、必ず購入するときは、愛犬の年齢に合わせて商品を選びましょう。

※去勢や避妊済みの愛犬は太りやすい体質なので様子を見ながら調整してください。

賞味期限と保存方法

賞味期限と保存方法
開封後のドッグフードをそのまま放置して与えてしまうのは、健康・衛生上とてもよくありません。

たとえ未開封のドッグフードでも、賞味期限が過ぎてしまえば味や栄養も劣化してしまいます。

そのため、必ずドッグフードの賞味期限を確認し期限を過ぎないように、いつも目に付くように表に書くなどをして、正しい保存方法でドッグフードの鮮度を落とさないように意識することが大切です。

ドッグフードの商品によっては、「未開封」「開封後」両方の賞味期限が記載されている場合や、「未開封」の賞味期限だけが記載されている場合等、記入情報は商品によって様々です。

未開封の場合であればもちろん空気に触れないため長期的に保存は可能ですが、問題は「開封後の状態」。

空気に触れて酸化することによって、ドッグフードはどんどん劣化してしまいます。

ドライフードであれば開封後1か月以内、缶詰・ウェットドッグフードは1~2日以内には使い切るのがベストです。

賞味期限と保存方法
ごはん時間を過ぎても、「まだ残ってるから」とか「もったいないし」などでのおきっぱなしはおすすめできません。

せっかく良質なドッグフードをあげても、これではお腹を壊したり、嘔吐したりなどの体調不良の原因になってしまいます。

ご飯を食べ終わったら、おきっぱなしにしないで処分しましょう。

保存する際は、湿度や日光といった影響の少ない床下の収納スペース等に袋をシッカリと閉じて保存するのがおすすめです。

ちなみに冷蔵庫の保存は、ドッグフードを出し入れする際の温度差によってカビの原因にもなる可能性があるのであまりおすすめできません。

ウェットドッグフードは基本的に開封したその日に食べきるのがベストですが、余ってしまってどうしても保存したい場合はラップやタッパーに入れて冷蔵庫に保存しましょう。

しかし、冷蔵庫でも保存後に1日経ってしまうと愛犬に与えるのはおすすめできません。

風味や香りもその時点で落ちているので犬も食べない可能性がありますが、もし食べた場合に体調を崩すケースもあります。

愛しい愛犬の為に、なるべく開封後その日に使い切る、または余ったら処分するようにしてください。

ドッグフードを切り替えたいとき

ドッグフードを切り替えたいとき
今あげているドッグフードよりも健康的なものに切り替えてみたい!

そういった飼い主さんもいるかと思いますが、愛犬にとっては普段より慣れ親しんだご飯が急に切り替わって戸惑ってしまう子もいます。

一気に切り替えてしまうと、愛犬は喜んで食べてくれたとしても、お腹を壊したりする事があります。

喜んで食べてくれたのに、お腹を壊してしまうとかわいそうですよね。「一気に切り替えなければよかった」と後悔してほしくありません。

そのため、急に切り替えるのでなく、今まで食べていたドッグフードと新しいドッグフードを混ぜて与えていくのがワンちゃんにとっても飼い主さんにとってもいい方法!

1日目はいつものドッグフードに1~2割ほど新しいドッグフードを混ぜながら、7~10日間程の期間をかけて少しずつ新しいドッグフードの量を増やしていくことで愛犬もその味に慣れてくれますし、お腹も新しいドッグフードに慣れてきます。

1~2割でもお腹を壊してしまう、そういった子はお腹がとてもデリケートなので、量を少なめに更に長い期間を設けて与えていきましょう。

もしも新しいドッグフードが体質に合わず、下痢・軟便等の体調不良が続くようでしたら、いったん元のドッグフードに戻してください。

元のドッグフードに戻しても体調が回復しないのであれば、ドッグフードが原因ではなく、ワンちゃんのアレルギーや他の病気などの可能性もありますので獣医に相談しましょう。

ドッグフードの切り替え以外はおすすめできません

ドッグフードの切り替え以外はおすすめできません
どの愛犬にも好き嫌いはあるので上記で説明した通り、慣れるまではドッグフードを混ぜて与えるのも必要ですが、普段の生活で2種類以上ブレンドしたドッグフードを与えるのはNG

とくに「総合栄養食」のドッグフードは栄養バランスを考慮して作られたドッグフードなので、もしも他のドッグフードと混ぜてしまうと栄養に偏りがでて、肥満やアレルギーが出る可能性があります!

そのほかにも、ドッグフードによっては健康に合わせた体調改善目的のものもありますが、混ぜてしまうと体調改善の効果が薄まってしまいます。

良質な種類をたくさんあげれば健康になるという事ではないので、気をつけてましょう。

キャットフードを与えてしまうのは大丈夫?

キャットフードを与えてしまうのは大丈夫?
ご家庭によっては、愛犬と愛猫を一緒に飼っているケースもあるかと思います。

そうなってくると、よくあるアクシデントとして「愛犬がキャットフードを食べちゃった!」なんてことも…!

でも間違って食べてしまったからと言って、痙攣を起こすなどの危険があるわけではないので、すぐに病院に!という事はありません。

ですが、犬と猫はカラダの仕組みも違えば、必要な栄養も変わります。キャットフードを食べてお腹を壊してしまう事もあります。

愛犬と愛猫が、お互いのフードを食べ続けてしまうと健康的に良くありません。

両方飼いのご家庭であれば、ドッグフードを与える時間・場所をずらすなど、お互いが誤って食べてしまわないよう工夫してみてください。

ドッグフードに生肉?!与えても大丈夫?

生肉って与えても大丈夫なの?
犬は元々肉食動物なので「お肉」の方が健康的にもおすすめであることを紹介しましたが、食事で生肉をあげるのは大丈夫なのでしょうか?

もともと愛犬の先祖たちは、生肉を食べて生きてきたので基本的に問題はありません。

しかし、あげるときに気を付けたいポイントは「鮮度」です。

刺身用のお肉・お魚であれば鮮度の良いものが多いので、与える場合は鮮度が一定水準保たれている刺身用がおすすめです。

あげても大丈夫な肉の種類として、牛肉・鶏肉から、馬肉、鹿、ラム、ウサギ等、内臓や生の骨も含めて基本的に問題はありません。

しかし、生の豚肉だと寄生虫・雑菌といった心配があり、与えてしまうとお腹を壊す可能性があります。

そのため、豚肉を与える際は必ず加熱してください。

また、鶏肉の骨は加熱してしまうと固くなってしまい食べてしまうと内臓を傷つけます。加熱した骨を手で割ってみるとわかりやすいですね。

最悪命にかかわる場合もあるので、骨付きのお肉は必ず生であげてください!

生肉は食べ応えがあり、愛犬としても野生の心くすぐられる食材でもありますので、たまに食事に与えてあげるのもおすすめです。

中には、生肉が苦手の愛犬もいるので、そういう場合は健康にいいからと無理してあげないようにしましょう。

ドッグフードを変える事で愛犬の体調の変化が改善されるかも

もしも愛犬に食物アレルギーの反応が出たら?

もしも愛犬に食物アレルギーの反応が出たら?
全ての愛犬が引き起こす可能性があるわけではありませんが食材によってアレルギー反応が出る子がいます。

まずは愛犬に引き起るアレルギーの仕組みを理解しておくのが大切です。

もし愛犬に食物アレルギーの反応がでたら、初期段階として(目・耳・口・マタ・ワキ等)の箇所の皮膚に異常がみられます。

赤みや激しい痒み(かゆみ)といった症状が主に挙げられます。

そのほかにも、咳や喘鳴といった症状を起こす場合もあるそうです。人間のアレルギー反応と同じような症状が出ます。

しかし、皮膚のバリア機能や、免疫力はもちろん愛犬の方が弱いです。

アレルギーが出た時の痒がり方は普段の掻き方ではなく、出血しても掻きむしったりします。中には鳴きながら掻く子もいます。

ずっと掻き続けてしまうと、傷口に細菌が入って腫れてしまいさらに状態を悪化させてしまうことも。

愛犬に上記のような症状が見られたら、早めに動物病院へ連れて行ってあげてください。

獣医師からのアドバイスを受けてアレルギー用のドッグフード(療法食)に切り替えたり、愛犬の体調にあった食生活をしていきましょう。

今まで普段通り食べていたドッグフードでも、ある日含まれている食材にアレルギー反応を起こすこともあります。

もしアレルギー反応が起こってしまったら、愛犬はその症状と一生付き合っていくことになってしまいます。

飼い主にも愛犬にとってもとても辛いものですが、一番は病気のことを理解して生活をサポートしていくことです。

少しでもおかしいと思ったら、すぐに獣医師に相談して今後はどのような食生活に切り替えていくかアドバイスをもらいましょう。

ウンチを食べる癖!どうシツケしたら良いの?

ウンチを食べる癖!どうシツケしたら良いの?
「目を離したスキに愛犬がウンチを食べた…」

その行動は食糞症というもので、病気ではありませんがワンちゃんの心理的・体調的な変化によって引き起こります。

食糞症の主な原因は、「飼い主の気を引きたい」「ストレス」「栄養不足によりウンチから栄養を補おうとしている」「消火器系に異常がある」等。

いま挙げた中の「飼い主の気を引きたい」という原因には、愛犬がウンチを食べた際に飼い主が騒いでしまい「ウンチを食べたら飼い主が喜んでくれた!」と誤った学習をしてしまい引き起ることが多いパターンです。

そのため、食糞行動が見受けられたら、冷静にまずはウンチを片付けるのがベストな判断。この時、汚れたトイレシーとも片付けてください。怒ったりもしないでください。

また、「飼い主の気を引きたい」という行動には、散歩や遊びが足りなくて寂しいといった気持ち(ストレス)もあります。

ウンチを食べて気を引かせようとしている愛犬の気持ちに寄り添って、いつもより散歩を増やしてみたり、遊びながらまずは様子を見ましょう。

愛犬の気持ちが満足すれば、自然と食糞癖も治っていきます。

それでも食糞が続くようであれば、栄養不足等の体調による原因もあります。必要な栄養が吸収できなくて、そのまま出てしまうという事があります。

もしも食糞クセが一向に治らない場合は、獣医師に症状を伝え、愛犬の体調をまず診てもらいましょう。

ワンちゃんが今のドッグフードに飽きてしまったら?

ワンちゃんが今のドッグフードに飽きてしまったら?
「いつもちゃんと残さず食べていたのに急に食べなくなった…」

原因としては主に3つが多く挙げられます。

・いつものドッグフードより美味しい食べ物を知った(おやつ等)

・体調不良や病気により食欲がなくなった

・年齢で今までのドッグフードは噛めなくなった

「ドッグフードを食べてくれなくて、全然食べてないから心配でとりあえずおやつをあげておこう」って事ありませんか?

ワンちゃんは頭がいいので「出されたドッグフードを食べなければご褒美のおやつがもらえる!」と覚えてしまいます。

そうなってしまうと普段のドッグフードを食べなくなってしまうので、ご褒美おやつはシツケや外出の時にあげて、ごはん時間にはあげないようにしましょう。

また、人間の食べ物を与えて味を覚えてしまうのも、愛犬がごはんを食べなくなる原因にもなりますし、愛犬の健康の為にもおすすめできません。

普段のドッグフードに飽きた原因がおやつ等のご褒美のおねだりでなく、体調上の問題であれば動物病院で診てもらいましょう。

もしかしたらアレルギーや病気の可能性も考えられるので、個人の判断でそのまま食事を与え続けてしまうのはとても危険です。

愛犬も人間同様歳を重ねていくと、色々な症状がでてきます。いつもの散歩の距離が短くなった、寝るのが多くなった、など。

歯が弱くなるのもその一つです。噛む力や歯石などで、今までのドッグフードが食べれなくなったりもします。痛くてごはんが食べれない場合もあるので、ドライドッグフードの場合はお湯でふやかしたり、ウェットドッグフードに変えてみてください。

もちろん食事面だけでなく、愛犬のちょっとした変化は健康面に繋がることがありますので日ごろより体調観察は大切ですね。